日立MB-S1に関する情報

グラフィックRAMへデータを書き込むときは、BMSK-COLORレジスタのBMSCビット(ビット7)と、ACTIVE-PLANEレジスタのDWビット(ビット3)の組み合わせにより次に示す直接または間接書き込みの3つのモードが選択できます。
BMSCDWモード
00ACTIVE-PLANEレジスタの下位3ビット(G、R、B)で指定したグラフィックRAMへMPUからの直接データを書き込む。ただし、ACTIVE-PLANEレジスタのB、R、Gの各ビットが共に"0"のときはグラフィックRAMへのデータ書き込みは行わない(直接書き込みモード)
01ACTIVE-PLANEレジスタの下位3ビットで指定したグラフィックRAMへグラフィック色レジスタ(B-REG、R-REG、G-REG)の内容を書き込む。ただし、ACTIVE-PLANEレジスタのB、R、Gの各ビットが共に"0"のときはグラフィックRAMへのデータ書き込みは行わない(間接書き込みモード)
1-ACTIVE-PLANEレジスタの下位3ビットで指定したグラフィックRAMへ次に示すデータを書き込む(ビットマスク書き込みモード)
-データバス(MPUからのデータ)が"0"のとき:グラフィック色レジスタの内容
-データバスが"1"のとき:BMSK-COLORレジスタの内容

|

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます