まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

84名無し募集中。。。2017/12/22(金) 20:01:55.860
前から思ってたけどmomoの舌って綺麗だよね

99名無し募集中。。。2017/12/22(金) 21:51:44.610

唐突に言われて少しびっくりしつつも、みやの言葉に応えるようにべーっと舌を出す。
みやはなんでもない風に人差し指を伸ばして私の舌を撫でた。
「え!」
慌てて舌を引っ込める。びっくりしたなんてものじゃない。
みや、頭がおかしくなっちゃったんだろうか。
「何してるの!」
動揺する私にみやはにっこり笑う。
「だいじょーぶ。miyaの指キレイだよ」
そう言って私の唾液で濡れた指をペロリと舐める。目を逸らせなかった。
ね?と小首を傾げて再びその指を私の口に近づけるみや。
唇に触れた濡れた指を、なぜか拒むことができなくて、迎えるように小さく舌を出した。
「momoの舌可愛い」
指は舌になぞりながら、唇を割って前歯に触れる。
「momo可愛い」
みやの声が耳からだけじゃなくて舌からも伝わってくるみたいで、頭がいっぱいになる。
指は無遠慮に私の口の中に入ってきて、舌を弄ぶ。涙が出てきたけど何の涙かわからない。
なんでこんなことするの。
必死でみやの目を見るけど、みやの表情は穏やかなまま。カラコン越しの瞳は何考えてるかわからなくてズルい。
恥ずかしい音が自分の口から溢れているのに気づいて、でも、もう止めることなんてできない。
「momoの中、あったかいね」
ぐちゃぐちゃになった私の頬を、みやの左手が優しく撫でる。
もっと、もっとぐちゃぐちゃにしてほしい。
いつの間にか両手でみやに縋るようにしがみついて、夢中で舌を動かしていた。
「可愛い」
みやがたくさん褒めてくれるのが嬉しくて、頭がおかしくなるのも悪くないなと思った。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます