融合パネル変換とはサポートスキルの1つの特殊効果パネルチェンジの亜種である。初出は幻魔特区RELOADEDのピリア。
 似たような仲間に純属性パネル変換統一パネル変換融合大魔術融合強化がある

概要

 デッキ内の属性が増えるほど、パネル変換で付与される効果値がアップするスペシャルスキル。
 攻撃力アップ、スキチャ、ダメージ軽減などがある。
 基本的に統一パネル変換、純属性パネル変換の融合版と考えて差し支えない。
属性数効果値比
1属性×
2属性15%
3属性25%
4属性35%
5属性100%

スキルチャージ

SS2はデッキ内の精霊が持つ属性が多いほど効果値アップ(最大3)。
いずれもAS倍率強化と同じ属性であるが、SS使用目的の場合は混ぜて使うことは無い。
  • マーガレット(火/水、エステレラ3)
  • 嘘猫のウィズ(水/火、GA2018)
  • ピリア(雷/水、RELOADED2)

ダメージ軽減

デッキ内の精霊が持つ属性が多いほど効果値アップ。
  • アトヤ(水/雷、幻魔特区スザク)
パネル変換は水/雷属性化。
SS1で最大50%、SS2は最大75%軽減。
  • ハコの魔女(水/闇、まどマギコラボ)
パネル変換は水属性化。
SS1で最大25%、SS2は最大50%軽減。

攻撃力アップ

  • ペガサスロード(水/光、常設ガチャ)
SS1は3色パネル変換のみ。
SS2が最大250%攻撃力アップ3色パネル変換。
問題点
これは幻魔特区RELOADEDでも触れているが
<融合パネル変換>ジャンルパネルを雷属性化し、スキルチャージの効果を付与、デッキ内の精霊がもつ属性数が多いほどさらに効果値アップ(上限値:3)(効果は、SPスキルを使うまで重複しません)
 とある。

 しかし、このスキルは3属性しか入れずにSSを発動させてもスキルチャージ効果のパネルがつかず、ただの単色パネチェンとなる。(優良誤認になるんじゃ…)
 一応バグではなく4属性での効果値が35%となるため3×0.35=1.05となり端数切り捨てで1のパネチェンが付く。それ以下だと1未満で切り捨てとなるため付かないという理論なのだが問題はこの効果値がどれほど下がるかなどは書かれていないという点…。
 せめて4属性以上でスキルチャージ付与と書けなかったものか…。

 アトヤは進化で強くなるとされていたがそれで付いたのが融合パネル変換であった。そのためアトヤを融合ではなく普通に使用していた人からすると強化どころではなくただの劣化となっている。
タグ

どなたでも編集できます