まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

699名無し募集中。。。2018/01/06(土) 00:54:12.370

みやびちゃん視点


ベッドに大の字に寝転んでスマホをいじっていたら、
なにやらご機嫌らしいももが ぼふっ!って乗ってきた。

「うげっ!重った、!」

でもこの重苦しさも幸せのうち。
即座に両手と両足を使ってももを抱きすくめる 。

うん、やっぱちょうどいいサイズ感。

ちょうど収まるなぁー

"ももこだきまくら"だ、気持ちいい〜


ぎゅーってそのまま抱き締める。
この抱き心地…この体は絶対みやのためにできてるよね?

「ん〜!!き!も!ち!いい! ももこぉ〜」

「これ、だ〜れがももこだっこの!」

「ももこはおまえだーももこおー!」

くくくって変な笑い方してるもも。

けらけら笑いが止まらない。

700名無し募集中。。。2018/01/06(土) 00:54:47.510

いやほんと、このままずっとこうしてられる。

抱き枕にこしょこしゃされてひゃはははって逃げながらじゃれあっていたら目がふいに合って、

ニタァってなんか悪〜い笑い方をしたもも。


ちゅちゅちゅー!って素早く三回くらいデコルテにちゅーされた。

いやん!なにいまの、鳥みたいなの…可愛い…。


「そこ好きだねもも」

「うん、」
って言いながらまたちゅっ。


あの、さすがにそんなに触れられると、ちょっとむらむらしてくるんですけど。

分かっててやってんのかなぁー

ニヤニヤしてるもんなぁ、たぶん、分かってるんだ。


触れて来る柔らかな感触に思わず脚がモゾって動いちゃって、

すぐにピタッと止めた 。


やば、何してんだ私

さすがにこの動きはよくない

おふざけ空気がいっぺんに消えてしまうところだった。

ちゅってもものツルツルのおでこにチューを返して、

「はい寝よう」

みやはまた逃げました。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます