黒ウィズダンジョンHEATは2020年8月31日(月)〜10月14日(水)開催のイベント。

 黒ウィズダンジョン系の続編イベントであり、基本システムはそれらを踏襲しているが、久々開催でいろいろ変更された点も多い。
 また、9月17日〜10月14日まで開催の黒ウィズダンジョンCOOLも当ページで扱う。
開催前(HEAT)
 事前情報無しの8月30日に公開された生放送のおせにゃん#104で前日に突如発表された。
 公開された時点で個別の報酬性能は明かされなかったが、サブ部門カードのイラスト差し替え機能に非常に注目が集まった。

 ところでHEATってなんじゃああああああああああ!
開催前(COOL)
 情報がひた隠し?にされ、8月30日の生放送のおせにゃん#104に黒ウィズダンジョンの後半?をやるということしか明かされていなかった。
 そして、9月16日に公開された生放送のおせにゃん#105にて公開されたのだが、ほとんどのウィズユーザーは名前すら明かされていないこのイベントの名称を最初から知ってたとかなんとか…。
 なんでやろなあ…(すっとぼけ)*1

 ところでCOOLってなにがCOOLなのですかね…。
開催後

イベント内容

  • HEAT(2020年8月31日(月)16:00〜10月14日(水)15:59)
  • COOL(2020年9月17日(木)16:00〜10月14日(水)15:59)

同時復刻

いずれも(2020年8月31日(月)16:00〜10月14日(水)15:59)
  • 黒ウィズダンジョン
  • 黒ウィズダンジョン2
  • 黒ウィズダンジョン3
解放イベントに下記イベントが追加
  • 黒ウィズダンジョン
  • 黒ウィズダンジョン2
  • 黒ウィズダンジョン3

新要素

HEATパネル・COOLパネル

 熱っぽい問題をテーマにしたイベントパネルが出題される。
 イベントパネルとはいっても3色だけではなく単色などもある最近はそんなに見ない普通のイベントパネル。
 ただし、熱に特化しているので単色でも雑学の2色より難しいといった意見も。まあ、問題数がそこまで多くないので終了の頃には全部覚えてしまうのが常。
 
 …熱っぽい問題なのは良いのだが、松崎しげるに関する問題*2は熱っぽいのだろうか…。

 COOLパネルは逆に冷たい?問題が出題される。ってそれはCOLDでは?
 鍋の問題が多い気がするからやっぱHOTかもしれない。

交換所

 今までは黒ウィズダンジョンは累計ポイント制だったが、今回から累計ポイントは廃止され交換所が追加された。

チャレンジ

 受けるダメージが上昇するが代わりにクリア済みの階層をポイント2倍で攻略できる。クリア済みでないといけないので、チャレンジは初回でも魔力消費があるのには注意。

デイリーミッション

 毎日10層攻略、HEAT・COOLパネルを3問正解で合計10万PT貰える。
 期間がいつまでか分からない期間限定ではあるがこのようなダンジョン系やチャレンジ系でもデイリーミッションによるPTはおそらく初かと思われる。

良かった点

 良かった点悪かった点賛否両論点は特別な記載が無い限りHEAT・COOLどちらも同じような点が問題となっている。

黒ウィズダンジョンの復刻の常設化

 たまによく言われる黒ウィズダンジョン復刻が少ない問題などがこれにて解決した。
 また、よく言われるトラベラーズ復刻問題も今後解決することを祈ろう。

 ちなみに本に追加されているので攻略すれば家クリが2つだけだが受け取れる。過去の黒ウィズダンジョンも含めれば8つ。期限は無いが受け取り忘れに注意。

報酬の背景やBGM

 背景が19枚、BGMが20曲も設置されている。いままで背景の入手、BGMの入手はほとんど契約の雫の交換でしか入手できなかったのでここに来てコレは嬉しい。
 特に背景はマイページコンテストが行われているのでそれのスターターキットになり得る。

報酬の楽さ

 今まで交換所系のイベントは報酬のために鬼周回を強いられてきたが今回はそんなことはない。
 BGMが20×10万、背景が19×10万、結晶が2×15万、クリスタルが120万、マナが11×30×2000で66万、ちびキャラが6体×10×1万で60万の合計666万PT必須となっている*3
 一方チャレンジの攻略が必須とはいえミッション報酬で209万1500PTが、さらにデイリーミッションのようなミッションで毎日?5万×2PTが貰える。さらに120層まで全て一発抜きした場合69万7500PTが、チャレンジはその2倍の139万5000PTが入手できる。デイリーミッション?以外すべて合算した場合この時点で418万4000PTとなりこれだけで全報酬の6割強を入手できる。確かに周回はしなければならないがどこぞのゼルプストのように中級を200周以上回れという気が狂ったことを要求されないという点は改善されたと言える。

デイリーミッション?

 特に触れられていないが毎日10層一発抜きとHEATパネル3問正解のミッションが存在する。それぞれ5万PT貰うことができPT集めに役に立つ。
 ただし、いつまで開催かが謎なのが恐いところ。最終的にHEATのものは9月16日の物を最後にCOOLのものに置き換わり消失し、COOLのものは9月29日に更新された分を最後に9月30日にはエニグマフラワーズとおきかわるかたちで消失した。

悪かった点

イベントミッション

 おせニャん生放送ではイベントミッションすべて達成でL1枚確定の10連ガチャを引けると発表していたが、黒ウィズダンジョンHEATではイベントミッションを8つまでしか達成できず、残り2つは後半の黒ウィズダンジョンCOOLまで待たないと絶対に達成できない。

イラスト差し替え機能

 イラスト差し替え機能の差し替え後のイラストは非常に評価が高いし、イラスト差し替え機能という機能自体は非常に評価が高い。では何が悪いされているかというと変更できるカードが少ないということである。
 変更できるカードはロア、リフィル&ロザリア、アリオテス、リルムなのだが、ロアはこの前の石油王ロア、ロザリアはメアレス4の、リフィルは今回のGA2020、アリオテスは覇眼6、リルムはGA2020のみしか変更できない。上記の精霊を持っていない人は意味が無いという点は逆に良いイラスト故にマイナス評価。まあ持ってれば問題ないといえばそうなのだが都合良く持っているわけでもそういうデッキが組めるわけでも無いので…。
 潜在結晶デュオニトルのように対象精霊をガシガシ追加するようなそんな気合いの入れようを見せて欲しかったところ。
 割とどうでも良いが差し替えイラストも契約深化対象になっている。上記精霊が居ないからマイページ設置できないということはない。
 COOLではゼラード、ルリアゲハ、ディートリヒ、アリエッタ×2が見た目変更できるようになったがそれぞれ、黄昏メアレス3ゼラート、黄昏メアレス4ルリアゲハ、GA2020ディートリヒ、GA2020アリエッタとなっている。なぜひねもすメアレスでないのかなどは謎。

長い

 10階層ひとまとまりという都合上長いというのは仕方ないとはいえ、エフェクトが長い物や単純にHPが調整不足かな?と思えるような量であり時間がかかる。
 とくにHEATの110〜120階層はオートで60ターンほどで攻略しても現実時間で10分ほど持ってかれる。

デイリーミッション

 特に説明も無く、9月16日をもってHEATのものは終了し代わりにCOOLのものが追加されるようになった。そもそもそういう物があるという告知が無いのは少し不親切であるといえる。

賛否両論点

遊びづらい点

 毎度のことながら黒ウィズダンジョンなので様々な遊びづらい点が存在する。一部は過去と同じだが、今回追加された仕様のせいで遊びづらくなったという点も存在する。
推奨属性が分かりづらい
 拠点画面ではボスの属性とスキルしか見れないため、道中の敵の属性が分からない。
 サブクエも無いためどの属性で行っていいのか判断しづらい。
 特にHEATだと61〜70層が顕著だろうか?ボスが闇属性のプロメトリックなのでアイツイベントじゃ火属性だったから水/光系で行こうかな、とすると全体的に登場する敵は雷や闇属性という初見殺し?となっている。
読みづらい師匠のセリフ
 黒ウィズダンジョン3から追加された師匠のそのイベントに関する台詞なのだが、ダンジョン1戦目と2戦目の間隔が短すぎるため注意していないと読みづらい。しかも中盤(80%?)以降でないとその台詞を言わないのでクエスト突入時に読もうと思っていてもクイズに集中してしまい読めないと言うことも…。
ミッション画面にいけない
 ダンジョンから直接ミッション画面にいけない。普通ならそこまで問題が無いのだが、チャレンジの攻略できた階層に関して特殊なマークが付かないのでどこまでやったか忘れたときに非常に不便である。
長さ
 10層を一クエストの区切りとしているため、通常のイベントより戦闘回数も必然的に多い。
 オートで攻略した場合の契約経験値も20、通常でも70据え置きなので簡単にカンストしてしまう。
 また、過去イベ同様初クリアまで魔力0は付いているが1層でも攻略してしまうと消えてしまうという仕様がある。
BGM
 これは特にHEATの31層〜40層が顕著なのだが、道中BGMと戦闘BGMが違うという階層が存在する。
 そのような階層では戦闘開始&戦闘終了毎にBGMの進行度合いがリセットされてしまいイントロしか流れない。
 31から40層の場合、『この可能性を超えて』が1秒流れ、『悲劇の螺旋』が流れ…といった感じである。オートだと更に酷いことになってしまいBGMが楽しめない。もはや雑音以下…。
助っ人が使えない
 前回同様イベントクエストにしては珍しく助っ人を一切使えない仕様となっている。
 このため、手持ちが少ないと苦戦する階層もある。
難易度
 いつも通り難しい…のは問題が無いのだが、長い+無駄に敵が硬いので普通より長くなっている。さらに階層91層〜100層が顕著なのだがそこではいきなり盗み+火水雷100%ガードをかましてくるのでEX-ASに寄せていないと早期突破は不可能となっているといった階層が結構多い。
 最終的な結論はおそらくオートでなのだろうがそのオートを妨害するようなのが多いのもマイナスポイント。

通常報酬

 今回通常報酬は性能無しのちびキャラを3種集めてミッション報酬の背景を進化させることで入手できるのだが、最大10体貰えるちびキャラが記念カード同様の性能*4でしかない。
 2体目はマイページに置くためと契約深化のため、大目に見て6体で艦隊+進化用と考えられるが、10体貰ったところで…という手抜き感が感じられる。
 また、かつてのGA時期開催のイベントで手に入るちびキャラは普通のイベントでも戦える性能を持っていたが、今回の報酬は単体だと使い物にならない。昨年も同様の記念ちびキャラの配布のみであったが、今年は進化させればまあまあ性能が高いだけ良い方か。
 まあラビリンス2のような使えるんだか使えないんだか分からない意味不明な産廃を複数渡されるよりは観賞用のほうが割り切ってて良いか。

ガチャ

 今回は無し。
 この時期のガチャは黒ウィズゴールデンアワード2020となっている。

報酬精霊(HEAT)

 10万ポイント集めるミッション報酬で進化元を受け取り、交換所1万PTのちびキャラ3種を素材として利用し進化させる。
 そのため各キャラ1体ずつまでしか入手することはできない。
 ちびキャラに選ばれたのは、今回のランキングで惜しくも入賞に届かなかった上位3体。
 割とどうでも良いが素材のちびキャラは契約深化可能である。背景の方は契約深化不可。ボイスなどは無いのでマイページに設置できる程度しか利点は無いが…。

パーティーナイトガイズ

 雷 AS:回復 SS:パネル変換 EX-AS:攻撃強化
 ノクス、アポロニオ、アシュタルの集合カード。
 キョウコ、イークワルの色違いで、早々に三色揃った。
 それぞれ魔族、神族、戦士と見事にバラバラだが、今回のアポロニオはオフなのか素材のちびキャラは戦士扱いで、このカードの種族も戦士となっている。
 なお、SS1のみではあるが黒ウィズ史上初となる雷闇パネチェンの配布となる。雷闇パネチェンはそもそも非常に少ないため極めて貴重なスキルとなっている。

ぽかぽかピクニックガールズ

 火 AS:全体攻撃 SS:蓄積解放大魔術・印 EX-AS:チェインプラス
 ガトリン、ロザリア、エウブレナの集合カード。
 冥王カノンの色違いだが、ファストがひとつ増えて初回1tで発動できるようになっている。冥王眼との兼ね合いだろうか。
 冥王眼がないのでチェイン面では劣化だが凛眼を付ければ印を5稼ぐことができ、さほど弱いわけでは無い。
 攻撃属性が光なので、配布版ロザリアとも言える。

報酬結晶(HEAT)

 いずれも交換所で15万ポイントと交換することで入手することができる

祝福の宝冠

 斬撃の効果値を200アップ、火属性なら500アップ。
 グランファランクス騎士団長の剣の上位互換結晶にして久々の斬撃強化結晶。
 しかし、斬撃自体がほとんど多弾かチェインを溜める目的でしか使われておらず、上昇効果値も最大500と多少しょっぱめ。
 まあ、火力まで持たれてしまうと本格的に存在意義が消えていくスキルがあるので…。

夏の髪飾り

 水属性の攻撃を250アップしHPを100アップ。
 イレ家の指揮棒の水属性版。アリーナエリアの上位互換にしてあみぐるみスノウの互換結晶。
 イレ家同様雑に強い。

その他報酬(HEAT)

背景

小料理屋うわばみ、かつてのヴァンガードベース、監獄部屋、教室(夕方)、ライブハウス、スナックくろねこ、剣術道場、サキモリの里、王の間、海沿いの聖堂、吸血鬼の城 廊下、吸血鬼の城 王の間、悪徳のオーディション会場、巨大セット「魔術王の指輪」、ポルデーの芋畑、館、きれいなサタ女、聖界の浜辺
の全19枚。
 BGMと違い並び順は適当かと思われる。
 前述の通り、9月17日からマイページコンテストが開催されるためそれの慣らしとして19枚も背景が手に入るのは非常にありがたい。

BGM

全20曲
曲名使用箇所
日々の営みトーナメント
静かな時間メインクエスト
陽の差す街道メインクエスト
戦いの響き戦闘BGM
激闘の時ボス戦BGM
絶望に挑むメインクエスト
繰り返される涙双翼のロストエデン
そこは幻想の世界メインクエストヴェルタBGM
漸次滅相神圏<<弥果>>バシレイデレイドBGM
LOSTMARE黄昏メアレス
夢は無くても意地がある黄昏メアレス
黄昏mareless黄昏メアレス
君の背中を押すものメインクエストノクトニアポリスBGM
絡園loreless黄昏メアレス3
夢咎fearless黄昏メアレス3
運命の時が刻まれる 〜Long ver〜時詠みのエターナルクロノス3
凶夢を砕け黄昏メアレス4
黄昏mareless 〜MUGITUS LEONINUS〜黄昏メアレス4
彷徨う導きBirth Of New Order2
悪罪Birth Of New Order2
 メインエリアのBGMが非常に多い、次いで黄昏メアレスシリーズのBGM。
 他にも、エタクロ3で初使用されたエタクロ2の運命の時が刻まれるのロングバージョンなど非常に評価が高いBGMが勢揃いとなっている。
 ちなみに記載順は交換所に乗っていた順番だがコレはおそらく初使用された時期が早い順となっている。

報酬精霊(COOL)

 HEATと同じ進化方法で入手となっている。

男たちのファンタイム

 火 AS:連撃 SS:激化大魔術 EX-AS:連続化・チェインプラス
 ラギト、キワム、ケネスの集合カード。
 レナ型激化の配布版。
 効果値は激化75結晶込みで最大3600と大幅に下がってはいるが、ディスチャ無効・初手Lモード・4t周期で発動可能と優秀。
 こちらも効果値は下がっているものの40チェインASも健在。

わくわくキャンプガールズ

 水 AS:回復・攻撃強化 SS:蓄積開放強化・聖 EX-AS:ダメージブロック
 エニィ、ルリアゲハ、カヌエの集合カード。
 ぽっかみさま、セシーリアの色違いだが、EX-ASはセシーリアと同じく5チェイン条件。
 蓄積開放強化・聖の登場から1年以上が経ったものの、初速が出ない、のろいに弱いという他のエンハンスに比べ採用しづらい欠点は抱えたまま。
 撃破強化には存在するのろい無効結晶がこない限り、EX-AS主体の運用が続くかもしれない。

報酬結晶(COOL)

編み棒剣

 反動大魔術の効果値を200アップ、主属性が火なら1500アップ。
 これで3色揃ったことになる。
 反動大魔術はガチャ産だとメアレス1ミリィ、正月トゥスレノくらいであり、装備可能な精霊が少ない。

楽譜

 雷属性の攻撃を250アップしHPを100アップ。
 イレ家の指揮棒、夏の髪飾りの雷属性版。キルラ人形の上位互換にしてスイーツ百裂拳の互換結晶。
 雑に強いので早々に3色揃ったのはありがたい。

その他報酬(COOL)

背景

 HEAT(19枚)と違い20枚となっている。誤差と言えば誤差。
大聖堂 中央ホール、ファミレス、音楽室、魔道士ギルド、教室、アジト、絵巻物の中のサキモリ、DMA劇場、遺跡の広間、カジノ、武家の城、銀河、方船の地、<ラストリゾート>の酒場、異界の船、カムシーナの劇場、アセンシブ本社(ポート)、魔都ビスティア・夜、神槍グングニル、聖界の海

BGM

 全20曲
曲名使用箇所
目明かしの行事八百八町あやかし捕物帳
勇壮の行進クロム・マグナ后々歸瓦離薀好肇丱肇
戦士のゆく道
打ち砕く壁
冷酷な大空戦空戦のドルキマス
艦隊殲滅のクロスファイアー
一針穿孔空挺突剣陣
お友達と「きょうとう」です天井岬2
たまには真面目に行きます!
復讐の魔刃、尽きぬ恨み覇眼戦線2
我と共に挑め幻魔特区スザク3
命の弾丸空戦のドルキマス2
絵巻・黒猫魔法玉手箱新説桃娘伝 妖爺合戦誓助剣
バトル・オブ・昔話
悪鬼夜行バスターズ
Take that you fiend!響命クロスディライブ
夏のラストダンス時詠みのエターナル・クロノス
出撃!チョコレート傭兵団!眠れる遺跡のアウトランダー
悠久之調八百八町あやかし捕物帳
6th Anniversary6thPV
 こちらはなぜか登場順では無く入り乱れている。2周年〜4周年あたりの曲が多く、それだけで11曲近くになる。

LtoL

 大進化解放祭と同時期であったのでそちらでLtoL。詳しくは大進化解放祭のページにて。
 ただし、LtoLの方針に基づけば大進化解放祭とは別に進化する精霊を用意するべきであるためその点の批判は多い。

余談

 この時期に感謝祭ガチャのミッションとしてノーマルにミッションガチャが追加されていたのだが、8月31日時点で黒ウィズダンジョンCOOLでクールパネルを…というミッションが存在した。
 おせにゃんではわざわざ後半のイベント名を隠していたので困惑するユーザーも居たとかなんとか。
タグ

どなたでも編集できます