汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第4版B223P参照。

チョークホールド(Choke Hold) B223P

チョークホールド】(難)
 技能なし値:<柔道>-2、<レスリング>-3
 前提条件:<柔道>か<レスリング>
 上限:前提条件の技能レベル

 このテクニックは、「チョークホールド」のルールを使うときの<柔道>-2や<レスリング>-3のペナルティを“買い戻す”ためのものです。

チョークホールドのルール B382P-62P

特殊な戦闘の状況」の章/「特殊な白兵戦闘ルール」/「特殊な素手戦闘テクニック」より。

 この<柔道>や<レスリング>のテクニックは、前腕部を相手のに回してロックすることにより、圧力をかけて気管をつぶすというものです。目標が暴れれば暴れるほど苦しくなります。このテクニックは敵を速やかに取り押さえることができます。
 チョークホールドを試みるには、敵の背後から両手で組みつかなければなりません。これは通常の組みつき(「組みつく」B349P参照)として扱いますが、<柔道>技能なら-2、<レスリング>技能なら-3の修正があります。相手がこの攻撃に気づいている場合、可能な能動防御を試みることができます。ただし背面から攻撃されたことによる通常のペナルティをうけます。
 敵は次のターン、あるいは以降のターンふりほどきを試みることができます。あなたは即決勝負に+5の修正を得ます。しかしあなたが制しているのは、目標の頭部であることを忘れないでください――ではありません。相手はつかまれていることによる-4の修正を通常通りうけますが、「大振り」や「後ろ蹴り」などであなたを攻撃することができます。
 あなたの次のターン――そして敵がふりほどくまでのターンずっと――相手は窒息によって1FP失います。もし望むのであれば、同時に締めることによって叩きダメージを与えてもかまいません(「組みついた後の行動」B349P参照)。この目的のときには体力に+3の修正をうけます。

関連

第11章:「戦闘の章」、「白兵攻撃」の「素手戦闘」より「組みついた後の行動

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます