汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

才能」「追加才能」参照。
意訳強め。
「Power-Ups 3: Talents」p.21より。


拡張才能(EXTENDED TALENTS) p.21

 基本セットでは、ヒーローを特定の「才能」は4レベルまでに制限しています。ここで区切ったのは、「名声」の場合と同様に反応ボーナスを+4の上限を課した場合から判断されています。ただし、「才能」の最も重要な(ゲームシステム上の)役割は技能を支援することであり、その意味では、限定された能力値とは異なりません。特に、GMが反応ボーナスではなく「代替利点」を使用しているキャンペーンで、能力値の上限が20の場合、「なぜ10レベルの才能がないのか?」という疑問はもっともで、それを存在させる挑戦は正当です。

 The Basic Set limits heroes to four levels of any given Talent. This cutoff was arrived at by viewing the reaction bonus as similar to that from a Reputation, and subjecting it to the same upper bound: +4. However, the foremost game-mechanical role of Talents is to aid skills, and in that sense they aren’t unlike limited attributes. Especially in a campaign where the GM is using Alternative Benefits (pp. 18-19) and not reaction bonuses, if attributes are capped at 20 (see p. B14), then “Why not 10 levels of Talent?” is a fair challenge.

 この挑戦に対して簡潔に答えるなら、"どうぞ、してください!"。
公開されたGURPSサプリメントにより、PCは4レベル以上の「才能」を持つことができます。例えば、Dungeon Fantasy 11は最大レベルは6を推奨しています。
ただし、上限を特定のキャンペーンに最適に一致させるには、「才能」の各利点を個別の条件に分けて考えると便利です。

 The short answer is, “Go ahead!” Published GURPS supplements allow PCs to have more than four levels of Talent; e.g., Dungeon Fantasy 11 suggests six. To best match the upper limit to a given campaign, though, it’s useful to examine each benefit of Talent on its own terms:

才能の各利点

学習時間の短縮(Learning-Time Reductions):
 制限のない超自然的な「魔法の素質」でさえ、「通常の時間の60%」(p。B235)または-40%の制限を投稿します。 -50%に下げると、学習速度が2倍になります。これは、「集中訓練?」(B293P)に匹敵します。GMがそれに注意を向けていれば十分許容できます。ただし、PCが80時間以下(-60%以下)でCPを獲得できる場合、Rules Lawyer(日本で言うところの和マンチ)はこれを容赦なく活用して、ほぼ毎週"無料"で技能を向上させます。教えること、読むこと、練習することなどは、基本的で還元不可能な時間がかかり、-40%または-50%で停止すると言うのが最も公正です。

 Learning-Time Reductions: Even Magery – which is openended and supernatural – posts a limit of “60% of the usual time” (p. B235), or -40%. Going down to -50% would double learning speed; that’s comparable to Intensive Training (p. B293), which is tolerable enough if the GM keeps a close eye on it. However, if a PC can acquire a point in 80 hours or less (-60% or lower), then rules-lawyers will exploit this mercilessly to improve skills “for free” almost weekly. It’s fairest to say that teaching, reading, practice, etc. take some basic, irreducible time, and stop at -40% or -50%.
反応ボーナス(Reaction Bonuses):
 反応に[+1/レベル]を付与するほとんどの特性は4レベルで停止します。これらには、「容貌」(生物なら「最高」、そして「両性」について説明された平均の+4)、「名声」、そして「社会的尊厳」が含まれます。
これは、反応ボーナスが累積され、反応表で19を超える反応結果が定義されていないためです。特定のソースからのボーナスを+4で制限することは、これに対するゲームの簡単なコントロールの1つです。それでも、「最高」の容貌とは、「見栄えの良い人の性に惹かれた人」が行なった反応判定に+6を与えるので、影響を受けるグループが最大で人口の半分である場合、そのようなボーナスは大丈夫かもしれません。

 Reaction Bonuses: Most traits that grant +1/level to reactions stop at four levels; these include Appearance (mortals are restricted to Very Handsome/Beautiful, averaging the +4 described for Androgynous), Reputation, and Social Regard.
This is because reaction bonuses are cumulative and reaction results higher than 19 aren’t defined (see p. B561). Capping bonuses at +4 from a given source is one of the game’s simple controls on this. Still, Very Handsome/Beautiful gives +6 to reaction rolls made by those attracted to the good-looking person’s sex, so such a bonus might be fine if the group affected is at most half the population.
技能ボーナス(Skill Bonuses)
 技能は任意の高いペナルティに直面します――不利な状況なら成功判定に-5、-10、-15、またはそれ以上悪化する可能性もあります。したがって、これらのペナルティを相殺するボーナスは本質的にバランスが取れています。 GMがDXIQHTWillPerを上限とする場合、「才能」は同等の限界に直面するはずです。そのような値の標準的な人間の制限は20です。つまり、平均10に対して+10です。

 Skill Bonuses: Skills face arbitrarily high penalties – unfavorable circumstances can pile up -5, -10, -15, or worse on a success roll. Bonuses to offset these penalties are therefore intrinsically balanced. If the GM caps DX, IQ, HT, Will, and Per, though, then Talent should face comparable bounds. The standard human limit for such scores is 20; that is, +10 relative to the average of 10.

制限を設定する(Setting Limits)p.21

 「才能」のキャンペーンでの最大レベルを設定する場合、GMは、各利点にどの制限を課すか、3つのうちどれを優先するか、およびそれらの間の対称性を破ることがフェアプレイや美的感覚と両立するかどうかを決定する必要があります。これにより、「才能制限表」に要約されているいくつかのオプションが提示されています。

 When setting the campaign’s maximum Talent level, the GM must decide what limit he wants to place on each benefit, which of the three is his highest priority, and whether breaking the symmetry between them is compatible with his sense of fair play and/or aesthetic preferences. This leads to several options, summarized on the Talent Limits Table (p. 22):

標準手順(Lockstep):

 GMが、「才能」がCPコストを正当化するために3つすべての効果を一緒に進める必要があると考えている場合は、4レベルの元の制限を使用する必要があります。反応判定に+5、学習時間に-50%を使用できる場合は5レベルです。

 If the GM believes that all three effects must advance together for Talent to justify its point cost, then he should use the original limit of four levels – or five, if he can live with +5 to reaction rolls and -50% to learning time.

学習の上限(Learning Cap):
 GMが反応ボーナスの制限に慣れている場合――またはそれらを使用していない場合(ほとんどの場合、「代替利点」が原因)――相互に関連するすべての技能関連の効果を主張する場合、5レベルの「才能」が最適です。
これにより、スキルは+5、学習時間は-50%になりますが、反応(使用する場合)は+4または+5になります。

 If the GM is comfortable with capping reaction bonuses – or just isn’t using them (most likely because of Alternative Benefits, pp. 18-19) – but insists on all skill-related effects tracking each other, then five levels of Talent work best.
This gives +5 to skills and -50% to learning time, but merely +4 or +5 to reactions (if used).

反応の上限(Reaction Cap):
 GMが反応ボーナスを使用している場合、6レベルまで機能させることがあります。
これは、「才能」における反応ボーナスの上限設定に、次のことを考慮したためです。
  • 「一般的に"あなたの性に惹かれる人々"」(普通は、良い容貌の影響を受ける異性)よりも
    「"その才能に感銘を受けた人々"から反応+6で活動できる機会」が少ない点。

これにより、技能と反応の上限は+6になります。しかし、学習時間においてはGMが快適さを考慮して-40%か-50%にします。

 If the GM is using reaction bonuses and regards those as the critical limit on Talents, but can live with +6 from “people impressed by this Talent” because that’s generally smaller than “those attracted to your sex,” then six levels of Talent can work. This gives +6 to skills and reactions, but just -40% or -50% to learning time, depending on what the GM feels comfortable with.

技能の上限(Skill Cap):
 GMが技能ボーナス以外のすべてを制限する場合、彼は最大10レベルの「才能」を安全に許可できます。ただし、技能は+10ですが、学習時間は-40%または-50%までで、反応は+4〜+6までです。狭い範囲で+10を超えて技能を押し上げても問題ない場合があります。たとえば、GMがPerを20に制限するが「鋭敏聴覚 L4」も許可している場合、+14から人間の標準である10の聴覚に対して、「音楽能力 L14」を受け入れることができます!

 If the GM is willing to cap everything but skill bonuses, then he can safely permit up to 10 levels of Talent, for +10 to skills – but still just -40% or -50% to learning time and +4 to +6 to reactions. Pushing past even +10 to skills in a narrow area might be fine; e.g., if the GM limits Per to 20 but also allows Acute Hearing 4, for +14 to Hearing relative to the human norm of 10, then he may accept Musical Ability 14!

価格への影響(Effects on Pricing) p.22

 GMは、レベル4以降の「才能」レベルのCPコストを値下げする誘惑を回避する必要があります。これらは通常のメリットの一部のみを付与する場合です(たとえば、技能に+5、反応に+4、学習時間に-40%を与える「才能 L5」)。
そのような値下げは、コストが見逃せないという理由だけで、プレイヤーがPC達に不適切な「才能」を与えることにつながります。GMが「才能」のより低いレベルにそれほど重きを付けないようにして、各レベルがおおよそ等しい利点を購入することを望む場合、そうするための最も公正な方法は、利用可能なレベルで均等に割る最大の技能、反応、学習効果を選択することです。それらの範囲を全体に広げます。
非常に才能のある個人を除くすべての人に対して、8レベルまたは10レベルの「才能」だが反応効果はないものとしてこれを行うことは、代替利点が存在するという異論に対処する代案となります。「才能制限表」の「ねじれ式」仕様は、最も簡単な例を示しています。


 The GM should avoid the temptation to discount the point cost of Talent levels past the fourth when these grant only some of the customary benefits (e.g., Talent 5 that gives +5 to skills but just +4 to reactions and -40% to learning time).
Such markdowns lead to players giving PCs unsuitable Talents simply because the bargain is too good to pass up. If the GM wants to weight lower levels of Talent less heavily, so that each level buys roughly equal benefits, then the fairest way to do so is to pick maximum skill, reaction, and learning effects that divide evenly by the levels available, and then spread them out over the entire range.
Doing this with eight or 10 levels of Talent mutes reaction effects for all but extremely talented individuals, which is yet another way of addressing the objection that Alternative Benefits (pp. 18-19) exists to combat. The “Staggered” scheme on the Talent Limits Table illustrates the most straightforward example.

拡張代替利点(Extended Alternative Benefits) p.22
 代替利点にある代替能力のほとんどは、特別な上限を求める声を上げません。 GMは、彼が許可する最大の「才能」レベルまで技能ボーナスを追求できるようにする必要があります。 ただし、異常に強力であると思われる場合は、代わりに反応ボーナスの制限が適用される可能性があります。あるいは、「代替案の代替」(Alternating Alternatives p.19)を呼び出して、適度なレベルに保つこともできます。

 Most of the substitute abilities under Alternative Benefits (pp. 18-19) don’t scream out for special caps. The GM should allow them to track skill bonuses up to whatever maximum Talent level he allows. If they seem unusually powerful, though, they might be subject to the limit on reaction bonuses instead – or kept to modest levels by invoking Alternating Alternatives (p. 19).

コラム:才能制限表(Talent Limits Table) p.22

才能制限表参照。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます