まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

730 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/05/31(水) 17:36:39.20 0
@miyaaa0825pink
毎週金曜21時更新YouTube番組「アプカミ」
Buono!の映像があるんだけど、、ハイタッチするシーン、、、マジで笑ったwww
😂ももとあいりとハイタッチできなくてグーにしとる✊笑笑
up-front-works.jp/upcoming/

756 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/05/31(水) 21:08:18.63 0

『みやのTwitter見た?』

愛理からのメール。
わざわざ送られてきたその薄い内容。
何かそんな重要な事をTwitterにあげたのかと慌てて確認した。
画面を見て脱力する。
ちらっと隣でスマホをいじっている雅に目線をやる。
いつもと変わらない様子の雅。
ついでにアプカミの件の映像もチェックしようと動画を再生した。
ちょうど初恋サイダーの鈍感のところで肩にズシリと重みを感じた。

「やっぱり鈍感なのはももだよ」

耳元で不満そうに呟く雅。
動画を一時停止にして雅の方を見る

「そんなにハイタッチしたかったの?」

「そうじゃないけど普通するでしょ」

ちょっと拗ねたような表情。
手を伸ばされ止まっていた動画が再生される。

「この流れでしないなんて普通ないじゃん」

本当に気づかなかった雅の行動。
誤魔化すように握られた手。
あの時、気づかなかった自分を責めたくなる。

「ごめんね気づかなくて」

強がるようなTwitterの笑ったの言葉が浮かぶ。

「ほんとなんで気づかないかなぁ。でもこれ何度見ても笑えるわ」

声は楽しそうでも間近にある目は少し潤んでいた。
明らかな強がり。
申し訳ない思いが込み上げてくる。
それでもそれを上回る感情。

「もーみや、かわいい!」

目の前にいる雅をぎゅっと抱きしめた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます