汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

現状、主に汎称特徴をレベル表記に変える際の暫定的な処置。

ランク表記

 第4版の用語の読み替えにおいて、主に汎称特徴をレベル表記に変える際の代案。
レベル制の特徴は「特殊効果」等の“特徴のレベルを参照する”効果を受ける。
幸運」など第3版ではレベル表記で表現されているものが、第4版ではレベル表記でなくすためにわざわざ段階によって異なる名称を用いる処置をとっている。
この“段階によって名称が変化する”というのはリスト化や編纂時に大変不便で、名称自体も冗長になりがちである。
利便性を考慮しての「レベル表記」と、「レベル参照効果の対象外」を両立させる折衷案として「ランク」という概念を導入するのが「ランク表記」である。

書式

 ランク(Rank)表記の略称は「R」。なお、「階級」の原書名は「Rank」だが、日本語表記によるルール運用上は問題ない。
例えば、第3版では「幸運レベル2」「幸運L2」、第4版では「すごい幸運」と書かれていたものが、ランク表記では「幸運R2」と表記されることになる。アルファベットが繋がって紛らわしい表記になりそうな場合は、スペースかアンダーバー( _ )で書式を調節する。例:「○○_R2」。

レベル表記との違い

 ランク表記は“レベル参照”の対象外という点以外は、レベル表記と同じように扱う。
ただし、傾向としては、レベル表記の特徴はレベルに比例して効果が定量で増大するのに対し、ランク表記は効果の変質が著しい。

当てはまりそうな特徴は主に汎称特徴
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます