汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

ベーシックセット』第11章「戦闘」の「戦闘行動」より。
ここで言う「ターン」とは戦闘参加者全員のターンではなく、「能動ターン」のような行動順が回ってきた者の手番を指すものと考えられる。

移動攻撃(Move and Attack) B345P/2B25P

 「移動」を選んだ時と同じだけ移動できますが、移動中(または移動後)一度だけあまり狙いをつけずに攻撃できます――素手でも準備状態の武器でも可能です。
 攻撃は「攻撃」で説明したのと同じ手順ですが、ペナルティがあります。長射程攻撃であれば「-2」「武器扱いやすさ」のうち、より悪い修正を用います。もし「狙い」をつけていても、そのボーナスは失われてしまいます。「体当たり」以外の白兵攻撃の場合、技能は一律に-4され、目標値は最大でも9です。

移動:「移動」と同じだけ――しかし2つの行動を同時に行なっているため、「転倒を回避する」「障害物を飛び越す」などの判定には-2の修正があります。

能動防御:「よけ」と「止め」しかできません。「受け」はできませんし、後退することもできません。

関連

ベーシックセット』第11章「戦闘


上級戦闘の戦闘行動(MANEUVERS IN TACTICAL COMBAT) B364P/2B44P

ベーシックセット』第12章「上級戦闘」の「上級戦闘の戦闘行動」(Maneuvers_in_Tactical_Combat)より。

移動攻撃(Move and Attack)

 移動力に等しい移動点を得ます(端数切り上げ)。

関連

Martial Arts での拡張(MA107P)

GURPS Martial Arts』p.107より。
 この行動は、無手や白兵武器だけでなく、噛みつき、つかむキック盾でなぐるなど、あらゆる白兵攻撃で使用できます。攻撃が突きダメージを与える場合、スラムダメージ(HP×速度/100)の方が良い場合は、スラムダメージで代用することができます。例えば、ST18、HP18、移動力12のケンタウロスは、突きは1d+2だが、体当たりは2dなので、槍(突き+3 刺し)による移動攻撃で2d+3 刺しを与えることになります。
 さらに現実味を出すために、移動攻撃の防御制限を以下のように修正します。

能動防御:腕を使って攻撃した場合、その腕で受け(拳、肘、武器を使った攻撃の場合)や止め(盾やマントを使った攻撃の場合)をすることはできません。他の体の部位(足、頭、膝、口、脛など)を使って攻撃した場合、よけができません。その他の防御は可能ですが、後退はできません。これらの制限は、あなたが命中判定を行なった後に有効になります。その前に誰かが「待機」を使ってあなたの行動を中断した場合、あなたは普通に防御を行い、行動を完了することができます。

 GMは「2つのことを同時に行おうとしている」ことによる-2を、敵の攻撃に対する防御判定抵抗判定を除くすべての成功判定に適用することを検討すべきです。例えば、すり抜けすり抜けさせないための敏捷力判定(B347のすり抜けを参照)、<早抜き>、突き飛ばしを受けても立っているための判定(B357の突き飛ばしを参照)、戦闘中に何かに気付くための知覚判定などに適用されることになるでしょう。
 ほとんどの白兵攻撃オプション(例えば、命中部位)は、移動攻撃に対応しています。ただし、連続攻撃コンビネーションは使用できません。トリック攻撃も、スキル上限がなくなるような攻撃(体当たりや【飛翔蹴り】のようなマンガ的テクニック)をしない限り、最終的に修正後技能レベルが10以上必要なので、使用できません。また、高速攻撃強力攻撃高速ステップなど、戦闘中のさらなる努力を使うことも禁止されています。
 リアルな白兵戦闘ではペナルティと制限のために不利な行動です。マンガ的なゲームでは、より魅力的にする特別なテクニックが存在します。

原書表記


アクロバット攻撃(Acrobatic Attack)

[[アクロバット攻撃>移動攻撃#Acrobatic_Attack]]
 「アクロバット移動」(P.105-106)で説明した特殊技のいずれかを、「移動攻撃」の移動部分として使用することができます。移動攻撃の利点と欠点は、あなたのアクロバットによるものと「重複」します。命中判定とスタントを成功させるために必要なロールの両方に-2が追加されます。2つのことを同時に行うことの代償です。

例:マンフレッドはロープで10メートルスイングし、黒公爵の護衛の一人をサーベルで切りつけて通り過ぎたいと思っています。「スイング」(P.105-106)を参照すると、10メートルのスイングには-4の<軽業>判定が必要で、アクロバット攻撃で-2を追加すると-6となることがわかります。 これは移動攻撃であるため、マンフレッドの調整後の命中判定は9を超えることができず、その後受け後退もできません。そして、スイングのおかげで次のよけアクロバットよけとしてカウントされますが、間違った場所に行ってしまったり、倒れてしまったりする可能性があります。

 アクロバット攻撃に基づいたテクニックを作成する場合、使用するアクロバット移動のオプションを指定する必要があります。基本的な技能なし値は-6で、移動攻撃で-4、アクロバット攻撃で-2が追加されます。技能の上限である9を無視するために-1を追加します。テクニックの移動部分の判定はすべて-2であることを忘れないでください。

原書表記


飛翔攻撃(Flying Attack)

[[飛翔攻撃>移動攻撃#Flying_Attack]]
 アクロバット攻撃よりも危険度が低いのが飛翔攻撃です。移動攻撃を行い、攻撃の直前に跳んで距離を伸ばします(障害物を避けたり、敵をすり抜けたりするためではありません)。走って、跳んで、攻撃する。ジャンプのための勢いをつけるには途切れることなく走り続けなければなりませんし、攻撃するにはジャンプに成功する必要があります。
 まず、予定通りの距離を走ります。この距離は、最大移動距離までであれば、どのような距離でもかまいません。実際、このオプションは、最大移動を実行しない限り、ほとんど効果がありません!
 次に、走り幅跳びをします。これには敏捷力か<跳躍>の判定が必要です。成功すると、走り終わったときにジャンプした距離と同じだけ移動距離が増えます。走っているときのボーナスも加算されますが、戦闘中のジャンプの場合は最終的な距離を半分にします。 ジャンプは走っていた方向へ移動します。 失敗した場合、転倒してターン終了となり、攻撃することはできません。詳しくは「跳ぶ」(P.B334)を参照してください。
 最後に、攻撃を開始します。着地点から届く範囲の相手を攻撃することができます。このとき、移動攻撃は通常-4ですが、-5となります。移動攻撃には、調整後の技能レベル上限が9であるなど、通常の制限もそのまま適用されます。
 マンガ的テクニックの多くは飛翔攻撃です。これらはダメージ向上のためにジャンプのタイミングを合わせることが多く、また攻撃に特化しているため、通常の移動攻撃の技能レベル上限がありません。このようなテクニックをデザインする方法については、新しいテクニックの作成?(89-95ページ)を参照してください。しかし、このようなテクニックは失敗すると悲惨な結果になります。攻撃者は攻撃に専念しているので、ブレーキをかけるために命中させる必要があります。 例として、【飛翔蹴り】や【飛翔突き】(pp.83-84)を参照してください。

原書表記

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章キャラクターの作成

キャラクターの作成
キャラクターのタイプ
利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴
消耗品型特徴

特典/
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定
限定値

について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 6:Quirks

増強について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 4:Enhancements
追加修正?
限定について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 8:Limitations

第4章:技能

第4版技能一覧
意志力を基準にした技能
知覚力を基準にした技能
生命力を基準にした技能
影響技能
第4版逆引き・技能なし値一覧表
技能なし値に能力値が工面しづらい一般技能
専門化が必要な技能
文明レベル技能
必須の技能を知らない
万能技能について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 7:Wildcard Skills
第4版呪文一覧
原書呪文一覧
第3章〜第26章

各コラム

第7章テンプレート

第8章装備

装備品対訳表

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

Martial Arts

Horror

Supers

Pyramid #3/54: Social Engineering

追加特徴「全言語対応

Pyramid #3/65: Alternate GURPS III

追加特徴「特殊武器

GURPS Template Toolkit 2: Races

追加特徴

GURPS Monster Hunters Power-Ups 1

追加の有利な特徴
追加テクニック

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
FC関連ページ
クトゥルフ神話的存在CMB
FC百鬼夜翔コンバート
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

メンバーのみ編集できます