汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

第4版B429P、第2巻109P参照。

禁止性質 B429P /2-B109P

 ある種の有利な特徴不利な特徴技能を、特定の種族はとることができません(「禁止」されています)。つまり、そうした種族の一員はその性質を持つことができないのです。可能な選択肢がいくつかあって、実際にキャラクターがある性質をとることができる見込みが小さいだけでは、これは「禁止性質」とはみなしません。「禁止性質」はときとして種族による不利な特徴に起因します。例えば「脚がない/固定」があれば移動に関わる性質が禁止されるのは論理的です。種族を楽しく遊ぶために、禁止性質をあまり多く設定しないでください。またそれぞれに、文化的・心理的・生理的に妥当な理由をもたせるようにしてください。

「禁止性質」の例

固定の知力[0CP]
禁止性質/固定の知力」[0CP]
 「知力固定」とも。
 主に動物が持つ性質で、知力を種族テンプレートのものから変化させることはできません。ただし、あくまでもキャラクター作成や成長においてテンプレートのものより上昇させることができないだけであって、呪文の効果などで変化させることはできます。
 GMの判断で「固定の知力」は買い戻させて構いません。その上で知力を上昇させた場合、そのキャラクターは種族の平均から逸脱した知能を備えたことになるでしょう。例えば「使い魔」としての「仲間」の動物は、最低でも言語を理解できる程度の知能は欲しいため、知力を6以上にする許可が出ます。
固定の体力[0CP]
禁止性質/固定の体力」[0CP]
 「体力固定」とも。
 主に「空気の体」「炎の体」「電光の体」のような「精霊共通性質」を持つエネルギー生命体用の禁止性質です。「固定の知力」の体力版です。物質的な肉体を持たないことを表現するために、「体力0(ST-10)」「HP+10」とセットでテンプレートに組み込まれることが多いです。
FPがない[0CP]
機械と疲労」参照。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます