まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

853名無し募集中。。。2018/01/22(月) 23:09:01.900

「はあっ……はあっ……」

喉を通る息の熱を感じながら、雅はベッドの中で膝を抱えて丸くなった。
開け放しておいた窓から入ってきた風が、カーテンを巻き上げる。
真っ暗な部屋の中で、窓際だけがスポットライトのように照らされた。

「……ぐ、ぅあ、ああ」

自然と山なりに反った体が、悪寒がした時のようにぞわぞわと震えた。
体の中でもう一人の自分が暴れ始める。早くしろと雅をせっつく。
ぎいぎいと悲鳴を上げるベッドに四肢をぐっと押し付けて、雅はもう一度熱い息を吐いた。


「今日、調子悪いの?」

桃子の声は、春先の突風のように雅の額を吹き抜けた。
昼休みに弁当をつついていた雅は、ハッとして箸を止めた。

「……ううん、大丈夫」

朝食を摂る傍ら、「今日は満月ね」と言った母親の声がよぎった。
まるでなんでもないことのような母親の態度を、雅は恨めしく思っていた。
精でもつけろというように、茶色いおかずばかりが並ぶ弁当。
きっと帰宅したら揚げた菓子などが用意されているだろう。
母親のお節介のせいで、既に胸はいっぱいだった。

854名無し募集中。。。2018/01/22(月) 23:09:45.320

「だってみや、今日、」
「なんでもないって。本当に」

これ以上踏み込まれたら、あっさりボロが出てしまう。
直感がそう告げて、雅は別の話題を放り投げた。
4限の講義で先生の言い間違いが可笑しかった話。
5限の小テストの勉強を全くしていない話。
どうせなら、なんでもないことを桃子と共有したかった。
雅の内心を知ってか知らずか、桃子はそこへするりと乗っかってくれた。


うぅ、うぅ、と勝手に漏れ出る低い唸り声が耳に届いた。
背骨のあたりにズキズキと何度も何度も鋭い痛みが走り、雅はシーツに爪を立てながら必死で耐えた。
全身の筋肉が、ブツブツと音を立ててほつれていく。

「ああぁっ、うっ、ぐ」

体の中心で生まれた熱は、神経を導火線にして全身を燃やし尽くそうとしていた。
痛い熱い痛い熱い痛い熱い。
体中の毛穴が開いて爪先から頭の頂点まで鈍い痺れが走り抜けた。
ああ、そろそろ終わっただろうか。
目を閉じる寸前、視界に入った自分の手が瞼の裏に焼きついた。
もじゃもじゃとした硬い毛に覆われた、変わり果てた自らの手。
何度経験しても見慣れはしない。ましてや好きになどなれるはずもない。
頭の中に収まりきらなくなった感情が、喉を震わせて咆哮となった。

——夏焼雅は、狼人間である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます