ちょっと怪しい黒猫のウィズ用語集 - 神・超魔道列伝 アルティメットプラネットガールズ!
 神・超魔道列伝 アルティメットプラネットガールズ!は2020年6月11日(木)〜7月16日(木)開催のイベント。
 略称(通称)はUPG。
 UGシリーズの続編イベントである。
開催前
 6月3日(水)にガチヨ氏のTwitterでおせにゃんの収録が終わった報告と何のポーズだかよく分からない画像*1が公開された。
 さらに週をまたいで6月8日(月)に公式のお知らせで予告「宇宙。」というコレまでの予告でおそらく一番予想が付かないような画像が公開。宇宙ヤバイ。
 コレには百戦錬磨の割に良く外す特定班も匙を投げ、「新作イベント近日公開」ではなく「新イベント近日公開」であるから完全新作ではないということくらいしか特定できず、宇宙が作中に出てきたUGか魔轟?程度しか予測できなかった。一応八百万やマクロスでも宇宙行ってるけどまあさすがにありえないでしょ…。
 翌日の9日にはPVや妙に気合いの入りすぎたティザーサイトが公開されUGシリーズだと確定。10日におせにゃん#99で紹介がなされ11日に開催となった。
開催後
 最近はギャグイベントが枯渇していた(サタ女3をギャグとすれば今年2月、そうでない(全般的にギャグ)なら*22019年11月のエニグマが最後)ため久々にギャグが摂取できて嬉しいという意見が大半か。
 ただしストーリーは悪くはないがここ最近の良作続きと比べると微妙といった感じか。
 またストーリーが他のイベントと比べると短いが、こちらに関しては最近のイベントが長すぎるためこの程度で良いという意見が多数を占める。*3

イベント内容

  • 本編(2020年6月11日(木)16:00〜7月16日(木)15:59)
  • 超高難度(2020年6月16日(火)16:00〜7月16日(木)15:59)

同時復刻

いずれも(2020年6月10日(水)16:00〜7月16日(木)15:59)
  • 超魔道列伝☆アルティメットガールズ
  • 続・超魔道列伝アルティメットサマーガールズ
  • 続々・超魔道アルティメットハロウィンガールズ
  • 職・超魔道列伝 アルティメットワーキングガールズ!

新要素

最終ステージの出し方

 今回は最終ステージが2種類あり、星の治安が特定の状態でノーマル以下のステージ5-3をクリアで治安に応じたクエストが解放される。
 あるいはハード以上のステージ5-3をクリアすれば両方解放される。
 コンプリートは当然両方の最終ステージをクリアする必要があるため、注意したい。
 最終ステージが2つあるパターンは初だと思われる。ボスだけが変わるパターンは以前もあったのだが。
 ちなみにエピローグはどちらも一緒なのだが、ノーマル以下では両方とも選択しないとコンプリートにならない。スキップで飛ばしても問題はないので、片方を見ただけでもう片方を忘れないように注意しよう。

通信時の暗転

 ただ暗転するのではなく、星やアリエッタ星人の形をしており、色も様々。黄色だと読み込みバーが見にくいのはご愛嬌。

良かった点

オートプレイがやりやすい

 従来のイベントはオートだと入手ポイントが減ったりイベント特有のシステムが使用できなかったりするが、今回はそういったデメリットが無い。
 パネルを選べないのでレア星人は集めにくくなるものの、入手倍率は通常プレイと変わらず、ランダムイベントもあるため簡単に繁栄度MAXにできる。
 また繁栄度を上げてステアップなどの潜在能力を解放すれば、ハード最終ステージや超高難度をオートでクリアすることも充分に可能。

ノーマルだけで超高難易度以外のボスが集まる

 これまではラスボスはハードの最後のステージのサブクエをコンプなどでしか手に入らなかったりしたが、今回はノーマルの最後のステージをクリアするだけでミッション報酬として入手できる。
 もう片方のラスボスは新要素にある通りなのでノーマル以下だと面倒な点はあるが、ハード5-3をクリアできなくても送るアリエッタ星人やランダムイベントの選択肢で治安を変化させてノーマル以下の5-3を再度クリアすれば良いので初心者にはありがたい。

悪かった点

ステージクリア報酬以外のクリスタルがほぼ無い

 エリア型であるため、各ステージのミッションコンプリートや全ステージクリアでクリスタルが貰えるが、そのしわ寄せを受けたのかミッションで手に入るクリスタルはほとんど無い。
 イベント精霊図鑑コンプリートで貰える2個のみとなる。
 ちなみに念のため記載しておくが貰えるクリスタル量としてはほぼ変化しておらず(むしろ増加?)3×3×5(1〜5エリアクリア+コンプ)+2+4×2(へいおんとはちゃめちゃ、ノーマルのみコンプボーナス1つずつハードエクストラはずつ)+1(高難度)+5×3(エリアコンプ)で71個+ミッション2個の73個となっている。
 1つ前のイベントであるシュガバン3は16×3+1(高難度)+6(ミッション)の55個にPT報酬の9個を足した64個であったと思われる。

賛否両論点

エリア型である

 久々のエリア型イベントであるためクエストに専用背景があり、見た目も楽しい。
 しかしエリア型という事は周回報酬がなく、最悪いくらハード以下を周回してもボスが落ちない恐れがあるという事である。
 可能であればエクストラを周回するのが良い。ハード以下なら治安を凄くはちゃめちゃにしてドロップ率を上げよう。また初回開催時限定で土日祝日はドロップ率1.5倍となっている。

はちゃめちゃとへいおん

 治安変化ででるこの2つだが、一気に解放できないためもう片方のストーリーがあるということを知らなかったという人が見受けられた。
 また、平穏に関してはUGっぽくない、どちらかっていうとフェアコとかそっち系っぽくてなんか違う(もやもやする)といった意見などもある。

その他

凄くへいおん

 凄くへいおんで得られる治安潜在の契約経験値が10%アップ。
 過去のメアレス4では1クエストの契約進化の経験値上限である70を超えた場合は70になってしまうという残念潜在だったのだが、今回は77まで(オートモードでは22まで)溜められるようになっている。
 少しでも契約深化をさせたいというならば凄くへいおんのほうが良い…かもしれない。

ガチャ

 いつもの6人による6種ガチャ。ソフィ以外は全員単色である。また、おせニャんでも告知されたが、アリエッタは神族、レナは戦士のように見えるが全員術士である。
 恒例の(?)コスプレだが今回のテーマは偉人。偉人と言えるか首を傾げたくなるのもいるがこいつらなので仕方ない。
 なおSSの時はリルム以外ピチピチの魔道宇宙スーツを身に纏っている。ぶっちゃけかなりエロいと思うのだがどうか。

神 アリエッタ・トワ

 火 AS:回復・ガード SS:ステータスアップ EX-AS:ダメージブロック
 トルテストルの単色版。最近は単色推しが続いているので追い風になるか?
 ヴィタとは異なり前述の通り何故か術士。
 なにげにAS回復のアリエッタは初。SSがディフェンシブ寄りのサポートなのも初*4。これが神か。

 アリエッタはアリエッタ星を作った神様だから偉人はやらないと言うことらしい。トワのトワがトアの訛りだとした場合「tor」つまり北欧神話の雷神トールあたりと関係ありそうだが。って何の話だっけ?
 ちなみに二つ名は恐らくとあるコラボの一方通行&打ち止めの「滅」と並んで最短タイ。次は最長を狙ってみようか。

群雄割拠の豪傑 レナ・イラプション

 火 AS:攻撃 SS:激化大魔術 EX-AS:反撃・起死回生
 ついに出ましたスキル反射無視の激化大魔術。はいリスタート
 実際スキル反射以上に激化の天敵となるリスタートが実装されたために反射無視が許されたとも考えられる。とはいえ後述のようにスキチャなしでも8Tで最大火力な分まだリスタートの被害も少ないか。
 初回0T、再使用は4Tで敵全体に5回ダメージを与える。
 使用すると効果値5倍(上限2段階)となり、激化大魔術結晶とセットが前提。
 175が初期なのでA+の結晶75を足して250、1250、6250の効果値となるだろうか。
 現時点で火属性の攻撃SPスキル強化は出ていないが、近いうちに出ると思われるのでレナがさらに強化されるだろう。…がエンハ系統は初期数値に+ではなく最終的な効果値に+なので最終的な効果値が強い激化では微妙か?
 激化の弱点である序盤に強くできるから割と使えるのかもしれない。
 UHG(セカンドファスト無属性)、UWG(セカンドファストパネル爆破)から続いて3連続で火単色、繰り返し使用を前提とする攻撃SSとなったのは興味深いところ。
 …まさか6月の魔道杯で接待されるとは誰が予想しただろうか。

 元ネタは公式サイトで方天画戟を掲げていることから、三国志の呂布と思われる。呂布を偉人扱いしていいのかという問題はまあさておき。*5*6
 また、遠く離れた杖を弓で射抜いて停戦を調停する、という下りは三国志演義で呂布の逸話として登場する。三国志演義において、呂布は敵対勢力に攻められた劉備を助けるために、クッソ遠くに立てた戟を俺が弓で射抜けたらお互い停戦しろ、という脅し無駄に超絶技巧な調停を行っている。見事に戟を射抜いた呂布に断れば次はお前がこうなると脅されたの武勇に感嘆した敵は撤退し、劉備は窮地を救われた。なお、これだけだとなんか呂布がいい人に見えるが、そもそも劉備が攻められたのは、劉備の世話になっていた呂布が彼の治めていた地を騙し討ちで攻め取った挙句、敵対勢力に劉備を売り払って同盟を持ち掛けたからであって、いろんな意味ではた迷惑なジャイアニズムである。

 ちなみに演義の描写から勘違いされがちだが、史実で登場した頃の呂布の役職は思いっきり文官(会計係、文書作成係)である。
 元々レナにも書に学ぶ等、知識を重視するという設定があったはずなのだが、演義の呂布を再現してノリと勢いだけの脳筋になってしまったのだろうか…?

美の女王 エリス=マギア・シャルム

 水 AS:連撃・攻撃強化 SS:行動感知 EX-AS:集約・チェインプラス
 シーヴルとラガッツの色違い。
 …これだけで終わるとかわいそうなので追記するとSSは置いといて、EX-ASは集約とチェインプラスは別の効果である。
 つまり、リーダーにエリスを据えてEX-AS運用した場合でも問題なくチェインプラスは行われる。単純に1tで4chプラスのEX-ASとして見ただけでも非常に高性能なので弱くはない。結構便利。
 ASが回復ではないから単純比較は不可能とはいえアンゲラが2chプラスである。更に言うとこの1問正解系は100%系のように発動出来ない場面がないため煌眼などとの相性の良さが最高クラスだったりする。
 単純にこのラインナップでは少し弱めなのと特筆すべきところがないだけで…弱くはないんだ弱くは…。

 元ネタになった偉人はおそらくクレオパトラ。クレオパトラを偉人扱いするべきかどうかはさておき。
 もはや恒例となったエロ衣装担当。←まあ今回の場合、担当する偉人魔法が魅了呪術だから、ね。
 割と勘違いされがちだが、クレオパトラはギリシア系エジプト人なので*7良く描かれるエキゾチックな肌の色ではなく黒人と白人の中間あたりの色といわれている。

小さな大船長 イーニア・ストラマー

 水 AS:攻撃強化・連撃 SS:攻撃SPスキル強化 EX-AS:貫通・状態特効
 3ヴィタの色違い。残滅のお供にどうぞ。
 前作に引き続きカードイラストにヒヨコがいる。お前じゃない。
 ストーリーに出てきた調味料の元ネタは複雑な権利問題の末に現在売られている物は完全な別物となっておりオススメできない。
 かつての商品が食べたいなら名前が変わった後の商品(ウェイ○ァーではなく創味シャンタ○)を買おう。

 元ネタになった偉人は右手に金の卵を持っているのでコロンブスかと思われる。
 奇しくもイベント開催時の現実世界では、全米で人種差別批判が強まる中コロンブスの銅像破壊が相次いでいる。

超魔道発明王 ソフィ・ハーネット

 雷/光 AS:回復 SS:特殊パネル変換 EX-AS:チェインプラス&チェインカウンター
 まさかの複属性光リコラ型。ASの範囲が味方全体なのでVOID ZONE、及び形式が同じクエストで特に使いやすい。
 ただし、光で統一して反転で使おうとすると雷/光の3色変換がほとんどいない*8のでどうせこの運営だからすぐ出しそうだが現状では使いづらいのが難点か。
 チェインカウンターは簡単に言えばチェイン保護した上で、チェイン解除や封印をされるとさらにチェインプラスが発生する。もちろんASが発動していないと効果はない。
 そのため、本来のチェインガードが建前上売り?としている誤答には非常に弱い。最近は誤答したら即死するクエスト設計が続いているとはいってはいけない。
 また、先制行動やリスタートとコンボで使われるチェイン解除、チェイン封印に対処できない点も惜しい。
 とはいえチェインプラスだけでも用途が似ているフィネアより効果値が高く、SSもファム&フェルチやミホロと同性能、潜在にはゴールド取得量アップと強い部類に入る。
 最近ソフィが強めのスキルを与えられてるのは運営にお金を払っているからだとかなんとか。ソフィお金だけはたくさんあるよ。

 おそらく元ネタになった偉人はエジソンだが…。本当にエジソンで良いのだろうか…?下記参照。

エジソンに関する余談

超魔道原始人 リルム・ロロット

 雷 AS:連撃 SS:蓄積解放大魔術・連 EX-AS:全体化・貫通
 ぽっかみ3カヌエの色違い。蓄積・連は反射無視できないあたりは原始的である。というか反射無視なしで生き残ってるスキルって今じゃ連くらいか…?

 元ネタとなった偉人は原始人。(それ偉人なのか!?とロアちゃんからも突っ込まれている)
 リルムのセリフにある「書を捨てよ、狩りに出よう」は寺山修司の「書を捨てよ、町に出よう」のパロディ。勉強しすぎずに実践も積めという事である。
 勉強も必要だぞ、リルムよ。
 狩りに出ようは某モンスターハンティングゲームのパク・・・パロディとも言われている。衣装が完全にそれ。
 イラストでは杖を捨てマンガ肉を手にしている。
 ちなみにSSのドラム缶のような宇宙服は実在する。もちろんケツ浮き防止魔道宇宙服なんて名称ではない。興味とがあれば検索してみよう。

報酬精霊

 アリエッタ星人以外はドロップで集める事になる。

石油王 エターナル・ロア

 雷 AS:回復 SS1:状態異常回復 SS2:蘇生 EX-AS:連続化・チェインプラス
 正確には石油王になった気でいるだけ。
 傲慢になったのかソフィにも偉そうな事を言うようになっている。つい先日にも似たような性格のキャラによるレイドイベがあったのだが…。
 実際はこれが元々のロアちゃんなのかもしれない。
 性能としては魔道杯ワタシロイドの雷版に近い。
 ちなみにパネブ3の結晶に結晶化できる。どうでもいい。
 今回も前回に引き続き報酬精霊にしては例外的に…というかガチャを含めて唯一3段進化をする精霊となっている。

名も無き水汲み少女 レプス・クルゥ

 水/光 AS:連撃 SS:割合削り
 誰こいつ!?
 と去年のクリスマスに言われていたのも昔の話。
 今回は蛸壺を頭に被って敵対するというUGシリーズでも屈指のネタキャラと化した。
 ちなみにカードの属性は上記の通り水/光なのだが、ボスとして出てくる時は闇である。いいのかそれで…。

 性能は悪女杯ティレティをやや強化した感じである。
 ロア同様に最終進化には3枚必要だが、こちらは2段進化でEX-ASもない。魔道士その1の脇役レプスだからね。仕方ないね。

 SS状態ではタコとのタッグカードになっており、セリフも異なる。
 また結晶化で攻撃力+300の汎用結晶になる。

光の完全体アリエッタ星人

 水/光 AS:複属性攻撃強化・属性特効 SS:特効大魔術 EX-AS:全体化
 ノーマルへいおんクリアのミッションで入手。
 SSは1クエスト一度きりの反射無視・全体特効大魔術。結晶込みなら1tで火・闇に4000出るうえディスチャ無効なので魔道杯で輝くかもしれない。ただしフィニッシャーにするには効果値が低めな点と、連発しやすい4t周期なのに一度きりの制約付きというのが悲しいところ。EX-ASは最大2840の全体攻撃。こちらも状況がピンポイントながら強力。
 アリエッタとは別物でボイスはかなりおとなしいが内容はちっともへいおんではない。こちらは宇宙意思の体現者となっておりアリエッタの実力を認め、こちら側に来るように迫ってくる。

闇の完全体アリエッタ星人

 火/闇 AS:全体攻撃 SS:蓄積解放大魔術・印 EX-AS:連続化・チェインプラス
 ノーマルはちゃめちゃクリアのミッションで入手。
 SSはトモコの闇版でASも同じだがこちらはEX-AS付きで潜在能力も上。これがノーマルを1回クリアするだけで入手できるあたり報酬精霊もかなりインフレが進んでいる。
 正確には『超スーパーウルトラ完全体アリエッタ星人デストロイ形態ファイナルアポカリプスモード』らしい。長い…だがこれでもイーニアよりはまだ短い。
 こちらの方がアリエッタらしい…がやっぱりアリエッタではない病み闇の完全体である。ただアリエッタがそのまま邪悪になったような感じなだけで宇宙意思については触れない。そのせいか光の完全体との闘いに比べややスケールが小さく感じる。
 やめろばか!うんち!   …え?エッチ!に聞こえるって?気のせい気のせい。

報酬結晶

神聖なアリエッタ星人

 ハードへいおんクリアのミッションで入手。
 光属性の味方全体の攻撃力を300アップし、HPを100アップ。
 光属性強化結晶である。冒険の思い出<大聖堂>や希望を繋ぐ靴結晶の上位互換に近いので入れ替えたりしよう。

反旗のアリエッタ星人

 ハードはちゃめちゃクリアのミッションで入手。
 精霊強化に2t継続回復(5)と攻撃アップ(50)を付与する結晶。
 精霊強化の強化結晶なのだが、2tしか効果が無い上に上昇数値もそこまで高くない。印稼ぎのお供に使うのが良いのだろうか?

 力をつけて反旗を翻したアリエッタ星人(?)の結晶。力がすべてと考え自分たちを排除しようとする姿に生みの親のアリエッタは悲しんでいたが、敵のタコとはいえゲーム感覚でハントするアリエッタ達の姿を見ればこうなってしまったのもある意味仕方がなかったと言える。

超高難度

 LtoLと同日の6月16日に公開。月曜の更新はなかったのでばらけさせるということはできなかったのか…。
 ボス1体の1戦だが2回復活するので実質3戦。
 開幕から強烈なのろい、2戦目以降は属性吸収やチェイン減少、ディスチャなどがありなかなか難しそうに見える。
 が、実際はサブクエが無いため助っ人を利用して高速クリアしても良いし、耐久デッキで何ターンかけてクリアしても良い、全問正解やエクセレントを取る必要もない、と比較的楽なクエストとなっている。
 なおミツボシはSSでドロップし、3枚集めないと最終進化できない。

万能の天才 メリィ・ミツボシ

 火/水 AS:回復・攻撃強化 SS:特殊パネル変換
 ディスチャ無効でスキチャ&チェンプラパネルを生成でき、SS1はのろいや状態異常でチェンプラのみ効果値が上がる。SS2ではスキチャも効果値は上がる。
 ASは弱いがAS封印状態ならSSが強化されるのでむしろチャンス。
 リコラ型と比較するとパネル色数に依存しないのも利点だが、SS1ではチェンプラしかできないのと2回目以降の発動が遅いので一長一短か。
 ハマるクエストはありそうだが挙げろと言われると思いつかない。
 また、何故か魔道士その1の脇役レプスと同じくEX-ASがない。

 元ネタとなった偉人はレオナルド・ダヴィンチ。フルネームがどこぞの人のように長いことで有名な人物である*9
 

万能の結晶〈ミツボシ〉

 術士のHPと攻撃力を150アップ。
 聖夜のプレゼントさん!?
 数の多い術士をまとめて強化できるのは良いが、コスト30は何気に痛い。コスト5で術士100アップのサプラーコアもあまり使われていないし、聖夜のプレゼントと武烈陣が術士強化結晶としてあるためさらにこれまで必要になる状況は考えにくいか…。

LtoL

 6月10日に公開されたおせにゃん#99にてUHGの精霊の中でも進化が遅れているエッタ、エリス、リルム、ソフィの4体とウィズセレクションのA精霊であるリルム、ユピナ、ラーミナがLtoL予定と発表されている。ウィズセレのソフィがないのはお金が足りなかったからかな?
 2017年のUHG開催時(2017年11月頃)に当時としても微妙過ぎるLtoLをしたUSGではなく、何故UHGのLtoLがされるのか疑問視する声が多数あった。たぶん大進化解放祭のツケだと思うんですけど。
 また、ティザーサイトで使われている3周年エッタの立ち絵を見て2017年4月頃に微妙過ぎるLtoLをして以来放置されている3周年エッタのLtoLを望む声も多少あった。
 週をまたいで6月16日にLtoL。UHG勢はエリスがなぜか単体から分散攻撃になるという謎進化を遂げ、リルムが去年の大進化解放祭で進化したアーサー&アリオテスと同じ進化を遂げたせいで、ラディウス型と比較されなんでこんなことに…と残念な烙印を押される。たぶん大進化解放祭の(ry
 ウィズセレ精霊は全体的に使いやすくなったのだが、ユピナが魔改造どころではなくもはや原型どこだよ!というレベルの進化を受けた。そのせいで相対的に他の精霊があまり注目されない結果に。元が酷すぎただけとか言わない。

余談

タイトルの略称

 アルティメット何たらガールズ、略してU○Gというのがこのシリーズの伝統?だが、「宇宙」のキーワードだけで正式タイトルが不明だった開催前には、プレイヤー間では略称がどうなるのかと話題になっていた。
 アルティメットスペースガールズだとUSGで被ってしまうし、それならばコズミックかギャラクシーかユニバースかあるいは別の何かなのかと百家争鳴だった。
 10日におせにゃん#99でタイトル紹介がなされ、略称はUPGで落ち着いた。いやあ良かった良かった。何の話だこれ…。

 …ちなみに実はティザーサイトのURLがupgなので最初から公式略称は落ち着いてたりする。ugpyじゃないぞ。

関連項目