まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

304名無し募集中。。。2019/09/05(木) 01:04:00.480

「……あっつ」

耳に届いた自分の声は、めちゃくちゃ不機嫌だった。

「ん……ぅ」

息が苦しい、気がする。え、何これ、おっもいんですけど。
肩をひねろうとしたみやは、ずっしりした重たさに阻まれた。
あー何かにのしかかられてるんだって思った瞬間、首のあたりにふわふわしたものが当たる。
くん、て香るのは、ちょっぴり甘いミルクみたいな柔らかい匂い。みやの大好きな匂い。

「……もも?」

呼びかけてみたけど、みやの上に乗っかった熱は全然動く気配がない。
みやが寝る前にかけてた毛布の代わりに、ももがみやの体をぴったりと包んでいる。
ももの方が体温高くて、じわっとお腹のあたりが温かい……のは、良いんだけど。
ちょっとさ、さすがに重たいわけ。
寝返りを打とうとして、ふと自分の手がぎゅって掴まれてることに気がつく。
掴まれてるっていうか、ももの両手にがっちり握られてるっていうか。
しかも、指先がなんでかしっとりしてるわけ。

「あー、また」

ぴくん、て動かした指先が、ふにゃっとしたものに触れる。
ちょっと湿ってるそれは、たぶん……ももの舌。
前もあったんだよね。ももがみやの指しゃぶりながら寝てたこと。

「もう……」

ももにくわえられてる方の指をを引こうとしたら、ぎゅってももに握り返される。
寝ぼけてるはずなのに力強すぎでしょ。

「もも、もーも」

握られてない方の腕を何とか回して、ももの背中をトントンって叩く。
小さく呻き声がしたかと思ったら、ちゅ、って指先が吸われた。

305名無し募集中。。。2019/09/05(木) 01:04:29.080

「もーも、ももちゃん、起きて」
「ゃ……」
「もも?」

ふんわり目覚めてきたのか、みやの鎖骨にももがぐりぐりとおでこを擦り付けてくる。
ようやく解放された指先は、シワシワになってた。
マジで、いつから吸われてたんだろ。

「み、ゃ……?」
「うん」
「もぉ、ねてた……?」
「ん、ねてたね」

うー、ってふにゃふにゃの声を上げながら、ももが目を擦る。
舌ったらずなもも。だめだこれ、完全にねぼすけさんじゃん。

「ねえ、みや喉乾いたんだけど」
「ゃ……」

お腹のあたりが軽くなったかと思ったら、ぎゅーってももがしがみついてくる。

「ちょっとキッチン行くだけ」
「ちょっと?」
「ちょっと」
「ほんとにちょっと?」
「ほんとにほんと。ちょっとだから、ね」

ちっちゃい子をあやすような気持ちで、ももの背中をぽんぽんと叩く。
だんだんとももの力が緩んでくるのを感じながら、みやはゆっくりとももの腕から抜け出した。
早くね、って拗ねた声でももが言う。言われなくたって、速攻で戻るから。

306名無し募集中。。。2019/09/05(木) 01:05:05.110


お水を持って戻ってきたら、ももは毛布を抱っこして待っていた。
戻ったよって気持ちを込めてほっぺにキスをしたら、ももが首に腕を回してきた。
きゅーってももに引き寄せられるまま、触れるだけのキスをいっぱいかわす。

「おみず、いる?」
「いる」

ペットボトルをほいって手渡すと、ももはそれを両手で掴む。
なんだか危なっかしく思えて、みやはその下にそっと手を添えてあげた。
ももの喉がこくこくと音を立てる。なんだ、ももも喉乾いてたんじゃん。

「……も、いい」

ももに押し返されたペットボトルをサイドテーブルに置くと、それを待ってたみたいにももがみやのお腹に抱きついてくる。

「なぁに、あまえんぼ?」
「ちがうもん」

そうは言うけど、ももはがっちりしがみついて離してくれそうにない。
はいはいって言いながら、ももの頭を撫でてあげる。
ももは心地良さそうに、猫だったら喉でも鳴らしそうな勢いで甘えた声を出した。

「昨日は遅かったの?」
「ちょっとだけね」
「そっか。おつかれ」

腕の中で、ももが小さく頷く。
ももだけお仕事で、みやは明日早いから先に寝ちゃうねってメールしたのが昨日の夜。
別々に寝るのは今までにもあったけど、寂しくさせちゃったかな。
最近はももの仕事が立て込んでたのもあって、たぶんちょっとだけ溢れかけてたんだと思う。
ももの、バケツの水。

「知ってるよー、ももが頑張ってること」
「……ん」

ももの声がちょっとだけトゲトゲする。
あ、照れた。

「もも?」
「……もうねた」
「あは、そっか」

自分でそう言ったら本当に眠たくなったのか、ももの腕がぐんと重たくなる。
そう感じた途端、なんだかももから漂ってくる匂いも強くなった気がした。
そしたらみやも何だか一気に眠たくなってきて。
おやすみ、って最後に言えたかどうか、よく分からないまま、みやは意識を手放した。

307名無し募集中。。。2019/09/05(木) 01:05:27.350


次の日、みやがバタバタ朝の準備をしている間に、ももは目を覚ましたみたいだった。

「夜のこと、覚えてる?」

今日の服を姿見の前で確認しながら、ももにそう聞いてみる。
まあ、返ってくる答えは想像つくんだけど。

「ん? 何のこと?」

今のもも、絶対すっとぼけた顔してる。全く、調子いいんだから。
鏡ごしにももと目が合った。ベッドに寝転がったまま、ももがみやを見てふにゃって笑う。
そのまま寝ちゃいそうじゃん。
ま、何だかすっきりした顔してるしいっか。

「今日、夕方には帰ると思う」
「ん、待ってる」
「あ、洗濯物回しといて」
「んー……覚えてたら」
「こーら」
「えへ」

ぺろりと舌を出して、ももがいたずらっ子みたいにニヤッて笑う。
そんなんで誤魔化されないんだからね。
なんて思うけど、なんだかんだで許しちゃう未来も想像つく。

「じゃ、いってき、」

言いかけた瞬間、見上げるももの目にうっすらとした寂しさが見えた気がして。
ちゃんと一人でお留守番できたら、ご褒美あげるから。
ベッドに寄り道してほっぺにちゅってしたら、ももは満足そうに目を細めた。


おわり

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます