※スマホ版では白文字(#ffffff)をドラッグできず見えないことがあるため、白文字は使用せず括るか、灰色の(#f3f3fe)あたりをお使い下さい。
※段落の頭に全角空白を、スペースや英数字は半角を使用して下さい。(周知のため1週間程度この文言は残しておいて下さい。)

 THE PROFESSIONALSは2023年4月28日(金)〜5月31日(水)開催のイベント。
 実質GW2023である。略称は「プロフェ」(?)*1
開催前
 4月26日にチェチェらしき絵が公開され、次はシュガバン?、いや時期的にGW2023かなとなった。
 そう思ってた翌日に公開されたPVではなぜかザ・ゴールデンではなく「THE PROFESSIONALS」という謎イベントと判明し、翌日28日に開催となった。
開催後

イベント内容

  • 本編(2023年4月28日(金)16:00〜5月31日(水)15:59)

良かった点

話の続きが作られていないイベントクエストの話が見られる

 数年以上続編がないエタクロ*2、一応のストーリーが完結しているメアレスやシュガバンの話が見られるのはファンとしては嬉しい所。
 天上岬は去年夏に開催されているため新鮮さはやや薄いが、その時に人気も何もなかったと思われるフェリサが主役ではあるものの、ヘルメスが良い感じでこき使われたり見えない所ではっちゃけていたりと、中々面白い展開となっている。
 貶しまくってるヘルメスにもちゃんとオチがある(投げっぱなしではない)のも好印象。

悪かった点

ハード8が実質超高難度扱い

 進化素材ドロップがステージ6と7、ハード8初クリアで結晶確保とハードのラストが実質的に高難度枠となっており、難易度もそれ相応に高い。
 しかし扱いはあくまでもハードの1クエストなので、クリアできない場合は君の本の10クリスタルが取れなくなる。

賛否両論点

オムニバスイベントなのに順番が固定化されている

 本イベントは通常のイベントとストーリーイベントの合の子とでも言うべき感じで、ヘルメス召各異界のプロフェッショナルを取材するという内容となっている。そのため好きな順番でキャラ毎のストーリーを読むことはできず、ユッカ→レッジ→フェリサ→チェチェの順番で固定されている。
 イベントとストーリーが噛み合っているため、キャラのストーリーを読み逃すことはないが、好きな順番で読めない点、ストーリークリスタルが節約されている点は少し残念と言える。*3
 ストーリーそのものは面白かったので、そこにはあまり批判は無いか。

その他

石の数

 PVで1つ、クエスト8×2、君の本4+10個、PT報酬1+1+1+1+1+1+1+10(17個)で合計48個。
 1イベントとしては少し多く感じるが、直近のエステレラ5が少なかった(43個)ので1月で見るとまあ、普通?程度。

新々形式?

 旧クエストのような形式に見えるが、これまであった不評の新形式の見た目を変えたようなようなものとなっている。
 今後この形式で展開されるんだろうか…?

アレヴァンのボイス

 幻闘戦 英雄ノ書の時に収録していたからか、今回もアレイシア、エウブレナ、店長の3人にはボイスが付いている。
 なお、プロメテウスには付いていない。

ガチャ

 全体的に微妙ガチャ。
 色合わせ前提のユッカやかなり使いづらい印象のあるレッジと少々きつい精霊が多め。
 耐久が弱い闇の耐久強化になるフェリサやEXASが強そうなチェチェは比較的あたりではあるが当たりが多いとはいえない。
 キャラ好き、ストーリーが刺さった、幻闘戦の刻印30が取りたい、魔道杯に備えるなら回す感じか。

時計整備の匠 ユッカ・エンデ

 雷/火 AS:属性特効・連撃 SS:解答時間停止/膨張連鎖 EX-AS:貫通・チェインプラス
 クレティアの雷版。脇。
 まともに起用するならメルティア必須である。

 イラスト自体はかなり良いが、実際やるとかなり危ない現場猫案件。
 体の固定方法的に運が悪いとグルンってなってお腹で吊るされる形になって嘔吐不可避。ゲロインは回避中。
 また、髪をまとめておらず乱れているので歯車に挟まってひどいことにもなる。
 さすが、ブラック異界ランキング上位と言われるエタクロ*4である。

今は走れ ウィールライト=レッジ

 水 AS:連撃・パネル色数攻撃 SS:AS強化フィールド/ダブルAS付与 EX-AS:連続化・パネルリザーブ
 ルミスフィレス、エニグマチェリーの水版。
 3属性出るまでに約1年かかった
 正直かなり使いづらい。
 レッジでまともに使えるのが純属性強化レッジとラギトレッジと生贄要員の4レッジだけなので活躍してほしいのだが…。
 結構人気キャラだし…。

 ストーリーの青髪レッジはレッジの進化段階SS+のもの。2〜4とひねもすレッジ全員青髪差分がある。
 立ち絵的には黄昏2のものか。
 覚悟がガンギマってるが、これは黄昏2からずっとである。7年近く走りっぱなしなのでそろそろ休め…。

幸せを売る巨匠 フェリサ・リエリ

 雷/闇 AS:複属性攻撃強化・ガード SS:AS特殊変化 EX-AS:カバー・EX強化
 幻闘戦の被害者であり問題児*5初登場時がアレだったし「とても簡単に入手できます」とか言いそう。
 AS特殊変化/カバー型の闇版であるのだが、闇ということで何故か回復が消え自傷を付与された。
 一応ガードの最大値自体は上昇しているが…。

 問題となっているのは潜在のほうでアンリセがエクセレント5秒になってしまっている。
 このタイプは基本安定しない1秒以内をアンリセで1回だけは保証してくれる形だったのだが、カタバ戦の刻印にエクセレントマイナス4秒があったためこんなことに…。
 性能自体は雷闇の耐久を補ってくれるためそこまで悪くはない。

 ストーリー中では天上岬以上にはっちゃけている部分が所々であり、天上岬では悪い印象があった人でも楽しめると思うのでぜひ見て欲しい所。このババァ、ノリノリである。

歌姫の開花 チェチェ・ウルラーレ

 火/雷 AS:連撃・ガード SS:チェインガード/撃滅連弾 EX-AS:パネル属性カウント攻撃・パネルリザーブ
 火/雷の次の絵合わせ枠。
 ただ、現状、火雷はキワムとアレスちゃんとアレスちゃん(ホリデー)までが固定され、アレスちゃん(GA2020)あたりも入れたいため入れる枠があるかは謎。
 本命はそちらではなくEX-ASの7色以上解いた場合、亜人を組み込んでいない*6場合750ステアップ、最大7500までステアップできるヤツか。
 オートによるステアップ自体は別に融合特殊変化を使えばいいだけなのだが、こちらが優れているのはチェインが5以上なら常時発動する点とリザーブで事故を軽減する上にアタッカーである点。
 十分使い分けできるし、常時発動するのはかなり利点となっている。

報酬精霊

 いつも通り既存進化が2枚とポイント報酬が1枚。
 エリカ、ロードメアともに1枚ずつしか入手できない精霊である。*7

遠き夢の幻 エリカ・オイリン

 水/火 AS:種族数攻撃強化・種族数攻撃 SS:割合削り EX-AS:貫通・複属性攻撃強化
 SSは完成されすぎていたため一切弄られずに、ステータスと潜在が現在風になり、ASの効果値が上昇した。
 特にASの初速チェイン条件なしでも術師で縛れば920は結構すごいとは思う。縛るのが辛い?ごもっとも。
 …最近敵が無属性ガード100%で割合削り自体を無効にしてくる敵が多いので、既存のスキルには存在しないがガード貫通効果的な効果も付与してほしかった感はある。

 惜しむべきはコスト。+40程度されてしまっているのでコスト制限クエストがきつくなる事があるのが欠点か。

みなを導く夢 ロードメア

 水/闇 AS:複属性攻撃強化・攻撃 SS:時限大魔術 EX-AS:統一特殊変化
 ASは20チェイン条件での火力アップが付きました!
 …今更これはちょっと悲しい。最大でも効果値1290なのも…。
 SSは1tで効果値2100、2tで4200の時限。
 現在は超長期戦が増えているため時限自体は悪くはない。
 …が、スキチャが増えてるのも考えると5tくらいで効果値8000みたいなのだったら良かったなあと…。
 そのくらいならガチで一線級に戻れそうだし。
 本体はおそらくEXASの統一強化。
 ステアップ最大値は自体は悪くない。ステアップ量が1500だったら(起動2tであっても)ガチで一線級だった。

 本当にちょっと足りない感じな調整となっており正直惜しすぎると思うの。
 

異界突撃リポーター ヘルメスX

 雷/闇 AS:回復 SS:状態異常無効/精霊強化 EX-AS:ダメージブロック
 八百万2カフクのLtoL後の色違い。
 複属性闇で状態異常対策ができるキャラは意外と珍しく、利便性は高い。本ガチャのフェリサがかなり強力なライバルだが、こちらは状態異常を無効、あちらは状態異常を受けてから回復という違いはある。
 
 今回のイベントはヘルメス召各異界のプロフェッショナルに突撃取材をする*8というものだが、なぜかユッカとレッジはVTRのみ、フェリサとチェチェは直撃取材を試みるという内容になっている。どう考えてもせめて逆にした方が良かったのでは...
 そして案の定フェリサには扱き使われてしまった。

 なお、ラグナロクで神から元・神になった影響からか、種族は神族ではなく戦士。幻闘戦で使う場合で種族縛りを気にする必要がある際は注意。 

報酬結晶

 3枚だけど実質2枚。ポイント報酬とハード8クリア報酬。
 コストカットひどい。

力の特大結晶

 HPを500アップする

 コスト30なのもそうだがこの結晶2枚目であり、未だに1枚目を起用した記憶がないのですが…。
 わりと運営が1枚目配布したこと自体を忘れてそう。

新作香水<アンブロシア>

 種族が妖精・術師の味方全体の攻撃力とHPを150アップ

 魔道リボルバーやオリジナル・シンで2種族のHPと攻撃を200アップはやってるので単純にデフレ結晶。
 150だと起用するか正直微妙なところ。

 アンブロシアとはギリシア神話における神々の食べ物の事であり、不死という意味がある。

友情のスパナ

 SPスキル<一閃斬撃大魔術>の効果値を500アップ、この結晶を付けた精霊の主属性が雷属性なら効果値を1000アップ

 SatanicChord(水)、或る助平を封じた符(火)、リレイのギター(闇)の火版。
 このタイプの結晶は1年3ヶ月ぶりで忘れてただろ案件。
 これによってあとは光だけとなった。
 なお上記の結晶はすべて使った記憶が1か2回くらいしかないのですが…。

 ちなみにこれはハード8クリア報酬であり、このストーリーの主役はチェチェであるはずであるが…。
 ユッカ、これは<バグ>ですよ。早く対処しなさい、とエリカは命令します。

LtoL

 開催日当日にGW2015精霊がLtoL。
 アーサーがスキチャ効果付き蓄積破に魔改造され、イドラのごとく接待されまくるのではないかという不安が一部に広がっている。
 とはいえ、破なので逆襲ほど使いやすくなくそこまで感もある。
 他にはハクアが闇ミク型になりかなり強化された。なお、ヴィレラシュ必須…。
 単独で75%ガードのAS特殊変化と時間停止を1人でこなせるプラーミャや、ついでに最大65%ダメカしだすリースなど全員かなり強化を貰っている。
 一番のハズレっぽいラパパですらリザーブガチャで無理やりクエスト攻略にはかなり便利。

 ………………一番の問題がGW2015の精霊は復刻不可能ガチャである点である。
 これにより2月〜4月のLtoLでいつでも?入手可能な精霊のLtoLがエステレラ1と巫女のわずか「6体」しかなされていないというひどいことになった*9
 10周年記念を迎えたアプリの姿か?これが…。生き恥
 冗談はともかく正直6月の大進化解放祭に期待したいが…。

どなたでも編集できます