まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

201名無し募集中。。。2019/08/31(土) 13:54:43.320

「ふはっ、懐かし」

思わず出てしまった声に、ソファーに座るももをチラッと伺う。
ももは相変わらずノートを見ていて、気にしてないみたいだった。良かった。
ねぇ聞いた?良かった、だって。
そんな風に思えるようになるなんて、数年前の自分は想像してなかったな。
ちょっとしたことでイラッとしたり、落ち込んだり。忙しなかったな〜。
それも、懐かしい。

帰ってきてから、ふと思い立ってベリーズのライブを見始めた。
みやは、今日で27歳になった。
映像の中で歌って踊る自分と今の自分。変わったかな?変わったよね。多分。

ももとのMCの場面が流れてきて、それを見たら声が出ちゃって、今に至る。
リモコンの一時停止ボタンを押して、ももの隣に座った。

「さっきからなに見てんの」
「んー?明日、家庭訪問があるから」

ももが持ってるノートを覗き込んだら、びっしりと文字が並んでいて、軽く目眩がした。
1つ1つの項目の頭には、子供たちの名前が書かれている。ももが担任を務めるクラスの生徒らしい。

「うちの子達ね、たっくさん個性があってかわいいんだ〜。それを簡潔に、だけどしっかり親御さんたちに伝えたくてさ」

ノートをよく見ると、授業中だけじゃなくて休み時間の様子とか、友達とのやり取りで感じたことも箇条書きにされていた。
ももは唇を尖らせて、真剣な顔。時折微笑んでは、赤ペンで印を付けたり、何やら書き込んでいる。
あー、好きだなーって思う。

その様子をじーっと見てたら、不意に顔を上げたももと目が合った。
その瞬間、なんだかあったかくてくすぐったい感情が湧き上がってきて、思いきり抱きついた。

「ちょ、みや、どしたっ?」
「なんか、ぎゅーしたくなった」

なにそれって笑いながら、ももが頭を撫でてくれる。

202名無し募集中。。。2019/08/31(土) 13:58:47.390

「さっきのケーキ、美味しかったね」
「うん。もものお誕生日もあれ食べたい、みや買ってきて」
「えー。プレゼントくれなかったしどうしよっかなー」

冗談っぽく言ったら、みやの頭を撫でるももの手が止まった。
気になって体を離したら、ももが申し訳なさそうな顔してこっちを見てた。違う、そうじゃないから。

「ごめん、誕生日の日まで仕事のことばっかで」

ももは落ち込んだように眉毛を下げながら、ノートを閉じてテーブルに置いた。
こっちに向き直ったももが、真剣な顔になる。

「みや、お誕生日おめでとう」

改めて言わなくてもいいのに。でも、嬉しい。ありがとって小さく笑ったら、もももふにゃって笑った。かわいい。
どうしようもなくて、またももに抱きついちゃった。
気持ちが溢れると、なんか無性にぎゅーってしたくなるの、わかる?
犬みたいに尻尾があれば、ブンブン振るだけで気持ち伝わるのになー。

「ももちの"ち"ね」

ももの胸元に顔を埋めて、甘い匂いをたっぷり堪能した後で、顔を上げて言った。ふふん、からかってやる。

「え、なに?なにいきなり」
「だーかーらー、ももちのちから始めるんでしょ?」

ももは困惑した顔で、まじまじとみやの顔を見つめてくる。ほんと鈍感。
仕方ないから、一時停止したままのテレビ画面を、目線だけ動かしてチラッと見る。
つられるようにももも画面を見て、あ、って顔した。やっと気付いたか、遅いわ。

203名無し募集中。。。2019/08/31(土) 14:02:19.870

おねだりするように、ももの首筋におでこをぐりぐりしてみる。
もう1度顔を上げると、ももの顔は真っ赤だった。こういうことは恥ずかしがるの、愛しいな〜。

「ももー?」
「…ち、…し…ぃな〜…」
「んー?みやちゃん聞こえなーい」

にひって笑ったら、ももの顔がさらに赤くなった。
照れたように顔を横に逸らされて、そのせいで髪の隙間から覗いた耳がかわいい。かぷってしたい。

「もーもちゃん」
「……」

ももの染まった耳の先に指でそっと触れたら、ピクってして顔をこっちに向けた。
目を見つめて、微笑む。
きゅって引き結ばれたももの唇が、緩むのが分かった。

「……ちゅーしたいなぁ…?」

消え入りそうな声だったけど、ちゃんと聞こえた。
ケーキ準備してくれただけでも嬉しかったよ。ももの誕生日も楽しみだね。また一緒に食べようね。
その前に、プレゼント貰えなかったみやのこと、

「慰めてほしいなぁ?」

とびっきりの甘い声で囁いて、ももの唇にキスをした。
ももがプレゼントってことで、貰っちゃお〜

「大好き」

息継ぎの間に伝えて、また口付ける。
鼻に抜ける吐息が熱くて、クラクラした。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます