汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第4版のB373P(2巻53P第13章:特殊な戦闘の状況)「可視性」参照。

状況

攻撃側がみることができない:
 もし攻撃側が視力を失っていたり、完全な闇の中にいる時には、聴覚-2の聴覚判定――もしくは他の方法――で敵の位置を知ることができます。もし聴覚判定に失敗した場合でも、方向をランダムに選んで攻撃できます。(マップを使っている場合、ヘクスを指定しなければなりません)。この攻撃には-10の修正があります(もし視覚を失っている状況に慣れていれば-6)。命中部位はランダムに決定します。
攻撃側は敵を見ることができないが、周囲の環境は見える場合:
 もし敵が透明なら、上記のルールを使用します。ただしペナルティは-6です。
攻撃側が敵の姿を見ることはできないが、居場所が確実に分かっている場合:
 敵が1ヘクス分の煙の中にいる場合などは、上のルールを用いてください。ただし聴覚判定の必要はありませんし、ペナルティは-4です。
防御側が攻撃側を見ることができない場合:
 もし攻撃してくる相手(その武器を含めます)を見ることはできないが、攻撃されていることがわかっているなら、防御側は-4で「よけ」を行なうことができます。もし聴覚-2判定に成功すれば「受け」や「止め」も行なうことができますが、-4の修正があります。もし防御側が攻撃にまったく気がついていなければ、能動防御を行なうことはできません。攻撃側は煙や超自然的な暗闇の中にいるが、防御側がそうでないなら、防御側は通常通りに防御ができます。武器が近づいてくるのが分かるからです。
 目に見えない戦士は、ふつうの戦士には絶対できないようなことも安全に試みられることに注意してください。敵が疲れきるまで、隅に潜んで待ち続けることもできるのです!

たいまつと懐中電灯(Torches and Flashlights)

 「たいまつと懐中電灯」参照。

「光/闇系呪文」(Light and Darkness Spells)

ガープス魔法大全p.155-159より。
 光/闇系呪文は可視光線だけではなく、赤外線や紫外線にも影響します。照明を提供する呪文は、赤外線視覚紫外線視覚を備えたものにも明かりを提供します。一方で、通常の視覚を遮る呪文はそれらの感覚も遮ります。
 光の呪文の多くは、さまざまなレベルの光を作り出すことができます。光の呪文を唯一の光源として使う場合、次の視覚の修正値が適当です。
光の強さ視覚の修正値
星明り-7
ロウソク、月光-5
松明-3
日光0

関連

特殊系特典の「点火」(Ignition)と「照明」(Illumination

Powersの追加修正可視」(Visible)

いろいろな危険(HAZARDS)
(FLAME)

焼きダメージ」(Burning)/焼き(burn)/(burn)
増強/「ダメージ修正」(Damage Modifiers)火霊系呪文」(Fire Spells)

乗り物制御判定(Control Rolls)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます