まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

140名無し募集中。。。2019/02/06(水) 00:50:57.510

「もーもー」
「んー?」

聞き返すと、みやはなんでもなぁーいって言うけど
いやいやなんでもなくないでしょ
すっごいふにゃふにゃしてる
珍しい、かわいい

「もーもー」
「なぁーに、甘えたさんなの?」
「ちがーう」

なんていうか、幼児退行しちゃったみたいなみやに少し心配になるくらい
ソファーに並んで座ってテレビを見てたんだけど、リモコンで一旦テレビを消す
みやは、こてん、と私の肩に頭を乗せたまま黙ってる

「ここ、来る?」

いつもなら絶対に拒否される
でも今日のみやなら来てくれそうな気がして、自分の膝をポンポンと叩いて聞いてみた

「...うん」

みやは小さく頷くと、素直に膝の上にやってきた
そのままぎゅって抱きついてくる
待って、これはほんとに、かわいすぎるって
いつもより甘えん坊なみやと、間近で感じるその匂いにクラクラする

141名無し募集中。。。2019/02/06(水) 00:55:51.770

「あのさ、どーしたの?」
「どうもしないけど」
「いや、だって珍しいじゃん、みやからこんなに甘えてくるなんて」
「なに、みやからももに甘えたらダメなの?」

上半身を離したみやが、ムスッとした顔でこっちを見る
そんな表情すらかわいい

「ダメじゃないけど、......困る」

キョトンとしてるみやをじっと見つめたまま、距離を詰める
間近に見るみやの瞳は、カラコンを外しているせいか幼く見えた

「我慢できなくなる」

みやの唇に吐息がかかる程の距離で告げると、そのまま口付けた
柔らかくて気持ちいい、その唇を夢中で味わう
ハッハッって、みやが荒い呼吸を繰り返す
愛しさが溢れて止まらない
お互いに抱き合ったまま、みやをソファーに押し倒す

「ま、待ってももっ、ここで、...するの?」

慌てたようにみやが言った
ごめんみや、ベッドに連れていく余裕ない
それもこれも、かわいく甘えてきたみやのせいだ

「みやが悪い」

なんだか拗ねてるみたいな声になっちゃった
みやが困ったように笑いながら、手を伸ばしてくる
細い指先に頬を撫でられた
そのまま頭を浮かせたみやに、そっとキスをされる

ああもう、無理、かわいい
頬に添えられた手首を掴んで、今度は私から優しくキスをした
今日はみやがやめてって言ったって、満足するまでやめてやらない
覚悟してって気持ちで、ふわふわの唇に軽く歯を立てた

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます