トレーニングにおいて注意していることや、種目ごとの狙いについて、動画や写真を用いながら紹介します。

シュラッグ

概要
僧帽筋をほぼ単体で狙う種目です。
デッドリフトでも十分僧帽筋に刺激が入りますが、何かの理由でデッドリフトができない場合や、より細かく種目を分けてトレーニングしたい場合には選択肢に入ります。
バーベルを使うやり方とダンベルを使うやり方があります。
狙いたい筋群
・僧帽筋
・菱形筋
参考動画

動作解説
シュラッグでは、首をすくめるようにしながら肩を挙上することで、僧帽筋を収縮させるが動作の基本になります。
ボトムで完全に僧帽筋をストレッチしてもよいですし、あえて途中で止めて負荷が抜ける瞬間を作らないようにするのもいいと思います。
バーベルの場合はオーバーグリップで行い、ダンベルの場合は、手の平をうちに向けて、体の横にダンベルを保持する感じで行います。
僧帽筋は強い筋肉なので、比較的重量を扱うことが可能な種目ですが、やはり最大収縮をさせる必要はありますので、自分の扱える重量を正しく把握する必要があります。
注意点
首をすくめる動作ばかりに意識が行かないようにし、肩を挙上することを大切にする。
ボトムで力を抜かないように気をつける。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

胸の種目

種目を見る

背中の種目

種目を見る

肩の種目

種目を見る

腕の種目

種目を見る

脚の種目

種目を見る

腹の種目

種目を見る

減量について

大会前の調整

管理用

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます