ちょっと怪しい黒猫のウィズ用語集 - エアプ
 エアプとはエア・プレイのことを示し、実際にやってもいないのにプレイした様に言うことに対する蔑称である。
 ……しかし近年はこの言葉が発展してしまい様々な事象を指すようになってしまった。

解説

 この言葉を例えばWebilioで調べてみると
未経験者が経験者であり玄人でもあるかのように振る舞うこと、その言動、そのように振る舞う人を指す言い方。「エアプレイ(ヤー)」の略と解釈できる。この場合の「エア」は「架空の」「虚無の」「実体がない」といった意味で形容詞的に用いられる表現。ゲームやスポーツその他のアクティビティの話題において、巷で見聞きした(経験に依拠しない)情報に基づき、横やりを挟むような振る舞いを指すことが多い。

 という検索結果が出てくる。
 この言葉は2000年代に流行った、実際にギターを持っていないのに持ってさらに演奏している行為であるエアギターなる行為から「エア○○」というものが生まれその流れを汲んで生まれた言葉であるとされる。出典は確認できないが2010年には言葉自体は存在していたものの多く聞くようになったのは2010年代の中盤から後半に入ってからであるのは、パズドラなどのソシャゲが流行るようになって爆発的に流行した言葉であるのではないかなどとも囁かれている。(後述)

エア…プ?

 と当初の意味ではエアプというのは実際にやっていないものをやったようにいうことであったのだが、我々がウィズで良く聞くのは、おそらくはある精霊に対し、ずれた評価を下すプレイヤーのことを呼ぶときや、クエストで自身が手順を間違えたのにクリアできないというプレイヤーに対してではないだろうか?
 これはエアプという言葉が使われすぎてだんだん意味が変質してきているということが原因とされており、書いている人が知っている限りでは「雪国エアプ」といった現実世界に言及するものや、「このレベルはまだエアプだわ」などと自身の未プレイのことを示すといった様な使われ方もしている。

 また、攻略サイトであるゲームウィズに関しては様々な事象*1*2から「エアプウィズ」や「エアプ」ともはや名詞化しているといった現象も見受けられる。

流行した理由

 エアプという言葉が流行したのはパズドラ流行時期と重なるのではないか?ということが言われている。これはAppBankの成功を見て様々な攻略サイトやまとめサイトが乱立し、他のサイトより新鮮な情報を提供しようと噂や誤情報を掲載してしまいそれによって広まったというのが原因とされている。
 余談ではあるがこの時期の攻略サイトといえば他のサイトを誤字を含め完全コピペしたり、掲載物を勝手に加工&転用してみたり*3など今回はガメウィズを例に挙げたが、本当に各サイトが本当にやりたい放題していたりする。
 そのためある時期には先に攻略した方が(パクられるから)負けといった謎の文化があったとかなかったとか…。

弊害?

 こういったまとめ系攻略サイトは広告収入によってサイトを維持しているため欲しい情報を1つのページにはおかず様々なページを巡回しなければ情報が得られないような仕組みになっていたり、様々なページに置いているためグーグルのサジェスト検索に引っかかりやすくなり検索上位にヒットする*4といった現象も問題となっている。

 また、それまでメインであった個人の攻略サイトというのもまとめ系サイトによって下火になってしまい、どこで調べたんだ…というような情報を掲載していたサイトが作られなくなってしまうという弊害も起きている。

 結果としてSEO汚染によって欲しいゲームの攻略情報が入手できず、ヘビープレイヤーはネット主流の時代から一転して汚染が起こらない紙媒体…所謂攻略本に回帰していたり、TwitterなどのSNSという人の繋がりに移行しているというのは面白い現象ではないか?と思われる。

関連項目