まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

652名無し募集中。。。2018/01/21(日) 00:10:27.270

「ねぇ、もも」
「ん?」
「うちが男だったら…うちらにもさ、もう子供とか出来てたかな」

お互いの熱を共有して、十分に持て余した後のベッドの中。
何言ってんの、って。
いつもなら軽く笑って返したけれど。
切なげに揺れる瞳を見て、みやが何が言いたいか察する。

「…梨沙子のこと?」

ももの言葉に、みやは向き合っていた身体を反転させた。

「…素直に祝ってあげたいよ。けどさ、なんていうか」

「この前会ったときも梨沙子は幸せそうだったし。わかってるんだけど。」

そう言って黙り込んだみやの背中はどこか寂しげだった。

「梨沙子も、もう大人なんだよ。」
「……」
「ちゃんと考えてるよ、梨沙子だって。」
「わかってる。わかってるよ。」
「寂しい?」
「…ん。」

653名無し募集中。。。2018/01/21(日) 00:10:54.060

寂しい。
その気持ちはももにも痛いほどわかる。
りーちゃんはなんやかんやでもも達の妹で。
いつまでも末っ子で。
頭ではもう十二分に大人だとわかっていても、
心ではまだお姉ちゃん達を頼ってくれる存在だと思っていたから。
何の相談もなかったことが、寂しい。
特にみやは。
Berryzの中でも一番梨沙子のお姉ちゃんだったから。
言いたいことは色々あるのだろう。
幸せを願う、姉としての。

少しでもその想いを共有できたらって。
みやの背中にぴったり寄り添った。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます