まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

567 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/11(土) 16:36:49.67 0

お風呂上がり、ベッドサイドに並んで二人きり。
すでに電気は消えていたけれど、ぼんやりとした輪郭は見えていた。
こつん、と手が触れたのにびっくりしてお互いに見つめあって。
指先は、どちらからともなく絡まった。
その温度を確かめるみたいに握って、握り返されて。
持ち上げた視線はかちりと合わさる。

——こっち、来てほしい。

たぶん、みやも同じことを思ってる。
お互いにちょっとずつ距離を詰めたら、おでこがぴたりとひっついた。

「もも、ちょっと熱い?」
「みやも、じゃない?」

みやの唇からこぼれた吐息は、熱くて甘くてとくとくと鼓動が早まる。
おずおずと顔を傾けたら、みやが柔らかなキスをくれた。
くっついて、離れてを何度かくり返されて、誘うように頬に手が触れた。
ちょうだい、そう言われた気がして、今度はももから唇を迎えに行った。
しっとりとしていて、ふにゃふにゃとした感触。
わき上がった気持のままに舌先を差し出したら、みやの体がぴくりと震えた。

そこで、そっと距離を置いて。
ゆっくりと、見つめ合う。
触ってほしくて。
待ってなんかいられなくて。
きっと、それはみやも同じだった。
もも、と呼ばれたから、頬に口づける。
くすぐったそうなみやの微笑みに、じんわりと体に満ちる温かさ。
たまらなくなって、みやの頭をそろりと撫でた。
でも、それだけじゃ、ちょっと寂しい。
みやの手を取って自分の頭に導くと、察してくれたらしいみやの手のひらが優しく動き始める。
どうしてこんなに心地良いんだろう。
みやだから?

568 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/11(土) 16:37:41.36 0

そんなことを考えていたら、きゅっと頭を抱えこまれた。
なんとなく、言いたいことは分かる。
二人とも、きっと同じ気持ちだから。

「もも、」
「……して、ほし?」

頭に回された腕の力がちょっと強まる。
顔、見られたくないのかな。
でも、みやが小さく頷いたのはちゃんと伝わってきたから。

「みや、ちゅー」

短くそう言うと、ようやく少しだけ力が緩められる。
鼻先が触れ合うくらいの距離で、一時停止。
みやの瞼が閉じられるのを感じて、ももはそっと唇をみやのそれに合わせた。
お邪魔します、と合図を送ると、するりと受け入れられる舌先。
温かくて、湿っていて、それはどことなくみやの中を連想させた。
みやと出会って、戯れるように絡み合って。
誘うように引っこんだら、それを追いかけて今度はみやがももの中に。
みやが触れた場所は、どこも全部痺れたようになる。
その間もずっと、お腹の奥が疼いて止まらなくて。

「……はぁっ、ん」

もう、自分の体重を支えていられなかった。
支えを失った体は、みやの腕に抱えられてくったりとベッドに横たえられる。

「……もも、かわい」

まだ荒い息のまま、みやがそう囁く。
ももの大好きな、みやの声。
それが耳から伝ってきて、脳みそが溶けちゃいそうだと思った。

「ん、みやも」

みやが照れたように、嬉しそうに、声を漏らす。
かと思ったら、きゅっと抱きすくめられていた。
みやとくっついているところ、全部から好きが伝わってくる。
ああもう、これだけでドキドキして止まらない。
みやの指が、パジャマのボタンを外すために伸びてきた。
同じように、みやのボタンにも手をかける。
お互いに、若干のじれったさを覚えながら脱がせあった。
上も、下も、素肌で触れ合うのにいらないものはベッドの外へ。
待ってましたとばかりに腕の中へ飛びこんでくるみやを、しっかりと受け止める。
お風呂に入ったばかりの肌はさらさらとした感触だった。
直に伝わる熱に、愛おしさがあふれて止まらない。

569 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/11(土) 16:38:48.41 0

ねえ、と催促されて、いいよ、と答えた自分の声もちょっとだけかすれていた。
くるりと入れ替わって、みやを見下ろす形になる。
潤んだ瞳に誘われて、首筋に口づけた。
そのまま下りていって、鎖骨へ、肩へ、胸へ。
ちゅ、と軽く音を立てながら移動していく。
たどり着いた場所、ふくらみの先。
そっと口に含むと、みやの背中が大きくしなる。
自分の与えた刺激を受けて、素直に震えるみやの体が嬉しくて。
途切れ途切れに聞こえるみやの声の甘さに、体の奥がじんと痺れる。
収まっていたはずのお腹の疼きが、再び蘇ってきた。
じれったくて、ももだって、触ってほしくて。

「もも、よゆー、ない?」

息も絶え絶えに、みやから投げかけられる問い。
みやも余裕なさそうなのに、そういうことは伝わっちゃうのなぜなんだろう。
急に頬が火照って、言葉にするタイミングを逃してしまった。
でも、もう抑えられない。
シーツを握りしめていたみやに手を添えると、みやがふわっと笑った気がした。

「ぁ、んっ、みやっ」

みやの触れ方は、あくまで優しい。
でも、そんな些細なことでさえも、勝手に声が口から漏れる。
これじゃ、触ってほしかったの、丸わかりで。

「かわいい」
「……むぅ」

恥ずかしいのに、可愛いとかそういうこと、言うのずるい。
いっつも言ってくれないのに、こういう時だけ、本気な顔で。

「みやだって、かわ、ぁ」

ふくらみの先が、みやの手のひらにゆるりと撫でられている。
胸を包む温かさと、ゆるゆるとした刺激の両方に、体の芯が熱くなった。

「もも、今日、敏感?」
「……分かんない」

二人して、せっぱつまった顔。
なおもゆるゆると動かされるみやの指に、腰が抜けそうになるのをこらえた。

570 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/11(土) 16:39:23.19 0

「もも、……みや、にも」

知らない間に、手が止まってしまっていた。
ごめんね、と小さく謝って、手の動きを再開させる。
ちょっとだけ体を動かそうとして、不意に触れてしまったそこ。
膝頭には確かに濡れた感触があって、思わず顔を上げる。
さっきよりも赤く染まったほっぺに、向こうへと逸らされた視線。
ちゃんと感じてくれているんだ。
それだけで、十分だった。
何度この行為をくり返しても、この瞬間はいつだって嬉しくてたまらなくなる。

「あっ、もも、そ、こ……んっ」

そうっと三本指をそこに当てたら、みやの腰が押しつけるように動かされた。
入口を撫でていた指先は、ももを待ちわびるその内側へ。
ぬるりとした体液のおかげで、なんの抵抗もなく二本が収まった。
きゅう、とすがりつくように締めつけられる感覚に、胸がいっぱいになる。

「んぅ、ぁ、ももっ、もも……っ」

みやに包まれて、ちょっと窮屈なまま前後すると、みやの体がその度に震えた。
ももって呼ぶ声に、艶めいた吐息に、耳の中が溶かされる。

「すき、みや、すき……ぁっ」

すきが体中に満ちて、止まらなくて。
でも、同時に、切なくて、みやを求めていて。
そう思った瞬間、下へと与えられる新しい刺激に視界が瞬いた。

「みや、ぁ、もっ、すき、ぃ」
「ぁっ、み……ゃ、んっ」

みやの指は、一番触ってほしいところに添えられていた。
弱々しく押されているだけなのに、ぞくぞくとしたものが這い上がる。
それでも、達してしまうには足りなくて、でも、みやもだいぶ限界らしいと分かって。

「みや、ぁ、あとで、ちゃんっ、と、ぁ」

——ももにも、して?

最後の方は言葉にならなかったけれど、たぶんみやには伝わったと思う。
みやの両腕が、すがりつくように背中に回ってくる。
すき、すきなの、みや。
ただ、みやを気持ち良くさせるためだけに動く。
心はそれでいっぱいだった。
もう、と声が聞こえて、ぐっと指先に力を込める。
中に差し込んだ指先が一層強く締めつけられて。
ガクガクと大きく腰が跳ねて。
みやの体は、どさりとベッドに受け止められた。

571 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/11(土) 16:39:43.37 0


小刻みに震えている内側が可愛くて、終わった後しばらく差し込んだままにしていたら、抜いて、と言われた気がした。
素直にしたがうと、みやの指先がいきなり中へと入ってくる。

「ああぁっ……!」

一度昂まってしまった体は、そう簡単に冷めるわけもなくて。
みやの指を感じた瞬間、さらにじんわりとあふれたのが分かった。
不意の刺激に体は支えを失って、上半身をみやに預ける。

「ごめ、ん、このまま」
「う、ん、ぁっ、みやっ」

起き上がるのも気だるい様子のみやに、こくこくと頷いた。
もう待てない、早く早くと体の中で熱が暴れる。
それを静められるのは、みやしかいないから。
みやの首周りにある隙間から腕を回して、後はもうされるがまま。
ただ、前後に動かされているだけなのに、体はひとりでに反応した。
ももだって、限界が近かったのは同じで。
上りつめるのは、簡単だった。

ぐらりと横に倒れる体を受け止めて、ベッドのスプリングが大きく弾む。
呼吸を整えようと息を吸って、吐いてってしていたら、みやにおいでと囁かれた。
ベッドの上に投げ出された腕に頭をのせると、みやは満足げな声を上げる。
もっと、くっついてもいいかな。
お腹あたりに腕を回したら、みやからも抱きしめ返される。
隙間なんてなくなっちゃうくらい、ぴったりと重なった肌の温かさにほっとした。

——おやすみ、もも。

言いながら、後頭部を撫でる手のひらは、とても優しくて。
おやすみ、と何とか返したあたりで、すう、と意識は自然に落ちていった。


おわりy

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます