まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

元ネタ:2018/9/16の雅ちゃんのインスタより
---
98名無し募集中。。。2018/09/16(日) 13:40:31.110


−−−−−−


「みやそろそろ行くからね」

部屋から出て、リビングに向けて放った言葉に返事はない
まあ、そんなことだろうと思ったけどさ

「もも」

リビングに入って左側
2人掛けのソファーに、ももはころんとまるまってる
目は瞑ってるけど、口はしっかり閉じてるからこれは寝てない
多分、いや確実に、拗ねてるんだぞってアピール

「もーも、前から言ってたじゃん」

ソファーの前にしゃがみ込むようにして、ももの頬をツンツンする
もぞもぞと動いたかと思ったら瞼が上がって、じろりと睨むようにして見られた
怖っ、そんな顔しない方がかわいいのに

「ごめんって、なるべく急いで帰ってくるから......拗ねないの」

「...別に、拗ねてないもん」

あっ、そう?なら行くからね
さっきまでお昼寝していたせいでボサボサしたももの髪の毛を一撫でする
そのまま立ち上がろうとして、...できなかった

「ちょっと、もも」

「んー?」

「離して、みや行く時間」

みやの言葉なんてお構いなしに、ももが掴んだ右手をふにふに弄りだす
ももの小さな手にむぎむぎされる
そのまま指先を口に含んで、柔らかく噛んできたり
ほんと、素直じゃないんだから

99名無し募集中。。。2018/09/16(日) 13:41:22.210

「やっぱり寂しいんじゃん...っい"っ!!ちょっともも!」

慌てて右手を引っ込める

「あ、ちょ、ごめんっ、そんな痛かった?」

ももがあたふたしながらみやの手を覗き込んでくる
血、出てる
呟いてから、クローゼットから救急箱を取り出してきて絆創膏を出してる
さっきまでぽやぽやしてたくせに、あまりに俊敏な動きに笑ってしまう

「血滲んでるけどそんなに痛くないし、大丈夫だよ」

ももの手を止めようとしたけれど、かわされる

「いい、ももが貼る」

今日はなんでこんなに意地っ張りなんだろ
みやの指に絆創膏を巻き終わったもものほっぺをつまんでみる

「あの、ほんと、...ごめんね」

怒られる前の子供みたいなしょぼんとした瞳でそんなこと言ってくるから、また笑いそうになる

「いいよ、遅れちゃうからもう行くけど...帰ってきたら、ちゃーんと甘えさせてあげる」

にひって笑って、ももの頭をもう1度撫でると、みるみるうちに耳の先が赤くなるのがわかった
ほんと、かわいい奴

溢れるままに抱きしめたら、ももの手がおずおずと背中に回される
ももが昔から甘え下手なのも、反射的に気持ちが先走っちゃったりするのも、みやは知ってるし

噛まれた指は少しジンジンするけど
お返しに、後でいっぱい愛してあげる

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます