ちょっと怪しい黒猫のウィズ用語集 - ゴミガチャ
 1.限定ガチャのうち魅力の無いもの
 2.当たり精霊が全然でない激絞りガチャ

 2の当たり精霊が全然出ないガチャに関しては2014年正月ガチャだとか5000連といったことがあったの黎明期の話で現在はほとんど無いと言われている。

 そのためこの記事では1のことを扱う。
 なお下記に記したものはあくまでも、そういう意見があるというだけで、全てのユーザーがそう思っているというわけではないのでそれには気を付けるべし。
 2020年現在は様々なギミックの結果ゴミと呼ばれるような精霊が少なくなったこと、ピーキーな精霊であろうと稀に接待で輝くといったことゴミガチャという言葉の響きが酷いことなどからゴミガチャという言葉はほとんど使われていない。代わりにハズレガチャだとかハズレといった言葉が使われているか。
 そのハズレガチャも大体抱き合わせで6体の中に1〜2体環境で異常に輝ける精霊が混じっているのでほとんど使われていない。
 また2018年4月5日16時から再契約ができるようになったというのもこの言葉が使われなくなった一因かと思われる。

具体例

 黒ウィズはイベント開催時にそのイベント精霊が出てくる限定ガチャを実装する。その内容は多種多様であり絶賛されるものから酷評されるものまである。一体は飛びぬけて強くても他が微妙な精霊ばかりという場合もゴミガチャに入る。

フェアリーガーデンガチャ

 ミラリアとサランが出てくる。
 ミラリアはパネルの色が多いほどダメージアップかつエンハンススキルを持つ。そしてサランは妖精特攻。
 ミラリアは使えないことは無いが、わざわざ限定ガチャにて狙うほどの性能ではない。仮にフェアリーガーデンのイベントで使うとしても、回復、変換、遅延、軽減のスキルのほうがはるかに重要でミラリアを入れる余裕のある者はほとんどいない。
 そしてこのガチャがゴミガチャと言われる最大の原因がサランである。火属性で妖精特攻というスキルを持つ。
 フェアリーガーデンの上級以上では火属性推奨のクエストは存在せず、また他のクエストでも妖精の敵は少ない。
 フェアリーガーデンで一番強かったのはフラウ(魔法生物)なので魔法生物特効の方が輝けたとまで言われるほど。
 2019年になってもイベント自体が復活せずLtoLもなく救いが無い。

ドルキマス1ガチャ

 まず限定精霊のわりにオーソドックス過ぎていくらでも替えが効く*1あるいは使いどころがかなり限られてるような精霊*2ばかりで、明確にこれは使える!と言えるような精霊はローヴィくらいなものであった。
 また当時は運営が意図的に潜在覚醒のインフレを抑えようとしてたのか、それのデフレのピークにあり、限定精霊なのにも関わらず潜在能力が微妙なものばかりである。
 そして極めつけは初音ミクコラボがちょうど開催しており、ドルキマス1を引くくらいだったらミクの方が…といった理由でゴミガチャとまで呼ばれた。
 なお本ガチャの精霊たちはドルキマス2が開催されたとほぼ同時にLtoL進化を果たし、潜在能力が見直され大分強化され、最前線に立てる精霊になったものもある。

グリコ3ガチャ

 白猫・グリコとコラボして多くのユーザーを期待させたがほとんどの精霊は性能の評判が芳しくない。明確に使えると言えるのはアリエッタ&シャルロットくらいなものである。
 配布のアーモンドグリコやラブリのほうが使えると言われる始末である。当時の環境では完全にハズレスキルであったムニキスをガチャで排出させたのもかなりの批判の的となった。
 LtoLtoLにより全体的にある程度改善され、特にムニキスは環境変化とスキルターンの大幅短縮によりかなり使いやすくなったり、アルコリンは数少ない1tで全体2tスキルチャージ、キワコヨはスキチャ自体の評価が上がったなどといった理由で一部評価されたりしている。

サタ女ガチャ

 大当たりはルルベルとミィアの2種であとの4種は使いにくいゴミと言われていた。4/6がゴミ精霊ならばゴミガチャ又はクソガチャと言われるのは当然だろう。
 しかし後に環境が変わり長期戦になることが必然のノクトニアポリスが実装されてからは、当時はゴミと言われていたクルスとイーディスの評価は上がり、サタ女ガチャの評価も上がった。
 なおカナメとウリシラは相変わらず低い評価のままであったが、カナメは50ターンチェイン保護というヤケクソ気味な改造、ウリシラは精霊強化スキル自体が改善されてかなりまともになった。
 2020年現在はLtoLtoLの結果、ルルベル以外の5/6が当たりとまで言われるレベルになったほど。*3
 何があるか分からない物である。

エヴァ2ガチャ

 精霊の性能自体はなかなかのものだが完全な闇鍋ガチャなので評判が悪かった。
 普通完全に外部とのコラボガチャと言えば、当たり枠ハズレ枠に限らず排出される精霊は全てコラボ精霊というのが今までの慣例であった。
 しかし通常精霊も混ざっており、ハズレ枠の限定精霊すら引くことが非常に難しかった。
 このガチャの問題点は通常精霊が混ざっている仕様であることはアナウンス無しであったことでエヴァ2のイベントのできの悪さと相まりヘイトを集めた。

余談

 このようなゴミガチャでは「今回はクリスタルを温存出来る」という考えのユーザーもおり、必ずしも全員がそのようなガチャに対して不満を示すわけではない。