まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

481名無し募集中。。。2020/04/12(日) 03:49:12.290>>483

渋谷からちょっと歩いた大通り沿い、ガラス張りのスペース。
それが、よーちゃんが探してきてくれたポップアップストアの場所だった。
あんまり広くない方がいいな、ってみやの希望通り、どこからでも全部見渡せるくらいでいい感じ。
でもガラス張りだから、あんま狭いって思わないのもいい。
ぼんやり外を見たら、パパとママに手を繋がれたちびっ子と目が合った。
あれ、初詣っぽい。そっか、まだ世間はお正月休みだっけ。

「ど? 気に入った?」
「めっちゃいい」
「そーか、よかった」

くるって振り向くと、がらんとしたスペースの真ん中に立つよーちゃんが目に入る。
全身黒っぽいコーデでざっくり髪をまとめたよーちゃんは、いつもよりずっとずっと細く見えた。

「店内の装飾、今日の午後には納品されると思うから。細かいところ詰めような」

ふふん、って笑うよーちゃんは、自信たっぷりで、楽しそうだった。
気合いの入った黒シャツ、仕事モードの時にしか着ないの、みやは知ってる。

「あー……そう、だよね」
「どうした?」
「や、なんでもない」

肩をすくめたよーちゃんが、「何さ?」って言いたげなのが分かる。
でもたぶん、言っても苦笑されるだけだと思う。
実感なんて全然わいてないし、何ならまだ夢の中なのかな?って気分だって。
洋服では一回やらせてもらったけど、今のコスメブランドはもっと小さいところから育ててきた感じだからさ。
本当、よーちゃんいなかったらいろんなことが実現してなかった。

「よーちゃん」
「んー?」
「ありがと」

Macを開きかけてたよーちゃんが、ぱたんとそれを閉じる。

「まだ早いよ、みやび」

これからだろ、って親指立てるよーちゃんは、めちゃめちゃ頼もしかった。
あの日、ももんちにいきなり呼ばれて行った日の帰り道と同じみたいに。

483名無し募集中。。。2020/04/12(日) 03:50:41.370


よーちゃんが迎えに来てくれたのは朝の9時くらいだったっけ。
さすがにももは起きる気配がなくて、しみちゃんがしょぼしょぼした目のまま玄関まで送ってくれた。
車の中で「ありがと、ごめんね」って言ったら、よーちゃんは運転席であっさり笑った。
「気にすんなー」って笑うよーちゃんは、嘘とか言わない人だからきっと本音なんだろう。
チッチッて鳴り始めたウインカーの音聞いて、なんとなく今なら言えるって思ったのを覚えてる。

「あのさー」
「んー?」

指先にもものあばらの感覚が残ってる。
ほっぺに当たったふわふわした髪の感触を覚えてる。
よーちゃんとホットワイン飲んだ夜に聞いた歌が頭の中で流れる。
とととっ、て胸のあたりが震えた。

「ちゃんとさー、頼ってよって、言えた……と思う」
「……そりゃー成長だね」

そう言いながら、よーちゃんはぐいーってハンドル切った。


お昼を過ぎると、よーちゃんが言った通り、次から次へといろんなものが運び込まれてきた。
棚や看板は前使ってたやつ。敷き布はいつか使いたいって思ってたやつを引っ張り出してきたのもある。
あと、みやのお気に入りは、壁に貼る予定の親猫と子猫が向かい合うシルエットのステッカー。
鳴き声で「miaow!」と「mew!」って吹き出しをつけんの。可愛くない?

「あ、それはもう少し右で——」

よーちゃんが指示出ししている横顔から目を外して、くるっと周りを見渡してみる。
スペースをふんわり二つに区切って片方は大人向け、もう片方は子ども向けの商品を配置することになっていた。
はっきり区切りたくないって言ったのはみや。背伸びしたい子も絶対いるって思ったから。
大きくなったらこれつけたい、って憧れて買うコスメもすっごくいいでしょ。

「あれ? みやび、あれって」

よーちゃんが指差した先で、両手をぶんぶん振ってる二人組が目に入る。
何あれ、めっちゃ目立ってるし。

「なんだっけ、にへーさんとこばやしさんだっけ?」

「元気だねー」ってよーちゃんが呑気に笑う。
さっきよりめっちゃ吹雪いてきてるし、あの中で手振ってんのは元気だわ。
今日準備日って言ってたの、覚えてくれてたのかな。

484名無し募集中。。。2020/04/12(日) 03:51:33.380

「うわー! みやちゃん、よーこさん!」

お店のドアを開けてあげたら、二人がパタパタってかけ寄って来た。
赤ちゃん抱っこしたにへちゃんの後ろから、ひかちゃんがひょっこり顔を覗かせる。

「ちょっと、差し入れでも持って行こうって話になって」
「うわ、ありがとー」
「これ、よかったら」

ひかちゃんが差し出してくる紙袋は、マカロンで有名なお店のロゴ。

「ごめん、中ちょっとごちゃごちゃしてるから」
「良いですよ、結構コート濡れちゃってるんで」

ひかるが自分のコートを広げてみせる。
確かに、雪で濡れて結構まだらに色が変わっちゃってる。

「おー、雪、結構降ってんですね」
「うわ、ほんとだ」

見上げた空はグレーで、大っきめの雪がボロボロ降ってくる。
お昼前にはまだちらほらくらいの雪だったのに、今はちょっとした吹雪みたい。
よーちゃんが言うには、夜になるにつれてもっとひどくなるらしい。

「ありがとね、寒い中」
「いいんですよー、そもそも予定あったんで。お邪魔しちゃ悪いんで、顔出すだけですけど」

にへちゃんが抱き直した娘ちゃんのほっぺも、りんごみたいに真っ赤だった。

「今日、何時くらいまでかかるんですか?」
「んー、どうだろ。夜まではやるんじゃない?」

ひかちゃんの質問に、よーちゃんをちらっと見上げる。
「まあそうだな」ってよーちゃんは頭をかいた。
みやもよーちゃんも凝り性だから、たぶん時間があればあっただけやっちゃうと思う。

「オープンしたら、また来ますね」
「うん、招待状送るから。二人とも。あ、三人かな?」

ひかちゃん、にへちゃんって見て、娘ちゃんにも目をやる。

「みやちゃんてそういうとこ良いですよね。粋、っていうか」

にへちゃんが娘ちゃんの被ってるニット帽を撫でながら、にーって笑う。

「え、粋?」

みや的には普通かなって思うんだけど。
よーちゃんが後ろでぷって吹き出す音がする。なぁんで笑うかな。

「いいよ、作ろ。三人分」

笑ったままの声で、よーちゃんはそう言った。

485名無し募集中。。。2020/04/12(日) 03:52:17.440


くあ、てよーちゃんが欠伸するのが聞こえる。
スマホを見たら夜の21時過ぎだけど、みや達はまだお店の中にいた。
あれもこれもって気になり始めたらとことん凝っちゃうんだよね。
でもこういうの、学園祭前みたいでわりと悪くない。

「ちょっと休む?」
「んー、もうちょっと」

Macの画面を眺めたまま、よーちゃんの長い指がパラパラ動く。
まるでピアノでも弾いてるみたいに、きれーな指。

「何か飲み物買ってこよっか」
「ん。コーヒーのブラック」
「おっけ」

よーちゃんの声に送られて、みやは店の外に出た。
踏み出した靴底がびちゃって音を立てる。わー、雪積もってんじゃん。
こんなに降るの、東京だと数年ぶりとかなんじゃない?
ちょっとテンションが上がって、みやはぴょこんってステップ踏んだ。

「はー、さーむ」

ほわほわ消えていく白い息。
近くのコンビニまでは5分くらいだから、信号待ってる間もそんなに辛くない。
雪の向こうに見える信号機を眺めてたら、ポッケに入れたスマホがブルブルって震える。
取り出したスマホに「もも」って表示が見えて、ざわってみやの全身に鳥肌が立った。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます