汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所


ルークス聖域王国

大陸の北西に位置する宗教国 双子の月全ての神の最高司祭である「巫王」が存在する。
「巫王」は神の血をひいており、死後転生する、と伝えられています。
現在は15年前に転生したので、15歳のはず、であります。
居住種族人間(ルナル)エルファドワーフなど
政治体制神殿がそのまま国家組織でもあり、「巫王」と呼ばれる女性を神聖な君主として仰ぐ。国家機構には〈俗僧〉(ラアーム)と呼ばれる神官・高司祭達が関わり、〈名を捨てし者〉(サーラーフ)と呼ばれる神官戦士団が存在する。政府で実務を司る中枢は「八聖師」と呼ばれる各神殿の長。
首都宗教都市ルークス(ゼモス山の麓にある神殿都市で、リアド全土から巡礼者が来る。魔法の品を作る鍛冶師や魔化師も多く居住。神殿と巫王の宮殿は山腹にある)
 ※双子の月信仰には、全体の総本山はなく地方毎に分かれています。〈三つの輪〉から供給される魔法の品の配布をコントロールするルークスの神殿の支配力は強大ですが。
主要都市タウナン港(巡礼路の起点。リプレイでは所属が曖昧だったが)、渦巻都市アルブレフ、狩猟都市バレブ、極北港ナハブ(リアド最北の街)、エルマ(角鹿の平原北端付近、火山の麓の賑やかな温泉町。〈竜嫌いの竜〉ドラクスの息子である火竜ドレイクスが山にいる)、弓矢都市ベドヴィ、境界都市ボロクシ(共に大鹿の平原にある街)
名所エデラ山地(トルアドネス帝国との国境)
巡礼路(タウナン港とブラン公国方面からルークスに通じる道路)
大鹿の平原、角鹿の平原(巡礼路沿いの平原地帯で、様々な種類の鹿が棲息。意外と街や村も点在している)
ニアベ湖(アルブレフの西側にある大きな湖)
牙魚海岸(アルブレフの東に広がる海岸)
タイバの森(針葉樹林。リアドで3番目に大きなエルファの居住地)
ゼモス山(標高1000メルー。人間が双子の神々と契約を結んだ聖地。富士山やフダラク山と似た形らしく、登るのは難しいが下るのは楽)
ラ・カー氷原(北部に広がる凍て付いた地。リアド最大の魔術師団〈三つの輪〉の本拠が存在する。山地には氷の住居と精密機器を扱う特異な文化を持つドワーフ部族も)
技術水準人口が少なく産業は少ないが、技術は平均レベルと推測される。〈三つの輪〉やドワーフ部族の存在もあり、特殊技術でも侮れない。活字印刷発祥の地でもある。
特有産物魔化製品、毛皮、精密機器
注意事項!巫王に関して批判がましい事は口にしないように(君主なので当たり前だが)。帝国と対立しているので、青の月の信者は帝国のスパイと誤解されるような行為は避けること(この点は1095年当時に留まらず、1115年頃でも同様)。ルークスの神殿の不興を買うと、魔法の品物の供給が停止させられる危険がある。寒冷地であるため防寒は重要。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます