まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

337名無し募集中。。。2017/10/28(土) 11:52:57.360

「お待たせ〜」


「ちょ、もも遅いんだけど。寒いんだから待たせ……え」
驚いた顔でこちらを振り返るみやに、にっしっしっと笑う。

「ちょっと!なんで着てきてんの!?ももがやめよって言い出したんじゃん!」
「うふふ。前ライブで抜け駆けされたお返しだよー」

振袖をじゃーん。と見せる。ママのお下がりだけど、可愛いので私もお気に入りだ。


Berryzで初詣に行こうという話になり、私、みや、千奈美、佐紀ちゃんの四人で神奈川の神社に行くことになった。
が、前日に千奈美と佐紀ちゃんが風邪を引いたらしく、行くのは私とみやだけになってしまった。
二人がいないならうちらも近場で…となり、二十分ほどの格闘の末、みやを千葉まで呼ぶことに成功。理由は単純、振袖姿で電車に乗りたくなかったから。準備に時間がかかる上に埼玉まで出たくないし。━━それはみやには言ってないけど。


「ね、どう?意外と似合ってるでしょ」
「………まあ、七五三みたいで可愛いんじゃない」

七五三みたいて。諦めたように「もういいよ、寒いし行こ」と呟くと、みやはさっさと歩き出した。

でもねみや、バレてるよ。呆れた顔してるけど、その横顔がちょっと赤くなってんの。
私の予想だと、きっとみやも同じ気持ちでいてくれている。と思う。でもまだ確証はないから、こうやってせっせとアピールしてるわけで。


「あ、おみくじだよもも」
「ほんとだ。やる?」

やる?と聞く前から、正確にはおみくじを見つけた時からふらふらと売り場に近寄るみや。
…そんなやりたいか。私もやりたいけどさ。


「どうだった?」
「待って、二人でせーので開けようよ」
「分かった」

『せーの』で開けて、自分の引いたくじを見る。……吉かぁ。まあまあかな。

「みやはどうだったの?」と、隣のみやはなんだか大喜び中で。

「ねぇねぇもも見てよ、大吉だって!やばーい!今年のみやキてるー!」
「そっか、良かったね」と返すと、でももはどうだったの?と聞かれたので、吉くじを見せた。

「残念だったね。…………はっ」

鼻で笑われたので、とりあえず肩にグーパンしておいた。


嬉しそうにくじの中身を読み進めるみやを横目に、私も読んでみる。……これ毎年読むけど、いっつも内容忘れちゃうんだよねー。なんて思いながら、ふと目についたのは恋愛運で。

『待ち人 来る』と書いている文字をみやに見せつけながら、あー。ほんとに来るのかなぁ。どうなんだろーなー、なんてわざとらしく言うと、みやはきょとんとした顔で、「待ち人って何?」と聞いてきた。
待ち合わせする時待たされませんよ的な?と続けたみやに、多分そんな感じ。と答え、私は密かに頭を抱えた。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます