まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

タグ検索でほのぼの20件見つかりました。

ふたりごはん(ドーナツの巻)

259名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/09/17(日) 01:43:07.500 ――みやなんか知らない! 数十分前に投げつけられた言葉が、まだ生々しく耳の奥に残っていた。 一つ、寝返りを打ってみる。 世界はくるりと反転したが、結局何も変わらなかった。 大したことのない喧嘩だった。 桃子がすんなりと謝ってくれれば、それで済む話だった。 そうすれば、雅だって言いすぎたことを謝るきっかけができたのに。 けれど雅の口から出る言葉は知らないうちに尖っていて、桃子は飛び出していってし…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a4%d5%a4%bf%a4%e... - 2017年09月19日更新

エスケープ 9

154名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/20(日) 01:36:27.770 週明け、出勤した雅を最初に迎えたのは、チーフの神妙な顔つきだった。 ちょっと来てくれるか、と言われるままに席を立ち、廊下へと連れ出される。 先を行くチーフからは、微かに煙草の香りが漂っていた。 ミーティングスペースにたどり着くなり、チーフは相談事があると切り出した。 新しい企画の話が持ち上がっていて、そのメンバーの一人にひかるを推そうと考えている。 ひかるの今までの仕事ぶり、経験や知識。それらを総合し…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a8%a5%b9%a5%b... - 2017年09月13日更新

アンサンブル 32

397名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/09/06(水) 11:40:01.260 「今年もお疲れ様!カンパーイ!」 「おつかれー!」 あっという間に年末になって、家族は今日から関西に行ってしまった。 ずっとももの家に泊まってたみーやんも、一昨日から掃除をするって帰ってしまった。 部活も今日で年内の練習は終わり、みーやんのおうちに集まった皆と忘年会だ。 お隣のみーやんがグラスを向けてきたからもう一度グラスを合わせた。 「かんぱーい」 「ほらそこ、いきなりいちゃいちゃしないの」…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年09月13日更新

ふたりごはん(お弁当の巻)

538名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/23(水) 02:57:12.360 二段重ねのお弁当箱はピンク色。 誰かさんとお揃いなのは他の皆には内緒。 「みやちゃん、今日もお弁当ですか?」 珍しい、と言いつつ有加の指先がペリペリとサンドイッチのビニールを剥ぐ。 「最近、ママが朝余裕あるっぽくてさ」 優しいママさんですねえ、とふわふわした微笑みでひかるがおにぎりを頬張る。 実のところは、母親が作ってくれたわけではないのだけれど。 ささやかな秘密はくるりとハンカチの中に折…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a4%d5%a4%bf%a4%e... - 2017年08月25日更新

ふたりごはん(そうめんの巻)

843 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/06/30(金) 01:04:16.47 0 「おはよう」 雅が声をかけると、猫のように丸まっていた塊がころんと転がった。 まだ寝ぼけているのだろうけれど、素直に広げられた両手にそっと身を寄せる。 きゅっと抱きしめられたのつかの間、またするりと腕はシーツに着地した。 「もも、まだ起きない?」 「……ん」 放っておけば、桃子は再び眠りの世界に旅立ってしまいそうだった。 けれど、もうそろそろ午前中が終わろうとしている。 疲れている…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a4%d5%a4%bf%a4%e... - 2017年07月02日更新

アンサンブル 30

34名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/19(土) 21:05:05.370 期末テストも終わり12月に入ると街はクリスマスカラーで飾られ、クリスマスソングが流れる。 佐紀ちゃんが何故かやたらと心配していたテスト結果は、ももは順位を一桁台に戻せたし、みーやんも補習にならないどころか今までで一番順位が高かった。 部活が始まってからは、みーやんは言った通り皆の前では今までと変わらない態度で接してくれている。 最初はやたらとくっついてきてちゅーされるんじゃないかってちょっとだけ疑ってたけど…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年08月21日更新

エスケープ 8

943名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/13(日) 03:03:36.520 待ちに待った土曜日の空は、雲一つなく真っ青だった。 懸念していたプレゼンも無事に終わったと聞いて、雅は晴れやかな気持ちで桃子を待っていた。 コンクールの会場は、市街地の中心部に位置する区民ホール。 休日の午前中だと言うのに、そこは人々でごった返していた。 出演者と思しき学生グループや、保護者、ちびっこから大人まで。 そんなに大規模なコンクールなのだろうか。 入り口に大きく張られた横断幕を見ながら、雅…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a8%a5%b9%a5%b... - 2017年08月21日更新

アンサンブル 28

389名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/16(水) 01:49:44.870 みーやんから好きとはっきり言われたのはやっぱり嬉しくて、どこかふわふわと浮かれた気持ちのままおうちに戻った。 両親も一緒に朝御飯を食べて、勉強を始めてからやっとそわそわする心は鎮まってくれた。 みーやんも勉強中は昨日と変わらず集中して頑張っていて、時折みーやんの質問タイムを挟みながら静かにそれぞれ問題集を解いていった。 休憩になった途端に昨日までより更にみーやんが近いっていうか、手とか普通に繋いでくるし全…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年08月21日更新

アニマ 4

834名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/12(土) 15:51:44.700 「みーやんって」 「ん?」  そう言ったみーやんは電子ペーパーから顔を上げ、こちらを見た。今日の彼女は目の覚めるような鮮やかな金髪で、私を見つめる両眼はサファイアの青だ。 日々コロコロと変わる外見に初めはいちいち驚いていたが、二年も経った今ではよっぽど奇抜な色合いでない限り気に留めることはなくなっていた。 まあ、個人的には金髪より、先週くらいにマイナーチェンジを繰り返してた明るめの茶髪でボブの時が好きか…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%cb%a5%d... - 2017年08月13日更新

アンサンブル 26

823名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/12(土) 10:36:52.980 手を繋いだまま、すやすや寝てるもも先輩を見つめる。 そろそろ言ってもいいよね。我慢するのはそろそろ限界だから。 頑張って好きって言うのを堪えてきたけど。 今日のもも先輩はヤバかった。みやの理性、超頑張った。 うっかり告白するより前にもも先輩のファーストキスを奪っちゃいそうだった。 ギリギリ我慢して背中向けたのに、側にいてほしいならもものこと見ててとか、口説かれてるって思ってもいいよね。 もう我慢しな…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年08月13日更新

アンサンブル 25

255名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/09(水) 22:04:34.210 寝る準備は万端なんだけど、並んでベッドに腰掛けたみーやんが拗ねてる。 「みや、頑張ったのに」 「みーやん、そんなにアルバム見たいの?」 「みや見たいって言ったし、もも先輩も考えてくれるって言った。もも先輩が見せてくれないんなら、明日パパさんとママさんにお願いするからいい」 「子供の頃のアルバムは本当に見せたくないんだけど。はぁ、分かった。ももの負け、去年のアルバムでいいの?」 「今年の飾ってないのも見…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年08月13日更新

エスケープ 7

829名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/07(月) 10:20:01.220 手帳を開くと、自分で書き込んだ予定が目に入った。 その文字をゆっくりとなぞると、雅の胸は自然と弾んだ。 「みやちゃん、どうしたんですか?」 「え?」 「や、なんか、ちょっとニコニコしてたんで」 有加の声の温度が、まだ仕事中であることを思い出させた。 慌てて雅が表情を戻すと、有加がぷっと吹き出したのが聞こえた。 「最近いいことでもあったんですかぁ?」 「な、ないって。別に」 「でもみやちゃ…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a8%a5%b9%a5%b... - 2017年08月09日更新

アンサンブル 23

394名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/04(金) 18:50:06.380 雅は無事に追試を全て合格して文化芸術祭本番を迎えることが出来た。 5教科と多かった為に焦ったけれど、どの教科もそれなりに点数は取れていたのでそこまで詰め込んで勉強もせずにすんだ。 仲直りしてからというもの、雅は当然のように気がついたら桃子の隣にいる。 自然と肩や腰に伸びてくる手。優しく見つめてくる瞳。 自覚した『好き』は日が経つにつれて大きく膨らみ続けていて、うっかり赤くなったりしないように平常心を保つ…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年08月07日更新

アンサンブル 24

671名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/06(日) 08:23:24.860 フルートが冷たくて憂鬱になる冬が近づいてきた。 来週から期末テストが始まる。桃子は朝ご飯を食べながら家族に切り出してみた。 「今度の土曜日にみーやんがテスト勉強しに午前中から来るけど、お昼ご飯とお夕飯食べてって貰ってもいい?」 「土曜日はお母さん達夕方まで出掛けるから、折角なら雅ちゃんの都合が良ければそのまま泊まっていってもらえばいいじゃない」 「お!雅ちゃん来るのか。日曜日ならお父さん達いるし、泊まっ…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年08月07日更新

アンサンブル 11

504 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/19(水) 18:56:25.21 0 いよいよコンクール月間、8月に入った。夏休み中も勿論練習がある。 全国大会常連の所謂強豪校と言われるような学校では、年間で休みが1週間有るか無いか、という学校も珍しくはない。 吹奏楽部がブラック部活と言われる由縁である。 桃子の通う高校はそこまで厳しい学校ではないが、コンサート前は普通に土曜日曜祝日関係無く毎日部活がある。 夏休み中は特に忙しいく、一日練習と午前練習とを繰り返していく。 午前中…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年07月20日更新

アンサンブル 9

313 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/18(火) 07:34:37.50 0 文化祭2日目、本番の朝がやって来た。 本番の朝独特の、緊張感と楽しみなワクワクとした気持ちが入り交じる興奮は慣れない。 いつも通り朝練に向かおう。 さゆみ達先輩にちょっと甘えて、舞美達と気合いをいれて、それでみーやんたちにはちょこっとでも勇気を与えてあげよう。 練習室で感じる違和感。やっぱり皆本番の朝は落ち着かないんだな。 大丈夫。ももだけじゃない。 桃子をちらっと見てからさゆみが立ち上がり…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年07月20日更新

アンサンブル 10

374 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/18(火) 21:05:19.16 0 文化祭最終日は、昨日までが嘘のように穏やかに過ぎていった。 午前中、桃子は一人であちこちふらふらと回り、クラス展示で部員達に声をかけたり、部活展示を冷やかしたりした。 午後からは舞美と佐紀の三人でクラス展示の当番をする。 BGMは当番が好きな曲を流してよかったのだが、三人とも吹奏楽のCDを選んでいて、どうも展示の雰囲気に合わない。 念のために持ってきてよかったと思いつつ、オルゴールカバーのディズ…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%a2%a5%f3%a5%b... - 2017年07月20日更新

ピーナッツバタージェリーラブ

404 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/18(火) 22:30:51.07 0 小さい頃。 大きくなったら女の子はみんな、白馬に乗った王子様が迎えに来てくれて。 愛の言葉とともにキラキラした綺麗な指輪をはめてもらう。 そんな風に思っていた。 少し大きくなって。 「そんなのは幻想だ」って誰かが言った。 「そんなことない」って否定する声は、大きな声にだんだんかき消されて。 いつの間にか聞こえなくなった。 多勢に流されるのは楽で、ただ流れに身を任せていればいいだけだ。…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%d4%a1%bc%a5%c... - 2017年07月20日更新

ふたりごはん(朝ごはんの巻)

485 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/19(水) 15:19:12.11 0 小鳥のさえずりに揺さぶられ、そうっと目を開けると穏やかな日差しが揺れていた。 桃子はむくりと体を起こすと、枕元の時計を見やった。 ただいま、朝の6:30。 桃子が普段起きる時間を考えれば、随分と早起きだった。 けれど、何もかもが爽やかで申し分ない朝だった。 隣にはまだぐっすりと寝ている雅がいて、かすかに開いた唇が桃子を少しだけドキドキさせる。 だが、それも一瞬のこと。 昨夜の記憶がむくむく…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a4%d5%a4%bf%a4%e... - 2017年07月20日更新

Rather be

554 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/19(水) 22:04:01.88 0 ごとんごとんと揺れる電車は、トンネルを抜けて海沿いを走っていた。 眩しいほど鮮やかな空の青と、少しだけざらついた深みのある海の青。 どこまでも続く青をまっすぐに引かれた水平線が区切る。 小さい頃に絵本で見たような風景が、そのまま目の前に広がっている。 のんびりとこんな風に海を眺めるなんて、いつぶりだろうって思った。 向かいに座るみやは、視界が開けた瞬間に子どもみたいな歓声をあげながらカメラを取…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/Rather%20be... - 2017年07月20日更新

どなたでも編集できます