まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

タグ検索で切ない7件見つかりました。

変わるもの・変わらないもの

**目次 -[[変わるもの・変わらないもの 1]] -[[変わるもの・変わらないもの 2]] -[[変わるもの・変わらないもの 3]] -[[変わるもの・変わらないもの 4]] -[[変わるもの・変わらないもの 5]]…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%ca%d1%a4%ef%a4%e... - 2019年08月07日更新

Upside Inside Out 7

828名無し募集中。。。2017/10/24(火) 18:18:02.870 もう懲りたと思ってたんだけど。 鋭いナイフが胸の真ん中に突き立てられた。 そうだね、と頷くと、首が錆び付いた金属のように軋む。 ももの言葉は正しい。 もう懲り懲りだと思っていたはずなのに、うちはまたももを部屋に連れ込んでいる。 ベッドに座ってうちを見上げる熱い視線は、厳然たるリアルだった。 断らなかったくせに。 肌を焦がすような視線が痛い。 でも、顔を背けたら負けな気がして、正面からそれに向き合う。 …

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/Upside%20Inside%2... - 2017年11月02日更新

魔法◯女みやもも 3

741名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/09/11(月) 20:28:08.720 自動改札を抜けた時、モモは足下がぐんにゃりと沈み込むような感覚に一瞬狼狽えた。 例えるならば踏み固められていない土を踏んだような。よろけ、体勢を立て直す。 振り返ってみたが、何もない。何かを踏んだわけでもない。 何もないところでコケそうになったのか。ちょっと恥ずかしい。モモは早足でコンコースを抜ける。 冬の寒さも少し緩んできているように思えた。 今日は一人だった。雅に頼まれて、モモは渋谷までおつかい…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%cb%e2%cb%a1%a2%f... - 2017年09月13日更新

Upside Inside Out 5

310名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/21(月) 01:07:36.360 佐紀ちゃんの言葉通り、穏やかな時間はそう長くは続かなかった。 机の下で密かに擦り合わされる太もも。 夜道で何気なくカップルたちの本番を目撃してしまったような苦々しさ。 熊井ちゃんがふざけ半分に触れたのを、やんわりとももが払いのける。 逃れるように立ち上がるももが、横目で見てきた。すかさず視線を絡め取る。 うちがいなきゃ駄目なんだって思ってよ。 ぱちぱち。ぱち。ぱちぱち。 不自然なまばたきに、…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/Upside%20Inside%2... - 2017年08月21日更新

20160825 side:Miyabi

ロップを少なめにすればよかっただろうか、切ない甘さが喉に沁みる。 雅はコップを乱暴に置くと、さっきまで桃子が使っていたクッションの上に腰を下ろして、箱に手を伸ばした。 772 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2016/09/04(日) 01:18:33.24 0 「ゴンッ!!」 雅が箱を開けると同時に、鈍い音が部屋に響いた。 「あ…はは…ごめんみや…頭ぶつけた…。」 声がする方を振り向くと、そこには涙目でベッドの下から這い出してきている桃子の姿があった。 どうやら、さっきクッションを…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/20160825%20side%3... - 2016年10月20日更新

プレイング・メイト 8

807名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/08/07(月) 01:07:23.770 −−−− お風呂の中で体を洗いながら、布団の中で目をつむり眠気の到来を待ちながら。 朝の通勤の電車でつり革片手に揺られながら、リハーサルの合間に水分補給をしながら。 何度となく頭の中で繰り返した言葉を、もう一度頭の中で描いてから、なんでもない風を装って声をかけた。 「もも、今晩空いてない?」 ―――― 明日も早いから、遅くならないならと答えるももの表情は少しの緊張を含んでいた。 誘う目的が…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a5%d7%a5%ec%a5%a... - 2017年08月07日更新

みやもものしんぎたい 2-2

355 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2017/07/18(火) 19:43:53.86 0 「みやもものしんぎたい 2-2」 ベッドサイドに辿り着くと、雅は俯せている桃子の方へ手を伸ばした。 「ももごめん」 声をかけると、桃子は低く唸った。 「ごめんってば」 そう言って雅はベッドに這い上がった。ぐちゃぐちゃのシーツを引っ張る。スプリングが軋む。 枕に顔を埋めたままの桃子の髪を指先でそっと掻き上げた。 見えたのは、きつく閉じたまま赤く滲む目の縁、涙の跡だけが残る頬。 雅は桃子の…

https://seesaawiki.jp/miyamomo/d/%a4%df%a4%e4%a4%e... - 2017年07月20日更新

どなたでも編集できます