汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!


奇跡の御業

「奇跡の御業」の定義を記述してください。
  • 「奇跡の御業」とは、僧侶呪文オンリーの呪文集を想定しています。

呪文リスト

数が増すことを考慮し、呪文系統や宗派など分類で分けてください。

暫定分類:治療型

《鎮静(サニティ)》
《鎮静(サニティ)》 精神操作系呪文/治癒系呪文 通常
 不安定な状態にある者の精神を静めます。ただし、そうした感情を作り出した原因を取り除かない限り、また元に戻ってしまうでしょう。対象に精神に効果を与える呪文や妖術がかかっていた場合、呪文の成功度が対象の呪文や妖術の成功度以上なら、その効果を破ることができます。

●持続:10分 ●消費:3・維持不可 ●準備:10秒 ●魔化:杖、錫杖、装身具。消費エネルギー1300
既存の呪文《狂気回復》と内容が重複していますので、基本的にはそちらを使用するべきです。ただし、魔法と妖術の相互干渉の設定次第では、「《狂気回復》は妖術には影響しない」と判断される可能性もあります。ですので、その場合の「妖術にも効果がある」《狂気回復》の上位呪文としてデータを修正しました。
生命ディ
生命ディ》 至難 通常 治癒系呪文
 神秘的な光を放つオーラが対象の魂を体に呼び戻し、死から蘇らせる呪文です。呪文の対象のキャラクターが、生命力+4の判定に成功するとHP1で復活します。ただし、代価として対象は生命力が1点減少し、1歳老化します(寿命が人間と異なる場合は、消費する寿命に同様の倍率を掛けて下さい)。失敗するとキャラクターは灰の状態になってしまいます。又、この呪文を有効に働かせるためには、死体の状態が比較的良好で、ほとんど揃っている必要があり、体の一部が完全に失われている時には、状態に応じて復活判定の際に−修正を受けます。また、死後24時間が経過するごとに判定に−1の修正を受けます。
 この呪文は死霊系呪文でもあります。

●持続時間:蘇生者が生きている間 ●エネルギー消費:300 ●準備時間:2時間 ●前提条件:《瞬間再生》+《霊媒》+「特殊な背景/秘密の呪文、《生命ディ》」[5cp]
《復活》に「蘇生時のHP+1」の恩恵と代償や制限を追加したものとしてデータを修正。
蘇生カドルト
蘇生カドルト》 至難 通常 治癒系呪文
 偉大なる神の力による完全なる蘇生の呪文です。《生命(ディ)》と比較すると、復活のための判定が生命力+5になり、FPは0ですがHPは最大値で復活します。また、灰の状態のキャラクターも復活可能であり、死体の損傷が激しくても復活可能という点が異なります(ただし、さすがに頭部が失われると復活はできません)。ただし、成功しても生命力が1点減少し、年齢が1歳老化(寿命が人間と異なる場合は、消費する寿命に同様の倍率を掛けて下さい)する点は変わりません。
 目標が死んでから呪文をかけるまでに間がある場合、24時間につき−1のペナルティがあります。目標が灰の状態でなければ、失敗しても灰になるだけです。灰の状態で失敗してしまうと再挑戦できません。
 この呪文は死霊系呪文でもあります。

●持続時間:蘇生者が生きている間 ●エネルギー消費:750 ●準備時間:2時間 ●前提条件:《生命ディ》+「特殊な背景/秘密の呪文、《蘇生カドルト》」[5cp]
《復活》をベースに、「特別な効果/《完全治癒》の効果」「特別な効果/灰や損壊の激しい遺体からでも復活可能」「特別な効果/灰の状態でなければ、再挑戦可能」の他、欠点として代償や制限等を追加したものとしてデータを修正。
転生リーンカーネイション
《転生(リーンカーネイション)》 至難 特殊 情報伝達系呪文
 この呪文は、故人の臨終直後にかけます。この呪文の目標となった者の魂は、別の場所で1週間以内に赤ん坊として生まれ変わります。生まれ変わった赤ん坊は、知力の能力値が保存されています(成人後に同じ能力値になっています)。赤ん坊は育っていき、ある時点で以前の人格を思い出します。その段階で以前の全ての記憶・精神的な特徴・技能等を使えるようになります。いつ頃に以前の人格を思い出すかは、呪文をかけたときの成功度によって異なります。
 人格を思い出す前でも、転生者の前世をよく知っていた者が転生者を突き止めれば、前世の記憶を取り戻させようと努める事が出来ます。付きっきりで記憶の回復に手助けして、1年ごとに2D6を振り、10以上が出れば、前世の人格を取り戻させる事が出来ます。

●持続時間:転生者が生きている間 ●エネルギー消費:300 ●準備時間:30分 ●前提条件:《肉体交換》+「特殊な背景/秘密の呪文、転生」[5cp]

暫定分類:攻撃型

《悪霊破壊(ターン・アンデッド)》
《悪霊破壊(ターン・アンデッド)》 死霊系呪文 通常/生命力で抵抗
 抵抗に失敗したあらゆる種類のアンデッドに、消費エネルギー1点当たり1D6の叩きダメージ(防護点無視)を与えます。この呪文は《死人返し》とは全く効果が違うことに注意してください。

●持続:一瞬 ●エネルギー消費:1〜3。エネルギー1点につき1D6の叩きダメージ(防護点無視) ●準備時間:3秒 ●魔化:(a) 杖、錫杖。神の代行者でないと使えない。呪文を使えるようになるのではなく、技能レベルに+2の修正があるだけ。消費エネルギー500。(b) 装身具。身に着けているものに触れたアンデッドは、自動的に《悪霊破壊》の効果を受ける(1ターン1回のみ。アンデッドからダメージを受ける直前にこの能力は発揮される。このダメージでアンデッドが動けなくなれば、その攻撃からのダメージは無くなる)。消費エネルギー1500
抵抗タイプの呪文のため、《凍傷》ベースで再構築しました。射撃呪文のように呪文を保持することに対するペナルティがないため、射撃呪文タイプの威力上昇は不適切です。
神聖なる一撃ホーリー・スマイト
《神聖なる一撃 (ホーリー・スマイト)》 光/闇系 射撃
 神聖属性のエネルギー弾を飛ばして敵にエネルギー1点当たり1D−1点の焼きダメージを与えます。
 悪属性の存在(悪魔/魔族やアンデッドなど)に対してはより有効なダメージを与えます。それらの対象にはダメージを「サイコロ1個につき+2」します。
 ダメージ半減距離30、最大射程60、正確さ+1です。

●エネルギー消費:1秒につき1〜神の代行者レベル点まで、それを最大3秒間。エネルギー1点につき1D6−1の焼きダメージ
●準備時間:1〜3ターン。●前提条件:神の代行者1レベル、対悪呪文から4種。そして術者が「神聖」もしくは「善良」な属性を有していること。
攻撃呪文に他の呪文を前提条件として含まないのは、バランス的にも、魔法の制御ができないものにいきなり攻撃呪文を教えるという危険性の面からも推奨できないため、それらしい前提条件を追加。ここでいう対悪呪文は、『GURPS Thaumatology』のp.49から掲載されている《悪感知(Sense Evil)》《悪探知(Seek Evil)》《悪からの保護(Protection from Evil)》《悪拒絶(Repel Evil)》《悪遮断(Exclude Evil)》などの悪属性に影響を与える呪文。これらの呪文を導入しない場合は、《陽光撃》あたりを前提条件とすると良いでしょう。
また、抵抗は不要とし、悪属性相手にダメージが上昇するように上方しました。
致死バディ
致死バディ》 至難 通常/生命力で抵抗 死霊系呪文
 対象の体を流れるエネルギー(人間なら血液等)の循環を止めて、死に至らしめる呪文です。この呪文による死は一瞬なので、楽に死ねるのがせめてもの救いです。アンデッド等には無効です。

●持続時間:一瞬 ●エネルギー消費:14 ●準備時間:5秒 ●前提条件:《治癒力停止》+《生命ディ
『GURPS Magic: Death Spells』を参考に修正しました。
瀕死マバディ
瀕死マバディ》 至難 通常/生命力で抵抗 死霊系呪文 
 《完全治癒》の効力を反転させた強力な呪詛により、対象の生命力を失わせて瀕死の状態にする呪文です。生命力での抵抗に失敗したキャラクターはHPが0になります。アンデッド等には効果がありません。

●持続時間:一瞬 ●エネルギー消費:10 ●準備時間:3秒 ●前提条件:《治癒力停止》+《完全治癒》
GURPSにおいて、瀕死に該当するのはHP0以下ですので、効果をそのように変更しました。また、『GURPS Magic: Death Spells』を参考にデータを修正しました。
奪命ラバディ
奪命ラバディ》 至難 白兵/生命力+2で抵抗 死霊系呪文
 強力な呪詛により対象の生命力を奪い瀕死の状態にして、その生命力を自分のものとする奇跡です。生命力+2での抵抗判定に失敗したキャラクターは、HPが残り0まで減少します。そして、その減少した分のHPを術者が回復できます。アンデッド等には効果はありません。

●持続時間:一瞬 ●エネルギー消費:60 ●準備時間:3分 ●前提条件:《瀕死マバディ》+《バイタリティ奪取》
回数制限がなく、自身が負傷していても一切のペナルティのない治癒魔法の効果を併せ持つということで、データを厳しめに修正しています。

暫定分類:防御型

《貞操》
《貞操》 精神操作系呪文/防御/警戒系呪文 通常呪文
 この呪文の効果は〈性的誘惑〉や、〈性愛術〉や《エクスタシー》によりもたらされる性的な快楽への抵抗判定にボーナス(ささやかな耐性/性的快楽)を与えるものです。
 神の代行者1レベルの場合は、エネルギー1点消費して+3のボーナスを与えられます。
 神の代行者2レベルの場合は、エネルギー2点消費して+8のボーナスを与えられます。
 ただし、呪文をかけられる者が内心快楽を望んでいる場合は、抵抗ボーナスが減少、あるいは無効化されるかもしれません(要GM判断)。

●持続:1分 ●エネルギー消費:神の代行者1レベルの場合は、エネルギー1点消費して+3のボーナス。神の代行者2レベルの場合は、エネルギー2点消費して+8のボーナス。維持は半分  
耐熱の環ヒート・プロテクティブサークル
《耐熱の環(ヒート・プロテクティブサークル)》 範囲 防御/警戒系呪文
 この呪文は、火や熱から効果範囲内の者を守ります。具体的な効果としては、基本消費量1点毎に範囲内の存在に対する火や熱によるダメージを1点軽減します。

●持続時間:1分 ●基本消費量:防護点1点ごとに詠唱1・維持は半分(最大防護点5点、最小範囲半径2m) ●前提条件:知力12以上+《防熱》+「秘密の呪文/耐熱の環」[1cp]

耐冷の環コールド・プロテクティブサークル
《耐冷の環(コールド・プロテクティブサークル》 範囲 防御/警戒系呪文
 《耐熱の環》と同様ですが、この呪文は氷や冷気に対する防護点を発生させます。

●持続時間:1分 ●基本消費量:防護点1点ごとに詠唱1・維持は半分(最大防護点5点、最小範囲半径2m) ●前提条件:知力12以上+《防寒》+「特殊な背景:秘密の呪文/耐冷の環」[1cp]

暫定分類:その他型

末期の祈願ラスト・ウィッシュ
《末期の祈願(ラスト・ウィッシュ)》 至難 特殊 転送系呪文
 この呪文は、あなたに力を貸し与えている神をあなた自身の肉体を依り代として召喚します!
 どれだけ力の小さな神であっても662cp(A very minor god)以上のため、最低でも56のエネルギーが必要です。呼び出す神次第では、1000以上のエネルギーが必要となることもあるでしょう。エネルギーが不足するときは、儀礼魔法として行うことで補ってください。儀礼魔法として行うことで、信者からエネルギーを供給してもらったり、判定に−4の修正を受けることで集めたエネルギーを2倍にしたり(−8で3倍、−12で4倍と、−4受けるごとに+1倍)することができます。
 神の力は絶大ですが、人類の脆弱な体と精神は神の持つ大きな力に耐えられないため、持続時間が過ぎた後、術者の魂は破滅し、《復活》等の呪文を使っても二度と復活する事は出来ません。

●持続時間:1分 ●エネルギー消費:呼び出そうとする存在12cpにつき1(最低56) ●準備時間:5分 ●前提条件:神の代行者1レベル、20個以上の呪文、「秘密の呪文/末期の祈願」[1cp]
救霊セーブ・ソウル
《救霊(セーブ・ソウル)》 特殊 治癒系呪文
 この呪文はゾンビやマミー等の肉体を持ったアンデッドの魂を救済します。アンデッドが同意するなら、呪文はほぼ確実に(ファンブル以外で)成功しますが、そうでない場合には効果がありません。
 呪文が成功すれば、アンデッドはその時点で活動を停止します。その後に《復活》をかければ、生命を取り戻す事も可能です。霊体等の肉体を持たないアンデッドの場合は、成仏します。

●持続時間:永久 ●エネルギー消費:8 ●準備時間:1分 ●前提条件:《悪霊祓い》+《死人返し》+共感精霊共感
脱出レスキュー
《脱出(レスキュー)》 至難 範囲/抵抗は自動成功 転送系呪文
 この呪文を唱えると、術者及びその仲間は、神の手によって安全な場所まで脱出させられます(移動先を指定できません)。
 ただし。15km以内に安全な場所がない場合、この呪文は自動的に失敗します。
 この呪文は、効果範囲内にいる生き物およびその持ち物(「重荷」まで)にのみ効果があります。
 効果範囲内であっても、術者は任意の者をこの呪文の対象からはずす事が出来ます。逆に呪文に同意しない者に強制的に効果を及ぼす事は出来ません。

●基本消費量:10(最低半径4m) ●前提条件:《他者瞬間移動》+神の代行者3レベル+「秘密の呪文/脱出」[5cp]
天啓マカルピック
単に「祝福」か「未来予知」でしょう。
亡者の召喚儀式バモルディ》(呪文バージョン) 
亡者の召喚儀式バモルディ》 特殊 死霊系呪文
 アンデッドを呼び出す呪文です。
 アンデッドには強さに応じてランクが存在し、大まかに分けて「最下級」(コサラスワファイレクェレットなど。総計200cp級まで)「中級」(悪霊レタルトリスグール・コモナー級以下のヴァンパイアなど。総計300〜400cp級)「そこそこ上級」(ノーブル・ヴァンパイアや死王(リッチ)など。総計600〜800cp級)となっています(さらに上位は総計801cp〜となりますが、このランクになると冥王級扱いなので、神の代行者3レベル以内の者が召喚・使役する事はできません)。
 アンデッドが現れると、かれと契約を交わし、忠実な僕とします。術者はすぐにそれを制御できたかどうかを判定しなければなりません。術者の《亡者の召喚儀式バモルディ》対相手の意志力即決勝負です。術者が相手の「真の名」を知っていれば、判定に+4出来ます。
 術者が勝つと、相手を1時間だけ支配できます。その後、召喚されたアンデッドは何処かへ消えてしまいます。しかしながら、非常に強力な存在であれば、望むだけとどまることが出来ます……。
 もし即決勝負に引き分けるか負けると、召喚されたアンデッドは悪い反応を示します。運が悪いと攻撃されるかもしれません!

●持続時間:アンデッドの任務が終わるか、1時間が経過するまで ●エネルギー消費:アンデッドのCP10点につき1。最低消費20。強力な高位アンデッドを召喚する時は、そうした存在が高い知力や強固な意志力を備えていることを忘れないでください。●準備時間:5分

独自の儀式

技能というより、ほぼ魔法でしたので、RPMの<儀式魔法>として再設計しました。
亡者の召喚儀式バモルディ
呪文効果:不死制御:大、不死制御:小、不死制御:大
固有修飾子:なし
大効果:2(×5)

 アンデッドを呼び出す儀式です。
 アンデッドには強さに応じてランクが存在し、大まかに分けて「最下級」(コサラスワファイレクェレットなど。総計200cp級まで)「中級」(悪霊レタルトリスグール・コモナー級以下のヴァンパイアなど。総計300〜400cp級)「そこそこ上級」(ノーブル・ヴァンパイアや死王(リッチ)など。総計600〜800cp級)となっています(さらに上位は(総計801cp〜)となりますが、このランクになると冥王級扱いなので、通常は召喚・使役する事はできません。

 呼び出しを受けたアンデッドは、そのアンデッドの持ちうる限りの能力を駆使して全速力で術者のもとに移動します。
 アンデッドが現れると、1つの命令を与えることができます。

「不死制御:小」は、「術者に危害を加えるな」という命令。「不死制御:大」の1つ目は、「全速力でここまでこい」、2つ目が本命の命令です。

典型的な詠唱:不死制御:大 (5) + 不死制御:小 (5) + 不死制御:大 (5) + 持続時間:1時間 (3) + 目標重量:150kg (3) = エネルギー105(21×5)
この場合、呼び出しの瞬間から1時間の間、効果があります。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます