mahuyuchanのトレーニング種目解説 - トップページ
このページでは筋力トレーニングの種目について、管理人が注意している点やトレーニングによって狙っている効果をまとめています。
指導者がいない場合はトレーニングは自己流にならざるを得ないですが、その際の手助けになれればと思ってwikiを作成しています。
いくつかwikiに関する注意点がありますので、種目説明を読む前に一読していただけたらと思います。

注意点

1. フリーウエイトメインです

管理人は現在、フリーウエイトしかほぼない施設でトレーニングをしています。
(2019年8月現在、マシンの豊富なジムでトレーニングするように変わりました。)
マシンのあるジムでトレーニングする機会は週1回あるのですが、そこでは写真撮影ができないため、ここで紹介する種目は基本的にはフリーウエイト種目です。
バーベルとダンベルに加え、プーリーを使ったものも写真を撮ることができるため、それも紹介します。

2. 管理人は巨大なフィジークの持ち主ではありません

管理人はトレーニングが趣味であるとはいえ、巨大なフィジークの持ち主ではありません。
一般人から見れば大きい体かもしれませんが、ボディビルの世界で言えば下の上から中の下といったところです。
細い体から、試行錯誤して現在まで成長したことを評価していただけたらと思います。

3. 独自の見解があります

基本的にトレーニングは科学的な視点から正しくおこなうべきですが、管理人は科学的ではない根性のトレーニングが好きです。
すべてがそのようなトレーニングではないですが、中にはそのようなやり方も出てきますので、頭に入れておいてください。

Seesaa Wiki関連リンク