まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

336 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/28(火) 00:16:55.69 0

「うわあっ広ーいっ!」

ゴーカなドアを開けた向こう側の光景に、ももが声をあげる。
素直に喜んでくれたみたいで、選んだうちも満足。

「ねえっ!ベッドおっきい!天蓋つき!」

もものために選んだ部屋は、いわゆる姫風ってヤツ。
ピンクとホワイトで統一された部屋の中は、ホントにかわいい。
その中心で、ももは嬉しそうに跳ねる。
かわいい場所で、さらにかわいいもも。
あー、これだけで来たカイがあった。

「すごぉい、最近のこういうとこって進んでるんだね」

そんなことを言いながら、ももは部屋の中を忙しく動き回っている。
お風呂のドアを開けて、ジャグジーバスにびっくりして。
カーテンを開けて、夜景にびっくりして。
テーブルの上にのってるお菓子にびっくりして。

「ほら、そろそろ落ち着いて。てか、コートくらい脱ぎなよ」

ホント、子どもみたい。
はしゃぎまわるももの首ねっこをつかんで、真っ白なコートを脱がせる。
えっちーとか冗談ぽく言われたけど、ムシムシ。

「さてと。どうする?お風呂入る?」
「うんっ」

ももにはデカすぎるベッドの縁に座って、ももが「はーい」って手をあげた。

今日はね、トクベツ。
ちょっと早いけど誕プレっていうか。
まあ、当日は別にプレゼントを贈るつもりでいるけどさ。
ちょうどオフの予定を聞いたら、今夜が空いてるっていうか予約をしてみました。
そう、ここは、そういう場所。
なんていうか、男の人と女の人が、とかそういう場所。
でも最近は、こういうところで女子会をやるって人も増えてるらしくて。
調べてみたらかなりイイ感じの部屋が見つかったから、ももを誘ってみた。

誘ってみたっていうか、ももに何も気にせず休んでもらいたかった。
だってこの人、久しぶりに会ったら目の下に濃いクマを作ってるんだから。
そのくせ、ちゃんと休んでるから、なんてヘタなウソをつく。
うちはしっかり、ぜーんぶ覚えてるんだからね。

「ねね、みや、入浴剤もいろいろあるよ!」

ももが開けた棚の中には、色とりどりのフクロがたくさん。
どれがいい?ってももが差し出してきた中から、フィーリングで一つ選んだ。
みやの好きな色——ももの、色。

「おー、気が合うねえ」

私もそれがいいと思った、だって。
それだけでにやつきそうになった。危ない危ない。

337 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/28(火) 00:18:04.49 0

「これ泡風呂なの?」
「ぽいね」

裏には泡の作り方も書かれている。
へえ、30分ももつんだ。
いや、ももと一緒だったら30分じゃ足らないかも、なんて。

ちょっとだけお湯をためて、入浴剤を入れてかきまぜる。
すると、すぐにたくさんの泡が発生してきた。

「おおーすごーい」
「あとはシャワーでためるんだってさ」

お湯をためてる間に、2人で部屋の中を見てまわる。
スキンケアとかそういうアメニティも充実してて、テンション上がる。
いつもはあんまりしてなさそうだけど、とことんやってやろ。
あ、でも今日はもう遅いし明日かなあ。
そんなことをしていたら、ピピピッて音がした。
お、お風呂たまったかな。

「えっ、ねえ、すごい」
「ホントだ」

浴槽一面に広がる泡に、ももは驚いているらしい。
使ったことないのかな、この人。
冷めちゃうから、入ろってももの服に指をひっかける。
さっさと服を脱いじゃうと、体を洗うのもそこそこにお風呂へ。
ゼイタクな浴槽は泳げそうなくらい広くて、2人が入ってもヨユウだった。

「おりゃっ」
「ちょ、やめろっ」

ももがすくった泡を鼻につけてくる。
お返しに、うちも両手で泡をすくってももにぶつけた。
あわあわの中で、シャボン玉が舞い上がる。
その中で楽しそうに笑うももを、ぎゅってしちゃいたくなるのを我慢した。
今日は、そう、ももに休んでもらうためだから。
そういうことは、今日はお休み。

甘えてくるももの頭を洗ってあげて、ついでに背中も流したりして。
だって、ももが気持ちよさそうにしてるから、つい。

「髪かわかしてー」
「はいはい」

338 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/02/28(火) 00:18:18.37 0

お風呂から出たあとも、ももの甘えっ子モードは続いていた。
いつもはカントリーの子たちに囲まれて、ちゃんとお姉さんやってるもんね。
それ、うちの前以外で出さないでよね、なんて。
勝手なことを思いながら、ももの髪の毛をかわかしていく。
髪伸びたねって会話も何回めかな。
切るかどうかはまだ悩んでるらしい。
ももの髪をすくと、思ったよりも滑らかにクシが通った。
以前教えたケア、ちゃんとやってるみたい。えらいえらい。

「うふふー」
「どしたの、きゅうに」

ヘアミルクをなじませていたら、ももがいきなり変な笑い方をする。
ゴキゲンな時にでるやつ。
フツーに笑いなよって何度か言ったけど、どうも直らないらしい。

「いやぁ、幸せですなあ」
「そりゃどーも」

仕上げって感じでももの頭をなでて、立ち上がろうとしたらきゅってひっぱられる感覚。
どうしたの、ももこさん。

「今日って、なんで誘ってくれたの?」
「なんでだと思う?」

目が合わさった後、ぱちぱちとまばたきするもも。

「ももが思ってるのと、同じって考えていい?」
「ま、いーんじゃない?」

うちがそう答えると、ももの顔はだらしなくにやけた。
嬉しそうにこっちへと差し出される手の甲に、ちゅって唇で触れる。
くすぐったそうに笑ったももは、突然抱きついてきた。
そのまま2人でベッドに転がって。

「ねー、みや?」
「ん?」
「ここってさ……そういう場所、なんだっけ?」
「……ん?」

抱きついたまま、ももの腕にぐるんって回転させられる。
あれ? 何、この展開。
見下ろすももの目が、きらって光る。

「素直じゃないなーみやも」
「いや、ちょっと、まっ……」

最後まで言わせてなんてもらえなくて、ちょっと強引に触れられたらもうだめだった。
あーあ、なんのために我慢したんだか。
でもこうなったらされるがままで、うちはももに体を預けた。

ま、朝起きたら、ももがすっきりした顔してたからよしとしようか。
って、もも、そのつもりだったんじゃん。
……次は、覚えてろよ。
そんなことを思いながら、ちょっとマヌケな顔でまだ寝てるもものほっぺにキスをした。


おわり

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます