複属性封印強化は味方スキルの1つ。初出は2021年4月15日開催の神都ピカレスク 銀幕の裏切者に登場したギャスパー。
 

概要

8ターンの間、味方全体の攻撃力とHPの基礎ステータスをアップ(効果値:5000、3000)し、攻撃SPスキルとクエスト中の解答での攻撃によるダメージ効果値をアップ(効果値:1000、1000)、さらにクエスト中の解答での複属性攻撃を封印(基礎ステータスアップの効果はのろいによる影響を受けず、重複しない)

解説

 味方精霊の複属性のAS攻撃を封印する代わりに基礎ステータスの大幅上昇、及び特殊な効果を付与するスキル。
 AS強化、SS強化は別で付与するため、印を貯めるのには適している。

 このスキルで上げるのは基礎ステータス(分かりやすく言えばデッキ編成時のステータス)であるため、既存のステータスアップと併用可能。
 また、反転強化のようにステータスを一定倍率で引き上げるスキルの場合、このスキルで強化された基礎ステータスを参照する。
 なお反転強化と組み合わせて光/水属性になった場合、元々主属性だった水属性が封印される。

 具体例)
  • 反転タツマのHPが12000
  • ギャスパーの基礎ステータス強化の効果値がHP3000
  • シャロンのステータスアップでHP8000増加
  • 反転強化・聖で2.0倍
 上記の場合タツマのHPは、2*(12000+3000)+8000=38000となる。

 このスキルのデメリットである複属性封印は、何故か状態異常として扱われる。
 つまりこのスキルは希少な、味方に状態異常を能動的に付与できるスキルである。

 このスキルを魔ミクに付与した場合、敵のスキル関係なしにチェイン12、スキチャ6を付与できるぶっ壊れ精霊になる。
 配布のハローラでもチェイン8、スキチャ4と相当な効果値。
 コピシュ等の状態異常無効を使っていてもデメリットを無視することはできないため、これは不具合なのではないかと言われているが、公式の音沙汰がない時点でこれが仕様ということになる。


相性のよいスキル

 反転強化をSS強化目的で運用する場合は有効。また、蓄積印のゲージはSS1で15、SS2で20溜まる。

相性が悪いもの

 反転強化を使ってASで攻撃するともともと主属性だった属性が封印されて結果的にはAS火力が下がる。

余談

関連項目

どなたでも編集できます