汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

天使や魔族についての意見交換

0あれ君 - 19/08/10 07:36:06 - ID:cBRjeJ6/BQ

天使や悪魔/魔族のような、有翼人系の亜人種族テンプレートや文化についての意見交換です。

  • 27名無し - 19/09/08 18:45:56 - ID:eMdj6Zgkog

    悪魔的なカウンターカルチャーと云えば、1990年代以降に北欧で大ムーブメントを起こした「ブラックメタル」という音楽のジャンルが頭に浮かびます。名前のとおり、悪魔崇拝のメタルです。
    彼らは自然を愛好し、アンチキリスト。
    「インナーサークル」という名の過激な集団もあり、殺人や放火などは日常茶飯事だったようです。BURZUMというミュージシャンによって著名な教会が焼き払われたこともありました。
    ネオナチなどと混同したり、ただ暴れたいから便乗して暴れる…といった暴徒たちも多かったようですが、そこには昔から一神教に虐げられた民衆の悲しみや叫びの歴史が凝縮されているように思えてなりません。

    ちなみに自分としてはメガテンのCHAOS側が、悪魔も人間も印象が濃くて好きです。
    ゴトウとかカオスヒーローとかゴトウとかry

  • 28あれ君 - 19/09/08 19:10:55 - ID:eMdj6Zgkog

    天使(秩序)側と魔族(混沌)側の相克/アライメントについての解説を発見しました…。
    https://w.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/39404.html

  • 29あれ君 - 19/09/14 15:29:27 - ID:pHdPqpR3Cg

    天使や悪魔/魔族が大勢いてワイワイやってる世界観といえば、1980年代〜90年代にかけて大ブームになっていたビックリマン・ワールドも有名ですね。
    http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/index0.html
    自分もかってはあのウェハースチョコを、レアシール目当てで大人買いしたり、友達とトレードに勤しんだりしていました(年がバレるかなw)。

  • 30横から - 19/09/15 08:59:39 - ID:vaxKQyQd0Q

    >>29
    あれはお互い「人口過密問題による生存権の領地問題」というものでしたな

  • 31あれ君 - 19/09/15 11:05:05 - ID:eMdj6Zgkog

    >>30
    それすらも創造主(超聖神アノド)によって仕組まれたことで、聖魔の両民族を戦いによって進化させ、ゆくゆくは彼らを神々の宇宙の戦争へ兵士として投入する計画だったようです。
    http://jisokukan.web.fc2.com/bm/21sthikariden/choseishin.htm

    なんかこれって『強殖装甲ガイバー』の降臨者(ウラノス)みたいな設定ですね…。

  • 32ヴぇry - 19/09/21 23:13:06 - ID:lDq4L4Urkw

    悪魔」のページに「多芸な悪魔」というボスクラスの悪魔を加えてみました。
    NPC専用として「万能魔法」によるGMが許可する範囲で呪文全般を技能レベル15で一通り使えます。さらに消費エネルギーが前提条件数になるため、《復活》も消費14点で行えます。
    ユエルでは呪文射撃などの技能を難易度を1段階上昇させ統合した技能が存在するので、同じような技能を習得しています。

    姿は牙・爪・角・翼と長く鋭い器用な尾を備えた恐ろしい悪魔です。バフォメットとかのイメージです。
    魔術師に暗黒魔法の「悪魔の契約」をさせることができます。
    また、自分の専用アイテムを契約した者に貸し与えることができます。
    ボスキャラというものの、防護点4でHPは25点で-25HPになると自動死亡するので、呪文で抵抗されなければ常人でもマシンガンで殺すことができます。
    マナがない所では生きてはいられません。

  • 33ヴぇry - 19/09/21 23:29:42 - ID:lDq4L4Urkw

    >>32
    この悪魔はST26、HP26、BL68、呪文用FPは23でした。尾の体力は13です。
    基本致傷力は
    ST26 突き 2d+2 / 振り 5d
    尾は
    ST13 突き 1d  / 振り 2d-1

    格闘攻撃手段は
    尾は刺し1D
    牙は刺し2D3
    爪は切り・刺し2D+5
    角は刺し2D+6

    専用アイテム」で剣や槍を持たせれば、それらを扱うことができます。
    振り攻撃が可能なら5D級の火力となります。
    <格闘>以外の技能レベルは12ちょいとあまり高くありません。

  • 34ヴぇry - 19/09/22 06:52:47 - ID:lDq4L4Urkw

    悪魔」のページに加えた「多芸な悪魔」の調整を行ないましたが、どうも微妙な作りになってしまいました。
    敵性NPCなので関連NPCの特徴をとる必要はないですが、一応組み込んでいます。

    GM許可の範囲で万能魔法が使えるため、消費エネルギーが前提条件数になり、邪悪な用途に限り《復活》《異次元移動》《他者時間移動》《肉体交換》《完全憑依》《永久狂気》《若返り》永続的な《体変え》等を単独で使用できます。

    また、百鬼夜翔から引っ張ってきたTL4(大航海時代)以降の武器(破邪の攻撃以外)に対する「無敵」を持っているため、銃や爆弾が効きません。

  • 35あれ君 - 19/09/25 19:19:08 - ID:hiiZTMIWpA

    妖魔夜行の世界を舞台にした、天使と魔族のエピソードを発見しました…。

    1996年、首都圏。人間に混じって暮らす、偽悪者の悪魔と昔なじみの天使。
    https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=448507

  • 36あれ君 - 19/09/28 19:57:32 - ID:hiiZTMIWpA

    ガープス・ドラゴンマークのファンサイトである" 竜の夢 "にて、悪魔/魔族系のキャラクターになるバージョンを発見しました…。

    バッシュフル・リリム(恥ずかしがり屋の悪魔っ娘)
    http://lemon.s18.xrea.com/version/blilim.html

    ヘル・ナイト(冥土の騎士)
    http://lemon.s18.xrea.com/version/hknight.html

  • 37あれ君 - 19/09/28 21:40:40 - ID:hiiZTMIWpA

    >>32-34
     「多芸な悪魔」を始め、貴方の作成した敵性NPC悪魔シリーズ、お見事です。
     しかし…それらと見比べると、妖魔夜行・公式設定とはいえ、『ビースト・ヘッド』や『シュグラン』とかのデータはやけに造りが甘いというか、CPを無駄に使っているような気が…?
     これは一体どうした事なのでしょうか?

  • 38あれ君 - 19/10/01 20:14:22 - ID:hiiZTMIWpA

    総計650cp位で作成された、熾天使(セラフ)のキャラクターを発見しました。
    http://puinyu.sakura.ne.jp/sheet/tenshi.htm


    これなら「多芸な悪魔」にも対抗できそうです。
    いかがでしょうか…。

  • 39ヴぇry - 19/10/02 12:29:16 - ID:lDq4L4Urkw

    >>37
     多芸之悪魔などは運用想定状況を絞ってチューンアップしているため、想定外の状況では非常に脆くなります。そこが格下の主人公(例えば人間PC)でもつけいることができる隙として機能します。

    >>38
     これは第4版と百鬼夜翔の組み合わせでしょうか。
    対魔術師を想定していない生命力が13の熾天使では、マナがある環境での戦闘なら、第4版の多彩な呪文が使える多芸之悪魔が有利と言えます。
    しかし、呪文が使い辛い距離を保って単純な削り合いに持ち込めば熾天使の方が有利とも言えます。FPを枯らすまでは、呪文による能動防御で躱され続けるでしょうが。
    時間が経てば補助アイテムが使える悪魔が有利になります。例えば、《悪霊召喚》の頭蓋骨を使えば、悪霊が召喚され即参戦しますし、《倍速》で加速したり『戦士』の霊薬で敏捷力が+1Dされたりします。《遠隔詠唱》のスペルストーンを用いれば、100m先から近距離扱いの呪文をかけれます。天使でも「《忠実》の待ち針」を装備させられると、常道型魔化アイテム効果として悪魔に忠実になってしまいます。
    敏捷力で抵抗する防御呪文《大失敗》などは、相手の行動をファンブルにすることができます。呪文の射程内で単騎で肉体動作を必要とする単発攻撃しかできない敏捷力15以下のキャラクターはかなり不利です。

  • 40ヴぇry - 19/10/02 12:38:24 - ID:lDq4L4Urkw

    悪魔」のページに調子に乗って素材画像を貼りまくりましたが、こんなにキャラクターを作る暇がないので、画像が使えそうな悪役用の悪魔キャラクターを募集します。
    種族テンプレートも不利な特徴の制限も特にありません。

    200CP以下はルナル基準でボスキャラクターが《悪魔召喚》等で合計200CPになるよう複数体召喚することを想定しています。
    350CP級以下は、ルナル級PCパーティや、武装した現代人を相手どることを想定しています。

    画像は現状のカテゴリー以外でも使えます。
    ルナル級のバランス(PCのHPは20以下で防護点が1〜6、平均火力が2Dぐらい)の雑魚敵は、PCのHPを一撃で半分以上奪う攻撃は避けた方がいいかもれません。

  • 41あれ君 - 19/10/03 20:40:29 - ID:Sw7EubDM4w

    >>22
    それらと関連しているかも知れませんが、天使達と呪文についての関わりの設定を投稿してみます…。


    天使と呪文
     旧新の天使達のどちらもが、魔術(呪文)を学ぼうとする事は、あまりありません。
     彼らにとって魔術とは、混沌に属する魔の業(わざ)であり、己れが関わるべきものではないと考えています。
     しかし、新天使が多数となった現在では、呪文の助け得る事まで否定する因習は鳴りを潜めました。しかし、それでも自分で呪文を唱えようとする天使はなかなかいません。

    (天使達の)呪文に対する態度

    〇魔術は我が任に非ず:0cp
     大半の天使達がとるスタンスです。味方が敵に対して怪しい呪文をかける事は(卑怯に見えるので)気に入りませんが、自分に支援や治癒の呪文がかけられる事は受け入れます。魔法の品物に関しても、ほぼ同様の立場を取ります。戦いに関係しない魔法の品物なら、普通に使います。

    〇魔術愛好:ー5cp
     自分で使う事はしませんが、呪文を使う事を、全く問題なく受け入れ、むしろ積極的に活用しようとします。一般的な同族からは異端児と思われ、反応が−1されます。

    〇己れも学ぶ:20cp
     天使が呪文を学ぶには、20cpを特徴として費やさねばなりません。しかも、魔術を学んでいる事が判れば、やはり同族からは反応が−1されます。

    内訳
    特殊な背景:魔術師である/魔法の品物の入手経路も含む:25cp
    同族からの反応に−1:ー5cp
    計20cp

    〇魔術嫌悪:ー10cp
     主に旧天使に多いスタンスです。呪文を使う事を嫌っています。治癒の呪文をかけてもらう以外は(その場合も渋々ですが)、全く魔術を拒否します。魔法の品物は、聖別された武器以外はめったに使いません。


     元々はカルシファードの武戦士の特徴を、天使用にアレンジして採用してみました。
     如何でしょうか…。
     

  • 42ヴぇry - 19/10/04 02:47:43 - ID:lDq4L4Urkw

    >>41
     魔術は天使に関するものも多いので、天使が広義の魔術を使わないのは違和感があります。
    天使が使うものは「奇跡」と名を変えた僧侶呪文で、ファンブル表などの悪魔に関する部分を削げば事足りると思います。

  • 43あれ君 - 19/10/04 04:16:37 - ID:Sw7EubDM4w

    >>42
     ムアコックのエターナルチャンピオン・シリーズの設定では、魔術は混沌(魔)の側の力であり、秩序(聖)の側は技能・テクノロジーに加護(ボーナス)がもたらされるらしいし、旧約聖書でも魔術は禁忌(タブー)らしいので、それらの考え方を天使の設定に当てはめてみたのですが。
     でも確かにアブラメリン魔術等は、天使が関わっているんですよね…。

  • 44あれ君 - 19/10/06 06:13:18 - ID:hiiZTMIWpA

    タクティクスオウガ運命の輪より、敵対する神父と屍術師(死霊魔術師)との問答(戦闘中会話)
    https://www.youtube.com/watch?v=GQyyUJtvFtg

    プレザンス神父「我が仲間たちの命を奪うだけでなく、その遺体を屍術(死霊魔術)に用いるとはなんたる非道!
    大いなる父の名の下に、貴様を地獄へ落としてみせようぞ!」

    屍術師ニバス「やれやれ、貴方は何を根拠に”神の代理人"を自称するのでしょうか?
    いや、そもそも存在もしない"神"や"悪魔"を、よくも信じることが出来ますねぇ。」

    プレザンス神父「何を愚かなことを!
    我が身が放つ神聖魔法はまさに神の奇跡! 貴様が使う呪われた屍術はそれこそ悪魔の業!」

    屍術師ニバス「所詮、魔法といえども単なる物理法則でしかなく、神や悪魔を名乗る者がいたとしてもそれはただの生物。
    そこに崇高な精神や邪悪な意思があったとしても、その言葉に屈した者が弱者となるだけのこと。
    神を敬い、悪魔を蔑むという行為そのものが、自らの思考と行動を弱きものにするのです。
    …あなたもいい歳なんですから、そのくらいのことに気付いてもよいと思うンですよ。」

  • 45セティ - 19/10/06 12:46:40 - ID:AJGTC8UcqA

    キリスト教圏では魔術とかいうものは嫌悪され、一律して悪魔の所業とされています。

     映画「ロード・オブ・ザ・リング」もキリスト教圏の映画なので、基本的にあの世界では魔法は存在しない事になってます。
     例えば1作目で、フロドを連れてナズグルから逃げるアルウェンが、川の洪水を起こしてナズグルを撃退した時、呪文の詠唱とかしてます。ソードワールド的な世界観で見れば「エルフが精霊魔法「メイルシュトローム」を使った」ことになるんですが、アレはあくまでアルウェンの呼びかけに応じて、上流で待機していた仲間が堰を外して水を流した・・・という解釈がキリスト教圏では取られています。見た人がそういう風に解釈するように誘導しているのです・・・無論、仏教徒である我々は、魔法を使ったんだ!という思考で構いません。
     要するに、背景を説明しないことで、魔法のように見える行為も魔法じゃないと言い張れるよう、逃げ道を作ってるわけですな(笑)。そのくらい、キリスト教徒にとって魔術とは邪悪なもの以外のなんでもないんで、天使が呪文を嫌う事自体、別に不思議ではないです。

     だから、キリスト教の天使が行使するのも魔術ではありません・・・そう見えるものも、神の超技術(ソードワールド的に言うなら神の奇跡)という事になります。あくまで、見る側の宗教的理由に応じた解釈の問題なんですけどね。どうしてもこだわるなら、マジックではなく超能力のルールを用いさせるといった手もあります。超能力のルールも結構面倒なので、もう「妖魔夜行」の妖術でいいかもしれませんが。

  • 46あれ君 - 19/10/06 13:27:12 - ID:hiiZTMIWpA

    >>42
    >>45
    基本的に天使の力は妖力と妖術という事にして、ただし

    妖力→神霊力

    妖術→神霊術

    とでも言い換えれば良いと思います。
    まあ元ネタは『BASTARD!!』の天使達の描写から得た発想ですが…。

  • 47あれ君 - 19/11/01 19:19:54 - ID:wjW9rY7UPg

    >>42
    やっぱり、天使も唯一神から僧侶呪文を授かっている事にした方が良いと思います。

    〇唯一神からの啓示で僧侶呪文を授かれます。習得系統はそれぞれの天使キャラクターが自由に選べますが、最大で2系統までに制限されます。

    〇僧侶呪文は1系統ごとに完全に独立しており、前提条件の中に「他系統の呪文」が含まれる場合、それらは無視します。

    〇僧侶呪文の修得には>>41の「呪文に対する態度」は関係しません。これらの「態度」は僧侶呪文以外の呪文(魔術)に適用されます。

    〇天使が魔術師になったケースの場合、啓示で受け取った僧侶呪文そのものは、魔術師になった後も残ります。ただし、魔術師になって以後、新規で呪文(魔術)を習得しようとする場合、前提条件をひとつひとつクリアせねばなりません。

    如何でしょうか…。

  • 48タジャドル - 20/05/21 19:09:06 - ID:LfilqpaITQ

    悪魔崇拝者が米議事堂に集まりサタンに祈り→ 議員がオリーブオイルで浄化を試みるもとんでもない結果に
    http://yurukuyaru.com/archives/82971184.html
    米共和党員のマット・シェー氏に4,761ドル(約51万円)の請求書が送られた。悪魔崇拝者への抗議デモの一環として、議事堂周辺にオリーブオイルをまく器物損壊行為を行ったためだ。

    サタニズム9箇条

    サタンは禁欲ではなく放縦を象徴する。
    サタンは霊的な夢想ではなく、生ける実存を象徴する。
    サタンは偽善的な自己欺瞞ではなく、純粋な知恵を象徴する。
    サタンは恩知らずな者のために愛を無駄にすることではなく、親切にされるに値する者に親切にすることを象徴する。
    サタンは右の頬を打たれたら左の頬も向けるのではなく、仕返しをする行為を象徴する。
    サタンは精神面で他人の脛をかじる者への配慮ではなく、責任を負うべき者への責任を象徴する。
    サタンはただの動物としての人間を象徴している。「神から授かった精神と知能の発達」によって最も悪しき動物となってしまった人間という生きものは、四足動物より優れていることもあるが劣っていることの方が多いのである。
    サタンは罪と呼ばれるものすべてを象徴する。おおよそ罪とは肉体的、精神的かつ感情的な満足につながるものだからである。
    サタンはつねに〈教会〉の最も親しい友人であり続けてきた。というのも彼は長年それを仕事としてきたのである。

  • 49yuki - 20/06/20 08:32:09 - ID:rWD+vG4OMw

    天使と魔術について

    GURPSにおいて「神の力」=「宇宙パワー(Cosmin)」です。「神の力を借りて行使する力(僧侶魔法など)」=「神授(Divine)」です。
    天使と魔術についても、「天使の力」と「天使の力を借りて行使する力」と分けて考えられるのではないでしょうか。


    >>47

    > 〇唯一神からの啓示で僧侶呪文を授かれます。習得系統はそれぞれの天使キャラクターが自由に選べますが、最大で2系統までに制限されます。

    その場合、天使はそれぞれ違う神に仕えていることになります。

    なぜなら僧侶魔法は、信仰する神ごとにGMが用意した「限定された呪文のリスト」から習得します。(通常は2系統分程度、戒律が緩い神の場合は1系統分程度です)
    「天使キャラクターごとに自由に選ぶ」ということは、天使の数だけ神がいることになります。
    ※僧侶魔法はその性質上、それぞれの神が何等かを象徴するような多神教の場合により良く適合すると思われます。

    > 〇僧侶呪文は1系統ごとに完全に独立しており、前提条件の中に「他系統の呪文」が含まれる場合、それらは無視します。

    僧侶魔法において前提条件は特殊です。呪文の前提条件の項目自体は無視できますが、僧侶魔法において呪文の習得は、完全に神(GM)の制御下にありますので、習得したい呪文を習得できるとは限りません。
    僧侶が「呪文Aを覚えたい」と思っていても神が「先に呪文Bを覚えてもらいたい」と思えば、習得される呪文は「呪文B」になります。
    これは、実質的に前提条件のように働きます。
    ただし、絶対的なものではなく、状況等によって(例えば「先に呪文Bを覚えてもらいたいけど、これから彼が挑む試練を考慮すれば仕方ない」と神が考えれば)「呪文A」が習得できるでしょう。

    > 〇天使が魔術師になったケースの場合、啓示で受け取った僧侶呪文そのものは、魔術師になった後も残ります。ただし、魔術師になって以後、新規で呪文(魔術)を習得しようとする場合、前提条件をひとつひとつクリアせねばなりません。

    僧侶魔法の呪文と魔術師の呪文は、同名であっても別物です。
    前提条件には、「僧侶魔法の呪文」は一切影響しません。

  • 50あれ君 - 20/07/01 03:01:17 - ID:PMvanSkHhg

    >>49
     天使が習得できる、共通の僧侶呪文のリストをちょっと作ってみました。

    《鎮静(サニティ)》、《エネルギー賦与》、《小治癒》、《覚醒》、《死人返し》、
    《大治癒》(至難)、《エネルギー回復》、《療治》、《悪霊破壊(ターン・アンデッド)》、
    《エネルギー供与》、《解毒》、《毒見》、《水探知》、《水浄化》、《神聖なる一撃(ホーリー・スマイト)》、《水作成》、《接合》(至難)、《食料探知》、《食料浄化》(前提:食料探知)、《食料作成》(前提:食料浄化)、《保存食》(前提:毒見+食料浄化)

     あとは各天使の個性ごとに適度な呪文を追加すればよいと思います。いかがでしょうか…?

  • 51yuki - 20/07/01 08:12:17 - ID:rWD+vG4OMw

    >>50

    > あとは各天使の個性ごとに適度な呪文を追加すればよいと思います。いかがでしょうか…?

    僧侶魔法の魔法リストは「力を貸し与える側(=神)」に依存します。「力を借り受ける側(天使や人間)」の個性が反映される余地はありません。
    もしそうなるのだとすれば、やはり各天使はそれぞれ別々の神に仕えていることになります。


    また、天使を「力を借り受ける側」として定義する場合、「天使の力を借りて行使する魔術」は存在しないことになります。
    もし天使を「力を貸し与える側」として定義したいなら、天使には「天使パワー」とでも呼ぶべき固有のパワーを設定し、その「天使パワー」を人間が魔術として借り受けるということするべきでしょう。

    もちろん、天使は「僧侶呪文」という形で神の力を借り、固有の「天使パワー」を人間に貸し与える、という両面をもつ存在としても構いませんが、その場合は2種類のパワーを持つことになり、コストが跳ね上がるかと。

    例えば才能は、「僧侶呪文」に対しては「神の代行者」ですが、「天使パワー」には「才能/天使パワー」が別に必要です。

  • 52タジャドル - 20/07/01 21:58:24 - ID:LfilqpaITQ

    天使が使う呪文はシステム的には「僧侶呪文」ではない。その上で、マナに依存しない(が代わりに所属宗教勢力・神の威光の反映具合がマナ濃度にあたる)仕様でしょうか。
    天使は所属する部署によって○○コースが設定されているとか。

    天使が魔術師に多様な呪文を短期に授けることを表現するなら、「天使パワー」のようなパワー修正を持つ「モジュール式能力」を「特殊効果」の「有利特徴付与」で永続的に付与するとか(あまりにも長いなら、対象にCP消費させる)。
    特殊効果」で特徴を選択的に付与する増強に対して、「自分が自前で使える能力しか与えられない」というのはどの程度の限定になるでしょうか?

  • 53yuki - 20/07/02 00:24:36 - ID:rWD+vG4OMw

    >>52

    > 天使が使う呪文はシステム的には「僧侶呪文」ではない。その上で、マナに依存しない(が代わりに所属宗教勢力・神の威光の反映具合がマナ濃度にあたる)仕様でしょうか。

    その場合は、「魔法の素質 (マナではなく神聖力に依存:−0%)」で十分です。
    マナを神聖力に置き換えて通常の魔法システムに従って運用してください。


    > 天使は所属する部署によって○○コースが設定されているとか。

    能力的に習得することができる魔法が限定されているわけではなく、環境的に習得できる魔法が限定されている、ということでしょうか。
    その場合は、系統の限定には値しません。後々学ぶ機会があれば習得できるからです。

  • 54名無し - 20/07/02 00:26:00 - ID:rWD+vG4OMw

    >>53の続き

    > 天使が魔術師に多様な呪文を短期に授けることを表現するなら、「天使パワー」のようなパワー修正を持つ「モジュール式能力」を「特殊効果」の「有利特徴付与」で永続的に付与するとか(あまりにも長いなら、対象にCP消費させる)。

    その場合、「天使パワー」のパワー修正は、「特殊効果」自体につけるべきです。
    加護とか祝福などと呼ばれるタイプの能力ですね。与える有利な特徴には「神聖力に依存:−10%」あたりが適当でしょうか。

    ところで、私のイメージだと天使の力を使う魔術って、人間側が勝手に?あるいは同意を得て?天使の力を引き出しているもので、天使に与えられたものではないような気がしていたんですが、認識違いだったでしょうか。


    > 「特殊効果」で特徴を選択的に付与する増強に対して、「自分が自前で使える能力しか与えられない」というのはどの程度の限定になるでしょうか?

    おそらく、可変増強(+10%ごとに+1%分の任意の増強として扱える)にそのような限定をするよりも選択増強(もっと高い増強はそのまま、それ以外を5分の1の増強率)の方が安く上がりますし、「自前で使える能力」の範囲も明確になります。
    (PLとGMで「自前で使える能力」の範囲に食い違いがあると悲惨ですので)

    もし、可変増強を「自分が自前で使える能力しか与えられない」という限定で限定した方が安くなるほどの多数の能力を保持している場合、その限定の制限がかなり緩いということになり限定率が下がりますので、あまり意味はなくなるかと。
    −10%ぐらいでしょうか。

    ※例
    100cpの能力2つ、50cpの能力4つ、30cpの能力6つを持っているとして、
    ・可変増強では+10000%(有利特徴付与:+1000%が必要なため)
    ・選択増強では「有利特徴付与:+1000%」に1つと他の有利特徴付与の%合計の5分の1である+960%を加えて、合計+1960%。
    と、選択増強の方が圧倒的に安くなります。

  • 55yuki - 20/07/04 12:42:51 - ID:rWD+vG4OMw

    >>53

    >> 天使が使う呪文はシステム的には「僧侶呪文」ではない。その上で、マナに依存しない(が代わりに所属宗教勢力・神の威光の反映具合がマナ濃度にあたる)仕様でしょうか。

    > その場合は、「魔法の素質 (マナではなく神聖力に依存:−0%)」で十分です。
    > マナを神聖力に置き換えて通常の魔法システムに従って運用してください。

    上記のように回答しましたが、「魔法」というパワーは、「マナ」という源に紐づいているため、
    関連するパワーを「魔法」から「神聖魔法」のような新しいパワーに置き換えた方が良さそうです。

    ※神聖力を源とするパワーには既に「神授」がありますが、神に与えられたどちらかというと受け身なパワーである「神授」とは異なり、神聖力を能動的に利用するパワーであるため、別のパワーとして定義した方が良いでしょう。
     そもそも「神授」の魔法は僧侶魔法ですし、それと区別する意味でも別に定義した方が良いでしょう。


    有利な特徴として新しく定義するならこんな感じでしょうか。


    神聖魔法の素質 5cpで0レベル、以降1レベルごとに+10cp
     源が「マナ」ではなく「神聖力」で、行使することができるパワー/呪文が「魔法」ではなく「神聖魔法」で、「魔法:-10%」ではなく「神聖魔法:−10%」というパワー修正がついた能力に対する才能として機能する。という点を除けば通常の魔法の素質と同様に機能します。


    まとめ
     通常の魔法の呪文:源は「マナ」、パワーは「魔法」、才能は「魔法の素質
     僧侶魔法の呪文:源は「神聖力」、パワーは「神授」、才能は「神の代行者
     神聖魔法の呪文:源は「神聖力」、パワーは「神聖魔法」、才能は「神聖魔法の素質」

  • 56紅葉 - 20/10/25 12:13:39 - ID:pGgrCCYAmA

    天使のページのB地区画像は大丈夫なんでしょうか?

    暗黒魔法の天使版ってないんでしょうか。
    ルナルの天使と契約したウィザードもちょっと違う感じです。

  • 57yuki - 20/10/25 12:18:41 - ID:16wdCJLYxw

    >>56

    普通に「僧侶魔法」です。「神の代行者」は、日本語名があれですが、何らかの存在から力を借り受けて魔法を行使する特徴です。
    「神」「天使」「精霊」など、力を借りる対象はさまざまです。

  • 58あれ君 - 20/10/25 13:51:08 - ID:OR8C6Ui9rQ

    >>56
     すみません、さっそく修正いたしました。

     ちなみに、(新)天使族は基本的に人間に友好的なヒーロー属性を想定しているため、歌属性は「+」(10cp)がデフォであると想定しています。
     いかがでしょうか…?

  • 59あれ君 - 20/10/26 02:44:19 - ID:OR8C6Ui9rQ

    >>49-57
     自分としては天使族はあくまで神の従者/眷属であり、いわば僧侶の延長線上の者だと認識しておりますので、天使が僧侶呪文を使うという設定に解釈しました。
     また、ロードス島伝説のフラウスみたいにフェイクトゥルフにおいても、敬虔な信者が(死後?)天使の一員に加えられるという設定も良いと思います。というか、天使の王メタトロンとかも元はそうでしたよね(「エルシャダイ」はマイフェイバリットなゲームの一つです…)。

  • 60ヴぇry - 20/10/26 12:15:35 - ID:lDq4L4Urkw

    >>56-59
    天使の魔法は「僧侶魔法」「神の代行者」や相応の「パワー修正」を付けた特徴で表現できるでしょうね。

    暗黒魔法の天使版」というのを「契約した霊的潜在に魔法を補助してもらう」ことを指しているのであれば、「精霊契約」で言及されている「GURPS Thaumatology」のルール「Spirit-assisted Magic」(霊的存在に支援してもらう魔法。「支援霊魔法」?)がそれを表現するルールだと思います。
    いわゆる「精霊魔法」や「暗黒魔法」とかはこの魔法体系の下位分類のようです。
    「天使や聖霊と契約して魔法を授かったり強化する」という点はこのルールで再現できそうです。

  • 61yuki - 20/10/31 12:23:27 - ID:16wdCJLYxw

    >>59

    もちろん、フェイクトゥルフ世界において天使がどのような存在であるかという定義によってかわるでしょう。
    ルナルみたいに「僧侶魔法」を授けない神々のいる世界だってあります。

    大妖怪とかが、その妖気(=神聖力)によって「僧侶魔法」を授けても不思議ではありません。
    古参の力ある天使が「僧侶魔法」を授けることができるとしてもなんらおかしくはないでしょう。

    全ては、設定次第です。


    >>60

    あぁ、「Spirit-assisted Magic」は天使でもいけますね。ご指摘ありがとうございます。
    まぁ、基本的なルールは「暗黒魔法」と変わらない(いくらか追加がありますが)ので最終的にNPC化しますが…

  • 62あれ君 - 20/11/16 11:58:46 - ID:Jy3hCqXXkA

     天使族向けの、格好の妖力/神霊力の特徴を考えつきましたので、投稿してみます🎵


    ***ATフィールド …P… 160cp
    概要
     特徴としてのATフィールドは、知的生命体の「自身を形作っている『心の壁』」が神霊力(天使族の妖力)により可視・実体レベルに具現化したものです。「念動フィールド」と近しい属性を持ち、上級の天使族はしばしばこの能力を使用できます。
     ただし、同様の能力を持つ者の攻撃で中和され、無効化される性質があり、「バリア貫通」も有効です。

    内訳:防護点20レベル(力場状:+20%、硬化4レベル:+80%、FP消費2レベル/オンになった直後に2点疲労、オフになるまで1分毎にさらに1点疲労:−10%、パワー修正/妖力:−10%、同様の能力を持つ者の攻撃や「バリア貫通」で中和され、無効化される:−20%、計+60%)[160]


     如何でしょうか…?

  • 63あれ君 - 20/11/16 20:44:15 - ID:OR8C6Ui9rQ

     続きです…。


    ***監視の目 …P… 40cp
    概要
     貴方はFPを2点消費することで、自分の全ての攻撃に誘導増強をかけることが出来ます(オンになった直後に2点疲労し、オフになるまで1分毎にさらに1点疲労します)。この特徴にはすでにパワー修正/妖力(−10%)の限定も含まれています。
     この特徴名の由来は、天使の王メタトロンが「無数の眼を持つ監視者」であったことから来ています。

  • 64yuki - 20/11/16 23:05:45 - ID:16wdCJLYxw

    >>62

    「同様の能力を持つ者の攻撃や「バリア貫通」で中和され、無効化される:−20%」に―20%もの価値があるか疑問です。

    「Uncontrollable Trigger」が近いでしょうか。
    条件を言い換えると上級の天使族同士で争うか、「バリア貫通」という高価な増強が施された攻撃を受けたときのみということですので、登場頻度は「まれ」でしょう。
    「Uncontrollable Trigger/同様の能力を持つ者の攻撃か"バリア貫通"攻撃:−0%」が適切ではないでしょうか。


    >>63

    こういった場合、基本的には自身の持っている攻撃手段全てに「誘導:+50%」と「増強選択:+5%」の増強を施してください。

    どうしても『自身の持っている攻撃手段全てに「誘導:+50%」を付与することができる』有利な特徴が欲しいというなら、「特殊効果」を使用することになるでしょう。
    以下のような感じでしょうか。

    監視の目 … 29cpで1レベル、以降+5cp/レベル
     あなたは、基本コストが「監視の目」のレベルの4倍以下の攻撃すべてに「誘導:+50%」が施されているかのように扱えます。
     基本コストは、"その攻撃手段を「特殊攻撃」として取得する場合の増強・限定による修正前のコスト"です。
     例えば、「叩き/1D-1」を与える攻撃手段なら基本コスト4cpのため、1レベルで十分ですが、「叩き/1D」は基本コスト5cpのため、2レベルが必要です。
     この能力を適用した攻撃を行う度に疲労することはありませんが、その戦闘において最初に使用する際に2点疲労し、以降1分毎に1点疲労します。1分毎に1点の疲労は任意ですが、支払わなかった場合は、再使用時に再度2点疲労します。

    内訳:
    特殊効果 1L (自身のみ:−50%、Variable Enhancement(なんらかの攻撃手段に「誘導」を付与する「有利特徴付与」のみ:−50%):+50%、宇宙パワー/判定不要:+100%、持続時間固定:+0%、持続時間短縮/180分の1:−45%、呪い 1L:+100%、反射的:+40%、妖力:−10%。計+185%) [29]
    2レベル以降、各レベルで「Variable Enhancement(なんらかの攻撃手段に「誘導」を付与する「有利特徴付与」のみ:−50%)」の増強率を+50% [+5/レベル]

  • 65yuki - 20/11/16 23:31:42 - ID:16wdCJLYxw

    >>64

    間違いがあったので、訂正します。

    監視の目 … 29cpで1レベル、以降+5cp/レベル
     あなたは、基本コストが「監視の目」のレベルの2倍以下の攻撃すべてに「誘導:+50%」が施されているかのように扱えます。
     基本コストは、"その攻撃手段を「特殊攻撃」として取得する場合の増強・限定による修正前のコスト"です。
     例えば、「叩き/1D-1」を与える攻撃手段なら基本コスト4cpのため、2レベルで十分ですが、「叩き/1D」は基本コスト5cpのため、3レベルが必要です。
     この能力を適用した攻撃を行う度に疲労することはありませんが、その戦闘において最初に使用する際に2点疲労し、以降1分毎に1点疲労します。1分毎に1点の疲労は任意ですが、支払わなかった場合は、再使用時に再度2点疲労します。

    内訳:
    特殊効果 1L (自身のみ:−50%、Variable Enhancement(なんらかの攻撃手段に「誘導」を付与する「有利特徴付与」のみ:−50%):+50%、宇宙パワー/判定不要:+100%、持続時間固定:+0%、持続時間短縮/180分の1:−45%、呪い 1L:+100%、反射的:+40%、妖力:−10%。計+185%) [29]
    2レベル以降、各レベルで「Variable Enhancement(なんらかの攻撃手段に「誘導」を付与する「有利特徴付与」のみ:−50%)」の増強率を+50% [+5/レベル]

  • 66あれ君 - 20/11/24 08:00:41 - ID:OR8C6Ui9rQ

     上級天使たちのレギュレーション(パワーレベル)ですが、〈うさぎの穴〉のメンバーのような上位の妖怪PC(基本的に各600cp級)との兼ね合いを考えたら、個人的には大体、座天使級はは900cp(赤い靴のオーナーと同程度)、智天使級は1000cp(美亜子さんとタメ)、そして熾天使級は1200cpくらいで良いかと思います。
     旧天使シャルギエル(百鬼夜翔の敵妖怪(P231)参照)は智天使級って解釈で。


    *オプションルール:旧天使の場合
     PCが旧天使の生き残り(たいていは敵役NPC?)と出くわした場合の、相手のキャラデータを作成する時の簡便なオプションです。

    〇作成の手間を省くため、第3版・百鬼夜翔ルールを用いる。
    〇「態度」は「優越/殲滅(−25cp)」を用いる。
    〇必ず、「翼による飛行」を持たせる。
    〇旧天使、特に上級の異形と威容を再現するために「美醜」は「異様」とし、ただしカリスマを最低3レベル以上持たせる。

     あくまで一般論(筆者の主観が入ってる?)としての目安のハウスルールです。GMの方は、自由にイマジネーションを働かせても一向に構いません。

  • 67名無し - 20/11/24 12:15:58 - ID:D8IO2vmc0Q

     ソード・ワールドのハウスルールで、天使の設定/データを載せているページを発見しました。

    http://www.din.or.jp/~shicheng/koukan02/a_angels.htm

     どうも連中はファリスの眷属とかではなく、異世界の神の尖兵らしいイメージなのですが🎵

    http://www.din.or.jp/~shicheng/koukan02/angels.htm

     如何でしょうか…?

  • 68名無し - 20/12/01 21:49:23 - ID:OR8C6Ui9rQ

    >>40
    >「悪魔」のページに調子に乗って素材画像を貼りまくりましたが、こんなにキャラクターを作る暇がないので、画像が使えそうな悪役用の悪魔キャラクターを募集します。

     では早速、悪魔/魔族の類型(テンプレート集)というページで試作を始めましたことを報告いたします。
     よろしければ、ご自由にお創り下されば幸いです…。

  • 69あれ君 - 20/12/02 13:31:29 - ID:OR8C6Ui9rQ

    >>68
     質問です…。


    …綮〕僂了箸に發任△襦秒遒琉魔”についてですが、「スカウター妖力」や「遠隔通信」にコストがかかって、思ったよりも総計cpが多くなりがちです。どうすればcp的にコストダウンできますでしょうか?

    ∪作中の“戦艦の悪魔”についてですが、cpで船とかを上手く作るコツって、いかなるものでしょうか?

  • 70yuki - 20/12/02 16:06:49 - ID:rvTu1Hnxcg

    >>69

    ■,砲弔い
    「スカウター」になぜ「透視」が必要なのでしょうか。「探知」は視覚に依存しない知覚能力で、「透視」は視覚に依存する知覚能力です。
    対して意味を持たないわりに10レベル分も購入しているため、高コストになる原因となっています。「透視」を削除してしまえば、良いのではないでしょうか。

    そもそもなぜ「遠隔通信」が必要ですか?
    用途を絞ればもっと低コスト化できるでしょう。偵察結果の報告程度でいいなら、「万能:+50%」とか要らないでしょうし。無駄に機能をつけすぎていませんか?

    家電やパソコンなんかを買うときと同じです。いたずらに多機能・高性能なものを買えば高くつくのは当然です。
    必要な機能・性能を明確にし、要件を満たすものの中から予算に見合ったものを購入するようにすれば自ずと安くなるでしょう。
    それでも予算に収まらないなら、まだ要求が高すぎるか、要求に対して予算が少なすぎるだけです。

    ■△砲弔い
    人間からかけ離れたキャラクターを作成する場合、『GURPS Template Toolkit 2: Races』が参考になるかと思います。
    種族テンプレート(乗り物含む)に関するガイドラインで、乗り物用の新しい共通性質(「Airship」「Boat」「Submersible」など)や特徴も含まれています。
    サンプルとして「Dayton-Wright DH-4」(複葉機)のテンプレートも掲載されています。

    『GURPS Template Toolkit 2: Races』の製品紹介ページ
    http://www.sjgames.com/gurps/books/templatetoolkit2/

  • 71あれ君 - 20/12/02 16:51:17 - ID:OR8C6Ui9rQ

    >>70
    >■,砲弔い
    >「スカウター」になぜ「透視」が必要なのでしょうか。「探知」は視覚に依存しない知覚能力で、「透視」は視覚に依存する知覚能力です。
    >対して意味を持たないわりに10レベル分も購入しているため、高コストになる原因となっています。「透視」を削除してしまえば、良いのではないでしょうか。

    >そもそもなぜ「遠隔通信」が必要ですか?
    >用途を絞ればもっと低コスト化できるでしょう。偵察結果の報告程度でいいなら、「万能:+50%」とか要らないでしょうし。無駄に機能をつけすぎていませんか?

    >家電やパソコンなんかを買うときと同じです。いたずらに多機能・高性能なものを買えば高くつくのは当然です。
    >必要な機能・性能を明確にし、要件を満たすものの中から予算に見合ったものを購入するようにすれば自ずと安くなるでしょう。
    >それでも予算に収まらないなら、まだ要求が高すぎるか、要求に対して予算が少なすぎるだけです。


     分かりました。余分な機能はそぎ落として、“バグス・デーモン”の効率化・合理化処置を行いました。

     実のところ、元ネタであった監察軍のドローン機体についての説明に書いてあった、この設定を再現しようと苦心しました迄で…。

  • 72あれ君 - 20/12/02 16:52:27 - ID:OR8C6Ui9rQ

    >>71
     失礼しました。設定とはこれの事です…。
    https://srw.wiki.cre.jp/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88

  • 73yuki - 20/12/02 21:40:34 - ID:rvTu1Hnxcg

    >>71

    >>72 を見てみましたが、「透視」の必要性は分かりませんでした。

    また、「遠隔通信」についてですが、「通常は旗艦艦隊ヘルモーズ級などで制御されている。さらに、自立金属ズフィルード・クリスタルが埋め込まれており、偵察した兵器のデータを旗艦艦隊に送り込む。」ということであれば、「種族:−20%」とか、「特定の一人(所属艦隊の旗艦)とのみ:−80%」などで限定することでさらにコストを下げられるかと思います。

  • 74ヴぇry - 20/12/03 15:26:58 - ID:lDq4L4Urkw

    悪魔の知覚・通信手段が、彼らの文明レベルからすれば一般的な技術の産物であれば、そしてキャンペーンでありふれた技術なら、「付属品」として1cpですませられるかもしれません。

    宇宙怪獣じみた性質を再現するならば、飲食と呼吸の耐性と寿命と「構造利点」の強みも欲しいですね。
    自然の存在でないなら、「脆弱/自然には存在できない」、消耗品的戦力なら「社会的弱者/価値ある財産」とかも付けてはいかがでしょう。

    巨体と高いHPがあるなら、下手な「特殊攻撃」よりも<相撲>(DX+2以上のLv)で体当たりした方が強そうですね。

  • 75名無し - 21/06/03 21:49:18 - ID:OR8C6Ui9rQ

     フェイクトゥルフで『魔界転生』を再現するための儀式呪文を、悪魔のページに追加いたしました。
     如何でしょうか…?

  • 76yuki - 21/06/04 11:23:42 - ID:+FAzs3fA4Q

    >>75

    《死王》によく似ているため、《死王》ベースに更新しました。
    御禁制の霊薬が不要な代わりに1人目の生贄が必要として同等レベルでしょう。

    ただ、生贄の追加によるエネルギー削減がバランスを崩していると感じましたので、そちらの記述を削除しました。
    ※消費エネルギーを上げるなどでバランスをとることもできますが、エネルギーを削減するための生贄を認めるために呪文のエネルギー消費を増やしていては本末転倒ですので。

    何よりも「確定で1人生贄が必要なため、2人目以降の生贄追加のハードルも非常に低い」、かつ「死ねば悪魔として転生できるためリスクを負うことが容易で、学校にでも突撃して1学級生贄にすれば3000〜4000エネルギーは余裕で確保できる」となると、生贄によるエネルギー削減を認められるのは難しいでしょう。

    また、死後復活するということで《転生》分のエネルギーを上乗せしてあります。
    https://seesaawiki.jp/mokugyo/d/%b4%f1%c0%d7%a4%ce%b8%e6%b6%c8%28%c4%c9%b2%c3%a4%ce%c1%ce%ce%b7%bc%f6%ca%b8%bd%b8%29#content_2_1_4

    その他、前提条件などいくつか調整を行っています。

このスレッドに投稿する(は入力必須)

全角1000文字以内

※それぞれ5MB以下のJPG,PNG,GIF形式のファイルを3枚までアップロードできます。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます