まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

170名無し募集中。。。2019/04/30(火) 23:59:58.310

――桜なんてとっくに散ってない?

久しぶりの桃子からの返信は、素っ気なかった。

「……んなの知ってるし」

白い吹き出しに浮かぶ文字。それ、雅は優に五回は視線でなぞった。
一瞬強まった風に攫われて、水滴がパラパラとスマホの画面に散る。
雅はスマホを鞄にしまうと、お気に入りの傘の柄をきつく握り直した。


ひかるや有加と平成最後の仕事を終えて別れた時には、平成も残すところ1時間。
桃子に連絡を取ろうと思い立ったことに、特に理由があったわけではなかった。
強いて言うなら、平成最後だと盛り上がる街の空気に流されたのかもしれない。
返事はあまり期待していなかったが、無性に連絡を取りたくなってしまったのだから仕方ない。
そう、仕方ないんだって。そう思いながら、雅はスマホを手に取った。

――平成最後の花見〜!

なんて、軽いノリの文章を桜の絵文字付きで送ったのが数十分前のこと。
雅の予想に反して「既読」の文字が現れた時には、雅は自分の目を疑った。

――こういうのは雰囲気が大事なの

そう送って、雅はコンビニに足を向ける。
あっけらかんとしたチャイムと共に足を踏み入れた店内では、レジ前に数人の列ができていた。
思い思いに握られた酒やツマミ。何となく名残惜しさを覚えているのは、雅だけではないらしい。

――そういうもん?
――そういうもんなの

桃子からの返事が珍しく速い。
そのことに気を良くしながら、雅は桃味のチューハイと生ハムを手に取った。

171名無し募集中。。。2019/05/01(水) 00:00:24.110

霧のような細かい雨のせいで、街の空気はしっとりと重たい。
ぶらぶらとうろつく雅がやがて行き着いたのは、細い川沿いの遊歩道だった。
雅がぐるりと左右を見渡すと、川沿いには桜がずらりと植わっていた。
きっと、桜が満開になる時期には、どこまでも淡い桃色に包まれてさぞかし綺麗なことだろう。
すっかりと葉桜に変わってしまった今は、雨に打たれる葉っぱがざわつくばかりだった。

「まーいっか」

歩道の縁に設置された車止めのてっぺんにビニール袋を置いて、雅は葉桜を見上げた。
街灯に照らされて、さらさらと揺れる葉の表面がきらめく。
悪くないじゃん。そう思うと、雅の表情は自然と柔らかくなった。
葉桜を背景にして、缶チューハイと自分をスマホで撮ってみる。
写真を桃子に送りつけると、寒くないの?と返ってきた。
そうじゃない、と雅は思う。なぜだかもやもやしたものがこみ上げてきて、雅は画面に指先を走らせた。

――イヤホンしてよ
――え?
――いいから

既読がついたのを見るが早いか、雅は画面の電話のマークをタップする。
発信中の表示と一緒に、聞き慣れたコール音が漏れ聞こえてくる。
2回、3回と繰り返されるコール音の向こうで、桃子の躊躇う表情が目に浮かぶようだった。
試すようなことをしている自覚は雅にもある。けれど、このくらいは許して欲しい。
ぷつんと音が途切れ、受話器の向こうでざらざらとしたノイズが聞こえてきた。

「聞いてるだけで良いからさー」

ノイズの向こうで、桃子が息を呑んだ気配がした。
きっとこの声は届いている。
楽観的に願いながら、雅は持っていた缶を目の高さまで持ち上げる。
乾杯、と受話器の向こうに囁くと、電話の奥の空気がゆるゆると動く音がした。
缶の中身を口に含んでみる。アルコール3%のチューハイは、雅にとってはほとんどジュースのようなものだった。

172名無し募集中。。。2019/05/01(水) 00:01:09.780
「なんかさ、葉桜も悪くないなーって思った。てかさ、桜の葉っぱってあれじゃない? 桜もち食べたくなんない?」

ケラケラと笑い声を織り交ぜながら、雅は一人で話し続ける。
チューハイの中身なんてあっという間に空になってしまいそうだ、と雅は思った。

「桜もちさー、二人で作ったよね。なんだっけ、あの粉さ、名前忘れちゃった。だから作れなくって」

炭酸のせいかツンと鼻の奥が痛んだのを感じて、雅は小さく鼻を啜った。
粉の名前を忘れたなんて嘘だった。本当は覚えている。道明寺粉だ。
料理教室の動画だけでも、何度見返したか分からない。
鯛の目玉をつついて注意されたことも、錦糸卵にしては太い切り方になってしまったことも、全部覚えている。

「あー、そろそろあれだね、日付変わるね。ごめん、遅くまで」

受話器の向こうで、どすん、と鈍い音が響く。あ、と桃子の声が漏れたのが聞こえた。
ただいま、と遠くで聞こえた低い声の主を、雅は知らない。
さあっと吹き抜ける雨混じりの風に、雅の皮膚が小さく粟立つ。
酔っ払えば体温も上がると思っていたが、チューハイ1缶では到底酔えそうになかった。

「またね、もも」
「……みや、」

耳からスマホを引き剥がすと、雅は一方的に通話を切った。
おやすみ、と最後に送りつけて、雅はスマホを鞄の底に仕舞い込んだ。

「はーっ、明日はにへでも誘おっかなー」

きっと有加なら、令和最初の乾杯ですね!なんてノリノリで盛り上げてくれるだろう。
うんうん、と頷きながら、雅はくるりと家路に足を向けた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます