汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

ウィザード(魔術師)

 ルナルにおけるウィザードとは、人間ドワーフなどの諸種族から、古代の〈源人〉への先祖帰りによる異相と魔法への適性を現した者のことを指す。このため、ウィザードは生まれの種族から区別され、独立した一種族として扱われる。ただし、ディミヤーナ・レイニやライテロッヒ・ジェムのようにウィザードとして生まれた兄弟姉妹を身内扱いして付き合う人物も存在する。
 ウィザードたちは、輪の月に住む〈天使〉と契約することで、自由自在に魔術を習得することができ、さらに呪文レベル自体を底上げする事ができる。そのため、双子の月の信者(人間)よりも高いレベルで魔術を行使できる。反面、種族自体の生命力が低めで、近接戦闘は苦手。また、ウィザードの大半は修行の過程で子孫を残せない体質になってしまう為、魔法の素質を持つ(全く血縁関係がない赤の他人の)赤ん坊を探し、弟子として引き取るためにあちこちを旅をする(修行も兼ねている)。また、治癒系呪文に熟達した魔術師の場合、老化遅延や若返りの呪文で補う事もある。
 なお、契約対象として〈天使〉ではなく〈悪魔〉を選び、邪悪な行為を好む者は邪術師(ソーサラー)と呼ばれる。ソーサラーは、ウィザードが力を追い求めて天使を破棄し、悪魔を呼んで堕ちてしまう「堕ちたウィザード」の場合と、生まれた時から素養者としてソーサラーに拾われ、邪悪な教育を受ける場合が存在する。
身体形状:他の種族に準じるが、色素が乏しく痩せている。一部の個体はより激しい変容を示す。
支配領域:特に無し
使用言語:居住地域の人間の言語(ウィザードの大半が人間出身のため)。古代神聖語は魔術関係に用いる。
社会形態:魔術の師弟関係で結び付きを持つ。研究や自衛のために魔術師団を構成する事も多い。魔法の品物の作成や呪文のサービスで生計を立てる事もある。
家族制度:師弟の集まりが家族に相当する。元の種族に準じて結婚する事はあるが、通常は生殖能力を備えない。
一般的性向:魔術に対する探求心が強い。多かれ少なかれ浮世離れする傾向がある。
長所:知性と魔力に優れ敏捷性も高い。魔術には他の月の魔法のような修得制限は存在しない。
短所:生命力が虚弱。〈天使〉を封印した魔術具がないと魔術を普通に使えない。カルシファードでは特別扱いされ、敬して遠ざけられる。
命名法則:「通り名(師匠が決め、法則は特に無いが魔術・伝承関係が好まれる)」1つだけ。魔術名(〈天使〉との契約に使われる)も持つが、普段の生活には決して使われない。カルシファードでは「通り名+号」で呼ばれる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます