汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第11章「戦闘の章」の「防御」の「能動防御」より。

よけ(DODGING) B354P/2B34P

 よけ(Dodge)は攻撃の予想される通過地点から離れようとする試みです。武器の扱いに熟練していない、を構えていない、複数回数攻撃されるなどの場合に、「よけ」はたいてい最善の防御手段です。また、「受け」たり「止め」たりすると、武器が壊れてしまいそうな強力な武器を敵が使っている時もそうです。
 「よけ」は通常。火器に対してとりうる唯一の能動防御です。これは実際に弾丸をよけられるわけではありません! この種の攻撃に対する「よけ」は、タイミングよく身をかわしたりしゃがんだりすることで、敵が撃つと予想される地点をさけることを表しています。
 よけの数値は基本反応速度+3です。端数は切り捨てて、荷重レベルと同じだけのペナルティが(「荷重と移動」参照)。いつでも参照できるように、よけの数値はキャラクター・シート?に書き込んでおいてください。
 攻撃自体が予測できないものでない限り、どんな攻撃よけられます。1つの攻撃に対しては1度しかよけの判定はできません。もし1回の速射で複数の命中弾がある場合、よけの判定に成功するとそのうちの1発をよけることができます。さらに成功度1につき1発余分によけることできます。クリティカルよけに成功すると、その攻撃をすべて回避したことになります。

例:マシンガンが4発命中しようとしています。あなたのよけの数値は10です。サイコロで8の目を出しました。成功度は2です。あなたは3発よけることができます。命中するのは1発だけです。

 「全力防御/2回防御」を選択しているのでない限り、1つの攻撃に対して試みることができる能動防御は1つだけです。しかし"違う"攻撃を1ターンに複数回受けた場合、よけの回数に制限はありません。
アクロバットよけ(Acrobatic Dodge)
アクロバットよけ(Acrobatic Dodge)

 <軽業>技能に少なくとも1CP費やしていれば、1ターンに1回"曲芸的な"よけを試みることができます。これは相手の斬撃を飛び越したり、側転でよけたりといった行為を表します。よけの判定を行なう前に<軽業>技能(飛行中なら<曲芸飛行>)で判定して、成功すれば「よけ」に+2されます。失敗すると「よけ」は-2されてしまいます。
 これは「後退」と組み合わせて使うことができます。
味方をかばう(Sacrificial Dodge)
味方をかばう(Sacrificial Dodge)

 味方への攻撃に対して、その通り道に自分の身体を投げ出すことによってかばう?ことができます。そのためには、味方と敵の間にステップ移動できるほど近くにいなければなりません。この宣言は敵の攻撃が成功した後、味方が防御判定を行なう前に行ないます。
 通常のよけルールを用いますが、「後退」と組み合わせることはできません。判定に成功したら、あなたにその攻撃が命中します。失敗したら、あなたは間に合わなかったことになります。しかし、味方は通常通りの防御判定を行なうことができます。どちらの場合でも、あなたは移動したことになるため、次のターンまでの間に攻撃されても後退することはできません。

乗り物のよけ(Vehicular Dodge)
乗り物のよけ(Vehicular Dodge)

 乗り物が回避運動をとっている場合、よけの判定を行なうことができます。通常の基本反応速度+3の代わりに、操縦者の技能(<運転><操縦>など)レベルを半分にして(端数切り捨て)、乗り物の「操作値」の数値で修正したものを使います。例えば<運転/オートバイ_Lv14>を持っているライダーが、操作値+1のバイクで回避運動をしている時には、よけは8になります。
 なお、戦車などは大量の強化よけで装甲の避弾経始(ひだんけいし)を再現しており、そのよけの数値は20前後にも達します。
エラッタ修正:「Handling 」訳語不統一:【誤】操縦性 → 【正】操作値

関連

第11章:戦闘(COMBAT) B322P/2B22P
戦闘(COMBAT)

このページへのコメント

「よけができない」という不利な特徴を作るとしたら、CPはいくらくらいでしょうか? たいていの植物やサンゴ、海綿みたいなものを想定しているのですが、ルールブックにはこういったキャラクターの例は載っていないようなので

0
Posted by 名無し(ID:bfVHkFFglg) 2021年05月17日(月) 20:00:56 返信数(4) 返信

「よけができない」理由にもよりますが、意識がないならそもそも「よけ」ません。
例に挙げられているのは、このパターンですので、そのような特徴は不要です。

意識があるが、体を動かせない(移動できない)ため「よけができない」種族ということなら、「基本移動力」を0まで低下する必要がある「脚がない」をとれば良いでしょう。
こちらも新しい特徴は不要です。

1
Posted by yuki 2021年05月18日(火) 07:46:08

丁寧な回答ありがとうございます。確かに「脚がない」や「歩行障害」では「基本移動力」を下げたり0にします。しかし、「よけ」が参照するのは「基本移動力」ではなく、「基本反応速度」であるため、ルールブックの文章を読む限りでは、これらの特徴の影響を受けないようにも見えます。また、現実的にも、地面に「固定」されたり「全脚喪失」だったりしても、身をよじるなりそらすなりしてよけることはできなくもないとは思われます。「アクロバットよけ」や「後退」は使えなさそうですし、一部、狙われたら「よけ」を試みられない部位もありそうですが、それらに関する記述もないため、こういった特徴と「よけ」の関係をどう解釈すべきなのか迷っています

1
Posted by 名無し(ID:bfVHkFFglg) 2021年05月18日(火) 19:02:40

現実的に「よけ」ができない状況で「よけ」を認めない、と裁定するのは当然のことと思います。
ロープで柱に括りつけられていたり、意識を失っていたりすれば、「よけ」は認められないでしょう。

同じように「脚がない」の一部バリエーションにおいて「よけができない状況」であるとGMが判断した場合に「よけ」を認める必要はありません。
逆に言えば、「脚がない(固定)」であっても、手首より先などが十分な稼働ができると判断したなら、そういった箇所については「よけ」を認めればよいと思います。

いずれにしても状況によるボーナスとペナルティ(場合によっては判定そのものを認めない)の一種として処理して構わないでしょう。
なんにせよ「よけができない」と判断されるだけの不利な特徴を既に取得しているなら、それ以上の特徴は不要でしょうし、そうでないなら逆に「よけができない」という特徴だけを持つのは不自然かと。
「誓い/よけない」とかならわからなくもありませんが。

1
Posted by yuki 2021年05月19日(水) 12:38:43

ありがとうございます。得心が行きました。おっしゃるとおり、これらは特徴を持ち出さずとも常識で判断できる内容ですね。大変参考になりました

0
Posted by 名無し(ID:bfVHkFFglg) 2021年05月19日(水) 23:03:06

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます