まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

286名無し募集中。。。2018/06/24(日) 23:00:42.410

暴れようとするももを足で押さえ込んで、
払い除けようとしてくる手も
みやの腕で封じ込めて、
頸を甘噛みしてやる。

「やめて!酔っ払い!」と
まだ暴れようとするので
今度は耳の裏を吸ってあげたら
ようやく大人しくなった。

「不安なの?」
「…なにが」
「ねえもも」
「なに?」
「大好きだよ」
「きゅ、急にそんなこと言わないで」
「伝わってないなら毎日言うから。何回でも言うから。ね?」

愛してんの。もものこと。
ちゃんと伝わってる?
こんなに想ってるのに
どうして不安にさせてしまうんだろう。

いっぱいキスをした。
ももの全身に
ぜんぶ届くように。
ぜんぶ伝わるように。

ももは最後、小さい悲鳴をあげて、そのまま意識を手放した。
どこか幼さの残る寝顔。
乱れた髪を直してあげた。

白く透き通った頬に触れたとき
ぽつりと溢れたのは本心だろうか?

──ももの方こそ ホントはみやのこと、どー思ってんの

 
おわり

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます