汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

禁忌の呪文の数々をあなたに…。

 「禁呪」という用語の、本来のガープス的な定義例は「ガープス・ソーサルカンパニー」参照。魔法の管理機構が公的に存在している場合、禁呪は修得すること自体が世を乱す犯罪行為(合法レベル1以下)とみなされます。
 当ページで言う『禁呪』とは、単なる追加呪文に(廚二的な?)雰囲気を演出するための方便です。

目次

ルナル・ユエルの黒の月の呪文

 ユエル黒の月に由来する呪文(魔法大全のルールブックに記載されているもの)の幾つかはグールのページにあります。

クトゥルフパンクの禁断魔術

 禁断魔術参照。厳密には「魔法」(マナ由来技術)ではない。

暗黒魔法(悪魔や邪霊に授けられた魔法)

 暗黒魔法支援霊参照。

あれ氏のオリジナル呪文

 ここの情報は掲示板でのやりとりで生み出された追加呪文です。これらの呪文の元ネタの多くは、『ウィザードリィ・シリーズ』や『ソード・ワールド』系の魔法に由来しております。
増力オスロ
増力オスロ》 通常 肉体操作系呪文
 魔法により一時的に対象の筋力及び反射神経を高めて、殺傷力を高める呪文です。対象に《怪力》と《すばやさ》の両方の効果を同時に与えます。
 技能レベルが高くなっても、この呪文のエネルギー消費を減らすことはできません。

持続時間:1分間 エネルギー消費:体力と敏捷力に+1するごとに6(最大30)・維持同じ 準備時間:2秒 前提条件:《怪力》+《すばやさ》+「奥伝/《増力オスロ》」
「筋力増強によりダメージが増える=《怪力》」「反射神経を高めて命中判定にボーナス=《すばやさ》」で十分ですので、単純に高価を合成した呪文として再設計しました。
コンピュータ・ゲームであれば、命中率とダメージにのみ特化という表現になるでしょうが、TRPGでは他の要素にも影響する能力値への修正の方が適正であると考えます。
奪力バオスロ
奪力バオスロ》 通常/生命力で抵抗 肉体操作系呪文
 対象の力を奪い、脱力感を与える呪文です。対象は抵抗に失敗すると、一時的に体力敏捷力が低下します。
 
持続時間:1分間 エネルギー消費:体力敏捷力を−1するごとに2(最大10)・維持は半分 準備時間:2秒 前提条件:《疲れ》+《不器用》+「奥伝/《奪力バオスロ》」
生命の光撃ナグラ
生命の光撃ナグラ》 通常 光/闇系呪文
 自分の体に秘められたオーラを吐き出して、ダメージを与える呪文です。
 この呪文は、維持できず、エネルギー1点につき1D+1の焼きダメージを与えます。術者は、敏捷力−2か<特殊攻撃/息>で命中判定を行います。これは、1回の行動として扱い、術者は目標の方を向いていなければなりません。
 この呪文は、詠唱の際に手の動作の代わりに唇と下の動作を使います。つまり、技能レベルによらず手の動作は不要です。

持続時間:1秒 エネルギー消費:1〜4・維持不可 準備時間:2秒 前提条件:《光条》《陽光撃》
「ブレスと同等の効果を与える呪文」として《火球》に対する《火吹き》のように再設計しました。
運動干渉ポーバ
運動干渉ポーバ》 範囲/生命力で抵抗 移動系呪文
 対象の運動能力を変化させる呪文です。範囲内の味方の移動力と「よけ」に+1のボーナス、敵の移動力と「よけ」に−1のペナルティの修正を与えます。
 呪文のエネルギー消費を2倍にすると、効果量も2倍になります。
 これは肉体操作系呪文でもあります。

持続時間:1分 基本消費量:詠唱11・維持10。効果量を2倍にする場合、詠唱22・維持20 準備時間:6秒 前提条件:《のろま》+「特殊な背景/《運動干渉ポーバ》習得可能」[5cp]
《韋駄天》+《のろま》の範囲化として再設計しました。《のろま》が《韋駄天》を前提条件に含んでいるため、《のろま》をベースとしています。
《のろま》に「学ぶのが簡単」「範囲化」「特別な効果/《韋駄天》の効果を追加」、「特別な効果/敵と味方で別の効果を適用可能」「低速化」「特別な効果/最大効果量を2倍消費までに制限」を付加。
鉄身モグレフ
鉄身モグレフ》 通常 防御/警戒系呪文
 対象の肌を堅くして、防護点を上昇させます。この防護点は「丈夫な皮膚」として扱います。
 この呪文は例外的に《強化》や《鎧》と重複します。

持続時間:1分 エネルギー消費:防護点+1ごとに2点(最大6点)・維持半分 前提条件:《鎧》+《鉄の腕》
「肌を堅くして」、「よけ」が上がるのは不自然なため、単純な防護点の上昇としました。「丈夫な皮膚」扱いの代わりに、例外的に《強化》や《鎧》と重複するようにしました。
引き寄せる風バトルツ
引き寄せる風バトルツ》 通常/生命力か敏捷力で抵抗 防御/警戒系呪文
 対象の周囲の風を操り、弓矢の命中率を高める呪文です。
 低い文明レベルの飛び道具は、「正確さ」に2点のボーナスを得ます。
 また、この呪文は《射撃武器屈折》、《矢よけ》、《矢返し》、《飛び道具防御》に抵抗します。また、逆にそれら4種の呪文にも抵抗されます。
 この呪文風霊系呪文でもあります。

持続時間:1分 エネルギー消費:詠唱3・維持1 前提条件:《矢よけ》+《風》 魔化:杖、錫杖、防具。必要エネルギー400
「効果が煩雑過ぎる」、「多機能すぎてエネルギー消費や準備時間が高騰しかねない」等の理由で、効果を簡素化しました。もともとあった他の効果は、GM判断で状況による修正として適用することも可能でしょう。
広き風の結界マトルツ
広き風の結界マトルツ》 範囲 防御/警戒系呪文
 パーティーを護る広範囲の風の結界の呪文です。ゲーム的な効果は、範囲内のキャラクター全員に《矢よけ》をかける事です。
 この呪文風霊系呪文でもあります。

持続時間:1分 基本消費量:詠唱3・維持1(最低半径2m) 準備時間:エネルギー2点あたり1秒 前提条件:《矢よけ》+《風》+「奥伝/《広き風の結界マトルツ》」 魔化:杖、錫杖、防具。必要エネルギー600
《矢よけ》をベースに「学習が簡単」「範囲化」「低速化」を施した呪文として再計算しました。
自在なる風の結界ラトルツ
自在なる風の結界ラトルツ》 範囲 防御/警戒系呪文
 強力な風の結界を自在に操り、飛び道具を跳ね返す呪文です。ゲーム的な効果としては、範囲内のキャラクター全員に《矢返し》がかかります。
 この呪文風霊系呪文でもあります。

持続時間:1分 基本消費量:詠唱4・維持2(最低半径2m) 準備時間:エネルギー2点あたり1秒 前提条件:《広き風の結界マトルツ》+「奥伝/《自在なる風の結界ラトルツ》」 魔化:杖、錫杖、防具。必要エネルギー900
癒しの雲ディクレア
癒しの雲ディクレア》 至難 範囲 治癒系呪文
 癒しの雲を発生させ、傷を癒す呪文です。範囲内のキャラクターは、毎秒HPが1点ずつ回復します。この呪文HPが1点でも回復したキャラクターは、この呪文で最後に回復したときから24時間経過しない限りは、再びこの呪文の効果を受けることはできません。この呪文が終了したり、効果範囲から出たりして効果が中断するまでは、1回分とし効果を受け続けることができます。

持続時間:30秒 基本消費量:20(最低半径2m)・維持同じ 準備時間:1分 前提条件:《完全治癒》
GURPSの基本思想として、回復手段には多大な制限がかかっていますし、オリジナルの呪文も基本的には同様の制限下にあるべきです。《大治癒》のような判定へのペナルティでは煩雑でしょうし、《完全治癒》をベースに24時間は効果を受けないように変更しました。
超速再生ディアルロ
超速再生ディアルロ》 至難 通常 治癒系呪文
 かけた対象に強力な再生能力を与える呪文です。呪文を唱えると、対象は「HP再生/超高速」を得ます。加えて、持続時間中は、負傷の影響に関する生命力判定に自動成功します。
 術者が対象でない限り、効果終了後に対象は10点疲労します。

持続時間:10秒 エネルギー消費:詠唱10・維持不可 準備時間:3秒 前提条件:《完全治癒》
単純なHPの毎秒回復ではなく、「HP再生/超高速」の付与が良いようですので、同じく100cpの特徴を付与する《倍速》をベースに再設計しました。
《倍速》に「特別な効果/負傷の影響に関する生命力判定に自動成功」、特別な効果として付与する能力を置き換えています。
守り崩しモーリス
守り崩しモーリス》 範囲/意志力で抵抗 精神操作系呪文 
 この呪文を唱えると、漆黒の闇のイメージが相手の心に浮かび恐怖を呼び起こし、動きにためらいを生じさます。対象は、知力判定に成功するまで、精神的朦朧状態となります。術者は、戦闘など脅威が有効な状況で反応判定に+3の修正を得ます。しかし、忠誠度の判定やNPCへの脅威が逆効果になる状況では反応判定に−3の修正を受けてしまいます。

持続時間:反応修正は10分(《勇気》で打ち消されない限り)、朦朧状態は知力判定に成功するまで 基本消費量:詠唱2・維持不可(最低半径2m) 準備時間:エネルギー1点につき1秒 前提条件:「魔法の素質3レベル」+《恐れ》+《死の幻影》
「恐怖を呼び起こし、動きにためらいを生じさる」のであれば、「能動防御にペナルティ」ではなく、「命中判定にペナルティ」の方が適切でしょう。ここでは、《死の幻影》(行動不可、防御−4)の効果を併せ持った《恐れ》としてデザインしなおしました。
対術障壁コルツ
対術障壁コルツ》 範囲 呪文操作系呪文
 妖術にも効果のある《呪文障壁》です。あくまでも抵抗力をあげるものであり、射撃呪文や「呪い」の増強がない妖術(「白兵攻撃」または「射撃攻撃」としては扱われる妖術)には一切の効果がありません。

持続時間:1分 基本消費量:詠唱8・維持7、前提条件:《呪文障壁》+「奥伝/《対術障壁コルツ》」
《呪文障壁》に「学習が簡単」「特別な効果/妖術にも効果がある」を追加。
対術防御幕フォフィック
対術防御幕フォフィック》 範囲 防御/警戒系呪文
 魔法的な防御幕を張り、呪文、妖術等の攻撃から身を守る呪文です。魔法、妖術に対する抵抗に+2するごとに基本消費量6点で、最大で+10することができます。また、範囲内のキャラクターが使用する魔法・妖術の発動判定にも基本消費量6点ごとに−1のペナルティを与えます。
 これは呪文操作系呪文でもあります。

持続時間:1時間 基本消費量:抵抗の目標値に+2するごとに詠唱6・維持同じ。最大+10まで。 準備時間:10秒 前提条件:《呪文抵抗》、《魔力停止》、「特殊な背景/《対術防御幕フォフィック》の習得可能」[5cp]
《呪文抵抗》をベースに「学ぶのが簡単」「持続化」「範囲化」「特別な効果/妖術にも効果」の計4つのオプションと「低速化」の欠点を2つ追加しました。
透視カルコ
透視カルコ》 通常 光/闇系呪文
 この呪文を唱えると、術者は集中を続ける間、魔法の視力を通して、ぼんやりとした映像が頭の中に送られてきます。映像のレベルは、封筒の中の手紙を読む場合は文字の大きさにもよるが内容を完全に読み取ることはできないレベル、宝箱の中身を確認する場合は剣、宝石、首飾りなど・・・輪郭と外観のだいたいのイメージが伝わるレベルです。なお、透視した先に光源がなくとも、魔法の視力で映像を得ることができます。
 呪文の有効距離は、エネルギー2点につき5mです。なお、集中している間は呪文の制御と透視に没頭するため周囲の状況を確認することはできません。この状況で敵に襲われると危険極まりないため、守ってくれる味方が必須です。

持続時間:30秒 エネルギー消費:有効距離5mにつき詠唱2・維持同じ 前提条件:《〜中視覚》のうち4種 魔化:杖、錫杖、装身具。着用者にしか効果がありません。必要エネルギー1600
《〜中視覚》を統合したような形に修正しました。また、クリティカル時にエネルギー消費がないのは全ての呪文で共通の仕様であり、特筆すべきことではないため、削除しました。
俊敏ポンティ
俊敏ポンティ》 至難 肉体操作系呪文
 対象の敏捷力、反射神経を活性化する呪文です。対象に《倍速》と《即応》の効果を与えます。

持続時間:10秒 エネルギー消費:詠唱10・維持不可(術者以外が対象の場合は効果終了後に5点疲労します) 準備時間:4秒 前提条件:《すばやさ》+「魔法の素質1レベル」+知力12以上
敏捷力、反射神経を活性化する呪文としては《すばやさ》がありますが、手数を増やすということで《倍速》ベースにしました。ただ実際のところは、単に《すばやさ》で十分かと思います。連続攻撃や【二刀流】がある他、能動防御も上昇しますので。
死人へ下す鉄槌ジルワン
死人へ下す鉄槌ジルワン》 通常/生命力で抵抗 死霊系呪文
 破邪の光により、1体のアンデッドを破壊する呪文です。生命力での抵抗に失敗したアンデッドは、塵と化して消えてしまいます。

持続時間:詠唱13・維持不可 準備時間:4秒 前提条件:「魔法の素質」3L+《死人返し》+知力13以上
《魔界転生》 
《魔界転生》 至難 魔化 死霊系呪文
 
 《魔化》の儀式の間、転生希望者(総計cp200以上の者)と生け贄の女性が儀式的に交わる必要があります(最低でも2時間、「ゆっくり確実な魔化」なら終了までの間は毎日)。儀式の詳細はGMが決定して下さい。後述する理由により合法なものである可能性は低いでしょう。一方で、強力な魔法の品物/妖具などを生贄に捧げると、《魔化》の成功度にボーナスがあります。
 《魔化》が終わってもまだ変化はしません(オーラだけは悪魔のものになります)。
 呪文が発動するのは、儀式後に転生希望者が死んだときです。成功していればかれの魂は生け贄の女性の肉体を食い破り、肉体を有した悪魔として物質界に受肉転生します。転生後の悪魔のレベルは転生希望者の生前の総計cpに比例しますが、最低でも悪魔騎士(総計cp600)級にはなるでしょう‼。
 GMの裁量によっては、生け贄の女性も実力(総計cpとか)が高かったり、彼女と転生希望者との間に、何らかの精神の絆や縁(えにし)とかがある場合、成功度にボーナスやペナルティを与えても構いません。

エネルギー消費=悪魔になった時のCP総計+300(最低900)
前提=魔法の素質3レベル、知力13以上+《魔化》+《魂の壺》+《悪魔召喚》
 
 
 
《魔力生成》
《魔力生成》 呪文操作系/至難 範囲
 事故や殺人の現場や歓楽街など、血や体液が流され負の感情や欲望の念等の強くこもった場所で、何らかの魔法シンボル(逆五芒星など)をその場に刻みこの呪文を唱えると、情念のエネルギーがマナに影響を与え、その場所の情念に沿った相性のマナに変質します。例えば、大量殺人の現場やかつて激戦の繰り広げられた戦場跡などであれば「死と相性のいい」マナに変換され、その範囲内で使用される「死霊系呪文」と目標を直接傷つける呪文にボーナスを与え、逆に治癒系呪文に同量のペナルティを与えるでしょう。ボーナスの量は、情念の強さに比例し、最大で+5となります。
 また、この呪文の効果範囲内では、パワーストーンの充電速度が通常の1.5倍になります。ただし、この範囲内で1点充電されるごとに3D6を振ってください。6以下の目が出れば、「歪み」を1つ獲得します!この「歪み」はその土地の感情や欲望の影響を強く受けます。GMは、1点毎に振らせると回数が多くなりすぎると判断した場合、最大4〜6点分ぐらいをまとめて1回分として、「5+回復した点数(最大4〜6程度)」を目標値として判定させてください。
マナ密度充電速度
なし不可
4日に1点
普通18時間に1点
9時間に1点
濃密4時間30分に1点

 この呪文は死霊系呪文でもあります。

持続時間:魔法シンボルが除去され、その場所が浄化されるまで永久。
基本消費量:10
準備時間:1時間
前提条件:知力13以上、魔法の素質3レベル、《魔力回復》、適切な〈魔法シンボル〉12レベル以上
呪文の技能レベルを直接上昇させる呪文は基本的に認めるべきではないでしょう。ですが、類似した効果を発生させることはできるでしょう。この呪文の制限から「死と相性がいい」マナに変質させる効果に変更しました。
パワーストーンの充電速度の増加については、強い情念が元になったマナで充電を加速している以上、適切な「歪み」を得る方がより「らしい」ため、制限を追加しました。
供儀イモレイト
《供儀(イモレイト)》 死霊系呪文/至難 特殊

 この魔法は、特定の神や精霊に専門化する必要があります。
 まず、同種別の神や力ある精霊に関する<宗教儀式>−5で生贄を捧げ、獲得したエネルギーをすべてこの呪文に注ぎ込みます。

 次に、《供儀》の判定をします。このとき、生贄から得られたエネルギー量によって修正を得られます。
 エネルギーが2000を下回った場合は、「{(2000÷得られたエネルギー)−1}×4」(端数切り上げ)だけのペナルティを受けます。
 エネルギーが2000を上回った場合は、2400以上で+1、2800以上で+2、3200以上で+3、4000以上で+4、以降+2000毎に+1です。また生贄の適性によっては、得られるエネルギーが増加する場合があります(要GM判断)。

 これらすべての判定に成功したら、あなたの望みを告げます。願いをかなえるかどうかは神や精霊次第ですが、生贄を要求する類の神や精霊であれば、今後のことを考えれば無碍には扱わないでしょう。
 この魔法で叶えられる願いは、基本的には《大祈願》と同じですが、対象の神や精霊の特性により制限されます。(水の神に火を起こしてほしいと願っても叶えられないでしょう)

 この魔法の発動判定に失敗したら(最初の<宗教儀式>判定に失敗した場合は除きます)、術者の知力が永遠に1点失われ、さらに6D6のダメージを受けます。発動判定にファンブルしたら、術者は「神の呪い」を獲得します(詳細は願った望みや神の性格などを考慮してGMが決定してください)。
 この魔法は、技能レベルが高くなっても準備時間を減少できません。また、「幸運」や「超幸運」などで判定に直接影響を与えることもできません。目標値に関わらず、16の目は常に失敗として、17と18の目は常にファンブルとして扱います。

●エネルギー消費:なし ●準備:20時間 ●持続:一瞬 ●前提:<宗教儀式/同じ種別>12レベル以上、魔法の素質3レベル、知力と敏捷力の合計25以上、《悪魔召喚》、異なる15系統から各1種
《障壁貫通》
《障壁貫通》 武器魔化系呪文 魔化
 「切り」「刺し」「貫通体」の武器にこの魔化を施すと、「バリア貫通」の増強が付与されます。

エネルギー消費:20000。目標が射撃武器(弓など)ならば2倍。射撃物(矢など)なら10分の1。複数の分類(武器、射撃武器、射撃体)に含まれる武器なら、より高いエネルギー消費を用います。武器だけでなく、切るタイプの工具も魔化できます。この呪文は《確かさ》と同じように、高いレベルでかけなおすことが出来ます。 前提条件:魔法の素質3L、さらに《魔化》+《貫く刃》+《対象設定》
《まつろわぬ刃》
《まつろわぬ刃》 武器魔化系呪文/至難 魔化
 
 特定の対象に対して強力な効果を発揮させる魔化です。
 この魔化を施された武器が魔力を発揮する相手に命中した場合、クリティカル扱いになります。ただし、対象は防御を試みることが出来ます。
 命中判定クリティカルした場合、クリティカル表を3回振ってその中で最も良い結果を適用します。

 この魔化は効果を発揮する対象を決定する必要があります。
 その対象の登場頻度により、エネルギー消費が変わってきます。

 また、基本的にこの魔化の対象になる存在は、基本的にキャラクターの地力ではよほどのことが無いと倒せないくらいに強大/格上なのが普通です。普通は勝てないからこのような魔化が生まれるからです。
 この魔化の魔力を発動させるには、武器の使い手に「反骨心」(50cp)の特徴が要求されます。

エネルギー消費:
  • 滅多に出会わない(666点):長大なキャンペーンセッションで一回程度の登場頻度です。神格や〈龍〉などが適当です。
  • ほとんど出会わない(1332点):数セッションに1回登場する程度の登場頻度です。〈悪魔〉騎士や〈竜〉やヴァンパイアや巨人などが適当です。
  • あまり出会わない(1998点):1セッションで1回登場するかしないか程度の登場頻度です。ゴーレムや、ルナル/ユエルの邪術師辺りが適当です。

前提条件:魔法の素質3L、さらに《魔化》+《対象設定》+《祈願》+《限定》
抗魔カウンター・マジック
《抗魔(カウンター・マジック)》 通常 呪文操作系呪文
 呪文に消費したエネルギー3点ごとに(最大9点)、目標へかけられた呪文・妖術に対する抵抗の目標値が+1されます。ただし目標は呪文を唱える事が出来ますし、不利な修正を受ける事もありません。

●持続時間:1分 ●エネルギー消費:詠唱3〜9・維持は半分 ●準備時間:3秒 ●前提条件:魔法の素質2レベル、《呪文抵抗》
既存の呪文と同様に、素質2レベル以下でも修正+3(消費9点)まで消費できるようにしました。素質4レベル以上では、通常のルールに従い、消費の上限が拡張されます。
真なる復活トゥルー・リザレクション
《真なる復活 (トゥルー・リザレクション)》 至難 通常 治癒系

 《復活》と同様ですが、術者は自分の魔法の素質レベル×30年前までに死んだ者を、死後の経過日数による成功度へのペナルティ無しで蘇生させることができます。この呪文は肉体が完全に破壊された死者でも、術者が何らかの方法で彼(女)を正確に指定できるなら(その死者の生まれた日時と場所、あるいは死んだ日時と場所を列挙するのが一般的な方法です)、生き返らせることができます。
 呪文が完成すれば、死者は即座に、ヒットポイントFPも健康も完全に回復します。しかしこの呪文をかけると、術者自身の未使用CP1点を消費するかMC(狂変回数)が1点増加します!
 術者は、アンデッドにされ、しかる後に滅ぼされた者をも生き返らせることができます。
 しかし、この呪文でも老衰によって死亡した者を生き返らせることはできません。この呪文は死霊系呪文でもあります。

●持続時間:対象が再び死ぬまで永久 ●エネルギー消費:400 ●準備時間:3時間 ●前提条件:《復活》+「特殊な背景:秘密の呪文/真なる復活」[5cp]
《復活》に比べて準備時間が短いのは不自然ですので、《復活》より少し長くしました。
理力の円錐RaiseConeofPower
《理力の円錐》 通常 呪文操作系呪文
 この呪文は、近代の現実世界のオカルト主義者の主張や証言を基にしています。容量に制限のない非物質的なエネルギー貯蔵庫を作成します。これは呪文操作系呪文として扱います。
 《理力の円錐》は儀礼魔法としてしか唱えることができません。生成されるエネルギーの量は、その土地のマナの密度に依存します。1時間の儀式を行うごとに、各参加者は――その呪文を知っているかどうかに関わらず――マナが「疎」なら1点、「並」なら2点、「密」なら4点を提供できます。最初の詠唱には1時間かかり、1時間分のエネルギーを提供します。呪文を維持するには、途切れることのない儀礼的な活動が必要ですが、1時間ごとに蓄積されるエネルギーを増やし続けます。GMは、エネルギッシュなダンス(<踊り>判定に成功する必要があり、これには「行軍」と同等の疲労コストがかかります)により参加者が1時間に提供できるエネルギーを2倍にすることもできます。<踊り>にクリティカルで成功した場合は、3倍とするかもしれません。
 最初の1時間が経過した後であれば、詠唱に関わっている誰もが儀式から抜け出すことができ(呪文を知っている人が1人残っている限り)、集中行動をとり知力判定に成功すれば「理力の円錐」から他の呪文――次のターンから詠唱を開始しなければなりません――にエネルギーを引き出すことができます。その呪文で失敗した場合、「円錐」からエネルギーは引き出されません。ファンブルで失敗した場合は呪文のエネルギーコストの全額が引き出されます。「円錐」は「円錐」自体に力を与えるために使用することはできません。これは「円錐」が枯渇するか儀礼が終了するまで、任意の数の呪文に対して続けることができます。

持続時間:儀礼が続く限り
エネルギー:6。1時間儀礼を続けるごとに6。
準備時間:1時間
前提条件:《エネルギー賦与》に加えて、《魔法障壁》か《魔力回復》のいずれか。
非常によく似た呪文が既に存在したため、そちらに置き換えました。『GURPS Thaumatology』p.52「Raise Cone of Power」より
攻撃力付与エンチャント・ウェポン
《攻撃力付与(エンチャント・ウェポン)》 通常 物体操作系
 この呪文をかけた武器で攻撃した場合、防護点を抜けた後のダメージを+1します。
この追加の1ダメージは、(命中さえすれば)非実体の存在にも影響します。
 また、この呪文は素手にもかけることができます(つまり、リ○イパンチで精霊などをボコることも可能ですw)。

持続:1分 消費:2・1 準備:2秒 前提:魔法の素質
 
《霊性武器》 
《霊性武器》 通常 防御/警戒系呪文
 この呪文は武器にかけます。普通の武器では傷つかない超自然的な存在や実体を持たない霊体などを、攻撃可能になります(ルール的には、その武器による攻撃に「非実体に影響」の増強がついたものとして扱います)。

持続:1分 消費:武器の重量0.5圓砲弔2・維持半分 前提条件:《祝福》 魔化:《霊剣》を参照してください
魔法の縄ルーンロープ
《魔法の縄(ルーンロープ)》 至難 通常/敏捷力で抵抗 作成系呪文
 この呪文は魔法の縄を作り出し、これで目標を拘束にする効果があります。この魔法の縄は《物体作成》で作成されたロープとなんら変わりはありません。そのため、目標は「考えることができる生き物」でなければなりません。抵抗に失敗した目標はこの縄に束縛されて、身動きがとれなくなります。

●持続時間:永久 ●エネルギー消費:5(《結び目》の効果を追加するならさらに1点) ●準備時間:3秒 ●前提条件:《物体作成》、《拘束》
その効果から、《物体作成》と《拘束》の複合魔法としてデザインしなおしました。つまり手元にロープがなくても使える《拘束》の呪文扱いです。
変異ハマン》 
変異ハマン》 至難 特殊 呪文操作系呪文
 この呪文は、何らかの神(と呼ばれるような霊的に高位の存在)の力を借りることにより奇跡を起こす呪文です。ただし、呪文を唱えたキャラクターは自身のcpが15点減少することになります。《変異(ハマン)》を使用した場合に何が起こるかはGMが決定します。
 ただし、術者の総計cpが180未満の時には、呪文を唱えても何の効果も起きません。

持続:持続する効果の場合は10分 消費:エネルギー6点+術者の持つ15cp 前提条件:「魔法の素質3レベル」+異なる12系統から各1種
コンピュータゲームとは違い、GMがいるため、GMで独自にテーブルを用意するなり、面白くなるように、あるいは"詰んだ"状況を打開できるように、適切に処理する方が良いでしょう。そのため、テーブルは削除しました。
大変異マハマン
大変異マハマン》 至難 特殊 呪文操作系呪文
 何らかの神(と呼ばれるような霊的に高位の存在)の力を借りることにより奇跡を起こす呪文です。ただし、呪文を唱えたキャラクターは代償として、自身のcpを25点失うことになります。《大変異マハマン》 を使用した場合は、《変異ハマン》よりも更なる偉大な奇跡を起こしてもらえます。
例:死者1人(灰の状態も含む)が生き返る、パーティー全員の総ての成功判定に+2の修正が与えられるなど。
 ただし、術者の総計cpが250cp未満の時には、呪文を唱えても何の効果も起きません。

持続:持続する効果の場合は10分 消費:エネルギー13点+術者の持つ25cp 前提条件:異なる14系統から各1種+《変異ハマン
重量軽減ディクリース・ウェイト
《重量軽減(ディクリース・ウェイト)》 至難 通常 物体操作系呪文
 この呪文は一つの物体に対して使用し、対象の重量を軽減する働きがあります。武器にかければ、ダメージは変化しないままエネルギー消費3点ごとに対象の必要体力を1ずつ減らす効果があります。その他の物体に対して使用するならば、エネルギー消費3点ごとに重量を約90%に軽減する働き(6点消費で81%、9点消費で72.1%…)があります。
 必要体力を軽減しても武器のダメージは変化しません。また、この場合、必要体力は1にまでしか軽減出来ません。

●持続時間:1時間 ●必要エネルギー:重量を1割軽減するごとに3。武器の場合は、必要体力を1点減少するごとに3.いずれの場合も維持も同じ ●準備時間:3秒 ●前提条件:《物体縮小》
他の多くの物体操作系呪文と同じように、効果上限を撤廃しました。また、「軽量化」は単純な「縮小」(小さくなる分だけ軽くもなる)よりも難しいだろうと考えられるため《物体縮小》を前提条件としました。
不浄の影アンホーリー・ブライト
《不浄の影(アンホーリー・ブライト)》 射撃 死霊系呪文
 術者は不浄の力を呼び起こして敵にエネルギー1点当たり1D−1点の毒ダメージを与えます。この力は冷たく甘ったるい匂いのする、油じみた闇の雲の形をとります。
 善属性の存在(天使など)に対しては、より効果的なダメージを与えます。それらの対象にはダメージを「サイコロ1個につき+2」します。
 ダメージ半減距離30、最大射程60、正確さ+1です。

●エネルギー消費:1秒につき1〜魔法の素質レベル点まで、それを最大3秒間。エネルギー1点につき1D6−1の毒ダメージ
●準備時間:1〜3ターン。●前提条件:魔法の素質1レベル、対善呪文から4種。
攻撃呪文に他の呪文を前提条件として含まないのは、バランス的にも、魔法の制御ができないものにいきなり攻撃呪文を教えるという危険性の面からも推奨できないため、それらしい前提条件を追加。ここでいう対善呪文は、『GURPS Thaumatology』のp.49から掲載されている《善感知(Sense Good)》《善探知(Seek Good)》《善からの保護(Protection from Good)》《善拒絶(Repel Good)》《善遮断(Exclude Good)》などの善属性に影響を与える呪文。これらの呪文を導入しない場合は、《腐敗の死神》+《呪文投擲》あたりが候補でしょうか。
また、抵抗は不要とし、善属性相手にダメージが上昇するように上方しました。ダメージタイプを演出に合わせて「叩きダメージ」(物理的衝撃)から「毒ダメージ」(生物にとって有害なダメージ)に変更しました。
死に際の命令ラストギアス
《死に際の命令(ラストギアス)》 至難 通常/意志力で抵抗 精神操作系呪文
 《命令》の一種で、術者の死を代償として発動します。《大命》に匹敵する強力な効果をもたらせる事、成功判定に+4のボーナスがある事、目標が見えてさえいればかける事が出来る事、そして、何らかの事情で術者が生き返ってしまった場合には、自動的に解除されてしまう事が異なります。

●持続時間:達成するか、《呪い除去》等で呪文が除去されるまで永久 ●エネルギー消費:術者の残りのFP全て ●前提条件:《命令》
盟神探湯クカダチ
盟神探湯クカダチ》 通常 火霊系呪文
 この呪文は、神明裁判に用いる灼熱の炭火や熱湯などにかけるための術です。《盟神探湯(クカダチ)》をかけられた熱は「聖なる審判の熱」となりて、善良であったり、純粋である人物を害することは無く、熱気による苦痛すらも感じさせません。

●持続時間:1分 ●エネルギー消費:4リットルにつき詠唱2・維持1 ●前提条件:《防熱》+《聖火》、さらに「神聖」もしくは「善良」であること
《内なる光の啓発》
《内なる光の啓発》 その他系 特殊(儀式)

―兌圓亘睨 ̄澆涼罎脳なくとも2時間瞑想します。魔法円を活性化するために、基本消費量1点のエネルギーを消費します。
△海旅塰,魎檻吋月間、厳密に続けます。ほんのわずかな中断でも最初からやり直しになります。
9塰,鮖呂瓩討ら1ヵ月後、術者はこの呪文の技能判定を行います。成功したなら、術者は1D6点のCPを獲得します。

持続時間:永久
基本消費量:1日100点×1ヶ月分
準備時間:1日2時間×1ヶ月
前提条件:魔法の素質2レベル、〈神秘学〉〈瞑想〉それぞれ12レベル以上
10分で1点回復するエネルギーを1日に1点消費するだけでは、エネルギーコストがないのと同じです。それでは、単純に60時間分の学習程度の効果しかありません。
そこで、学習時間を増加する特殊な有利な特徴を付与する能力して再設計しました。60時間でcpを1d6点=独学1600時間の学習とすると、26.67倍です。これは有利な特徴「高速学習 9L」に相当します。「宇宙パワー/プレイ中以外の学習時間にも適用できる:+50%」と「わずかな中断でもそれまでの経過が全て無駄になる:−10%」をつけて252cpの有利な特徴の付与として扱います。すなわち必要エネルギーの目安は84点です。ただし、3レベルを超える「高速学習」の付与ということを鑑みて、少し多めの100点としています(通常2Lまでの「高速学習」を3L以上にするために「宇宙パワー:+50%」を追加すれば342cp=114エネルギーが目安となることを考えると、まだ10%ほど安いです)。
《富をもたらす》
《富をもたらす》 その他系 特殊(儀式)

,海亮文は毎週1回(土曜日)にのみかけることができます。複雑な魔法円と魔術具(短剣・棒杖・杯、およびろうそく)が必要です。
⊆文をかけるのに3時間かかり、術者は10点のエネルギーを消費します。
成功すれば、術者は「平均的な月収の25分の1」の額の金品を約1か月後に受け取ります(常に偶然あるいは幸運な出来事の結果として現れます。受け取れるタイミングは最大で1週間ほど前後します)。

異世界の場合、GMはこの呪文をかけられる日を任意に設定することができます
(6日〜10日にいっぺんのほうが良いでしょう)。

持続時間:永久
基本消費量:10
準備時間:3時間 前提条件:《内なる光の啓発》
Wishingと「劇中時間換算」の増強をつけた「都合のいい偶然」の付与として再設計しました。額については大分悩みました。週3時間の労働と考えれば「月収の50〜60分の1」程度が妥当なのでしょうが、それでは少なすぎる(この魔法を使わずに普通に労働しても変わらない)ため、その額の2倍以上3倍未満となる25分の1としました。
傷刃ウーンズ
《傷刃(ウーンズ)》 死霊系呪文 通常/生命力で抵抗
 抵抗に失敗した対象を負のエネルギーにより負傷させます。
 この呪文ではアンデッドや魔法生物、機械/無生物にはダメージを及ぼせません。

●エネルギー消費:1〜3。エネルギー1点につき1D6/毒ダメージ。 ●準備時間:3秒 前提条件:魔法の素質1レベル、《バイタリティ奪取》
達人の指導」や「武器の達人」を前提条件としたパワー「気」とは関係がないと思われるため、テキストを修正しました。また、物理的に切り傷を与える攻撃ではなく、"キュアー・ウーンズ"の逆の効果(=負傷を生じさせる)の結果として切り傷ができるだけの攻撃であると思われるため、切りダメージ(物理的に切り傷を与える攻撃)ではなく毒ダメージ(生物にとって有害な攻撃)に変更しています。その他、ソード・ワールドの暗黒魔法"ウーンズ"に準じて単純な抵抗タイプの呪文に変更しました。
疲労攻撃ファティーグ・アタック
《疲労攻撃(ファティーグ・アタック)》 死霊系呪文 白兵/生命力で抵抗
 術者が接触し、抵抗に失敗した敵に対し、エネルギー消費1点につき1点の疲労ダメージを与えます。
 当然、FPの無い目標には効きません。この呪文はアンデッドにも効きます。
 
●エネルギー消費:基本1。追加で任意の点数を消費でき、追加で消費した1点につき1点の疲労ダメージを与える(追加消費分のエネルギーは技能レベルで軽減できない) ●前提条件:魔法の素質1レベル、《エネルギー奪取》
ソードワールドの"メンタル・アタック"準拠で再設計しました。
命盗みスティール・ライフ
《命盗み(スティール・ライフ)》 死霊系呪文 至難 通常/生命力で抵抗
 抵抗に失敗した目標からエネルギー消費16点ごとに、1D6点のHPを奪い、術者のHPを同量だけ回復します。
 この呪文ではアンデッドや魔法生物、機械/無生物にはダメージを及ぼせません。
 当然、術者の最大HP以上に回復することもありません。

●エネルギー消費:16〜48点。エネルギー16点につきHPを1D6点奪い、術者のHPが回復。
●準備時間:30秒 ●前提条件:魔法の素質2L、《傷刃》、「特殊な背景/秘密の呪文、命盗み」[5cp]
《バイタリティ奪取》をベースに再設計しました。「ダメージ強化」を2回と「高速化」と「固有の効果」を追加。「固有の効果」では「呪い」と「離れた地点に効果」と「治癒加速」の3つの増強を追加しました。
活力盗みスティール・ビガー
《活力盗み(スティール・ビガー)》 死霊系呪文 至難 通常/生命力で抵抗
 抵抗に失敗した目標からエネルギー消費16点ごとに、1D6−1点のFPを奪い、術者のHPを同量だけ回復します。
 この呪文は生きた知的生物の他、アンデッドにも効果があります。
 当然、術者の最大FP以上に回復することはありません。

●エネルギー消費:20〜60点。エネルギー20点につきFPを1D6−1点奪い、術者のFPが回復。
●準備時間:15秒 ●前提条件:魔法の素質2L、《疲労攻撃》、《命盗み》、「特殊な背景/秘密の呪文、活力盗み」[5cp]
《エネルギー奪取》をベースに再設計しました。「エネルギー効率化」と「高速化」を2回と「固有の効果」を追加。「固有の効果」では「呪い」と「離れた地点に効果」と「治癒加速」と「宇宙パワー/アンデッドにも有効」の3つの増強を追加。また、《スティール・エナジー》は《エネルギー奪取(Steal Energy)》と名称が被っているため、《活力(Vigor)》から《スティール・ビガー》という名称に変更。
肉体能力解放フル・ポテンシャル
《肉体能力解放(フル・ポテンシャル)》 通常 肉体操作系呪文
 この呪文は対象の肉体的な潜在能力を高めます。結果として《怪力》《すばやさ》《活力》の呪文を同時にかけたのと同じ効果が現れます。すなわち、エネルギー消費8点ごとに体力敏捷力生命力が同時に1点ずつ上昇するのです。これにより持続時間の間、上昇した能力値が関係している副能力値や技能のレベルも上昇します。
 なお技能レベルが高くてもこの呪文のエネルギー消費は半分までしか減らすことはできません

●持続時間:1分 ●エネルギー消費:8〜8×魔法の素質レベル点・維持同じ ●前提条件:《怪力》+《すばやさ》+《活力》

刃の網ブレード・ネット
《刃の網(ブレード・ネット)》 至難 範囲/生命力で抵抗 作成系呪文
 この呪文は銀色に輝く魔法の網で放ち範囲内の者の行動を制限します。
 誰か一人でも抵抗に成功したら一切の効果を生じません。
 対象は、どんな行動もとることができますが、「痛み」(ベーシックp.406)により敏捷力・知力・技能、自制判定に−2のペナルティを受けます。また、身体的な動きを伴う行動を行った場合は、防護点無視の「1d+1の切りダメージ」を受けます。
 一度効果範囲外にでれば、それ以上の影響は受けません。

●持続時間:1分 ●エネルギー消費:7(最低半径2メートル) ●前提条件:魔法の素質3レベル+《物体作成》

昏倒の雲アンコンシャスネス・クラウド
《昏倒の雲(アンコンシャスネス・クラウド)》 至難 範囲/生命力で抵抗 風霊系呪文
 この呪文は効果範囲の空気を毒ガスに変化させます。効果範囲にいる全ての生き物は、この呪文に対して生命力で抵抗を試みなければなりません。失敗したら肉体が麻痺し、同時に意識も失います。抵抗に成功したものは、何の効果も受けません。《誘眠》《集団誘眠》とは違って、この呪文によって気絶したものにダメージを与えたり、蹴り飛ばしたり揺り動かしたりしても、起こすことは出来ず、1時間は気絶したままです。しかし、《覚醒》で解除すれば、意識を取り戻させることが出来ます。
 また、この呪文は耐性/毒や呼吸不要睡眠不要を持つ者に対しては効きません。

●持続時間:一瞬(麻痺の効果は1時間) ●基本消費量:4(半径2メートル) ●準備時間:15秒 ●前提条件:《集団誘眠》+《麻痺》+《悪臭》+「秘密の呪文/昏倒の雲」[1cp]
朦朧状態(スタン)」を与える魔法ではなく「意識不明(Unconsciousness)」を与える魔法であり、名称と効果が一致しないため、「アンコンシャスネス・クラウド」に名称を変更しました。
電光の網ライトニング・バインド
《電光の網(ライトニング・バインド)》 至難 範囲/生命力で抵抗 天候系呪文
 この呪文は目標を電光の網で絡めとり、相手の動きを完全に封じる(麻痺、ベーシックp.407参照)魔術です。目標が抵抗に成功した場合には、目標は動く事が出来ます。
しかし、効果範囲内にいる目標は、抵抗の成否にかかわらず持続時間の間、毎ターン電光による防護点無視の焼きダメージを「1d6」だけ受け続けます(ダメージは効果範囲内に後から入ったものも同様に受けます)。そのため、効果範囲外への脱出に成功するまで、常に衝撃によるペナルティを受けて行動することになります。

●持続時間:1分 ●基本消費量:20(最低半径2m)・維持同じ(麻痺の効果は維持できず1分で切れます)。基本消費を倍にすることで、ダメージが「2d-1」になります ●準備時間:1分 ●前提条件:《刃の網》+《電光の鞭》+「特殊な背景:秘密の呪文/電光の網」[5cp]

《英雄》
《英雄》 至難 通常

目標の全ての能力値を高めます。全ての技能数値、移動力に影響が有るでしょう。
術者本人に掛ける事は出来ません。
幾ら技能レベルが高くてもこの呪文の消費エネルギーを減らす事は出来ません
(パワーストーンは可)

■持続:1分 ●消費:全能力値+1ごとに10(最大+10で100)・維持も同じ
★前提:《怪力》+《すばやさ》+《知恵》+《活力》+「特殊な背景:秘密の呪文/英雄」[5cp] ◆準備:2秒 
▲魔化:(a)杖や錫杖。魔法の素質を持つ者のみ使用可能、目標に触れる必要あり。必要エネルギー7000
(b)装飾品。常動型で身に着けると全能力が上昇する。必要エネルギー能力+1ごとに6000。

《龍性変異》
《龍性変異》 至難 通常

目標の体力敏捷力生命力防護点を上昇させます。
知力に関係した技能以外の全ての数値に影響が現れるでしょう。

この呪文は術者自身にも掛ける事が可能です。

同時に飛行能力も付与されます、《飛行》の呪文を参考にして下さい。
防護点は「力場状」とイメージして下さい、目も防護されます。
この呪文はいくら技能レベルが高くても消費エネルギーを減らす事は出来ません(パワーストーンは可)。


■持続:1秒 ●消費:消費251点につき体力+20、敏捷力+4、生命力+4、防護点+4(最大1255点消費で体力+100、敏捷力+20、生命力+20、防護点+20)・維持同じ
★:前提:全能力値15以上+「魔法の素質20レベル」+《英雄》+《他者変身/ドラゴン》+《祝福》+《聖〜(Essential 〜)》の魔法を7つ以上+「特殊な背景:秘密の呪文/龍性変異」[5cp] ◆準備:1秒
▲魔化:(a)杖や錫杖。魔法の素質を持つ者のみ使用可能、目標に触れる必要あり。必要エネルギーは26,000
(b)装飾品。常動型で身に着けると能力・防護点が上昇する。必要エネルギーは体力+20、敏捷力+4、生命力+4、防護点+4ごとに40,000。(最大で200,000)

《文明感知》
《文明感知》 情報系

■持続:不可●消費:2・不可
◆準備:1秒★前提:なし
 
術者のいる場所の文明レベル(TL)や発展過程、技術精度などを
知ることができます。倫理や考え方が術者の常識と
大きく違う場合、それらについてもある程度分かるかもしれません。

物品に掛けると術者自身の文明度知識と比較した物品の文明度の詳細が分かります。

《未来感知》
《未来感知》(至難)情報系

■持続:1分●消費:8・4
◆準備:1時間★前提:素質2、「文明感知」
 
特定の人物や品物が、未来でどんな状況になっているかがわかります。
通常はクリティカルで成功しない限り、曖昧な答えしか得られないでしょう。
1分で一般的な状況の1場面を知ることができます。
調べる先の日数を km 単位に直して、呪文の遠距離修正による
マイナス修正を適用してください。(《瞬間移動》参照)

《追尾》
《追尾》通常(物体操作系)

投擲武器か発射する物(弾丸や矢、銃本体など)に対してかけます。

銃器のマガジンに掛けた場合、「装弾されている弾丸全て」に、
銃本体に掛けた場合、 「チェンバー(薬室?、銃内弾倉?)内に装弾された弾丸全て」に掛ります。

発射した物体は、術者or発射当事者が目標対象を目視補足で見ている限り
対象を追尾し自動的に命中します。
体の一部が見えて居る場合、その「見えている部分」に命中します。
ただし「姿の見えない対象」には効果が有りません。

つまり間接射撃は出来ません…が…

発射された弾丸・矢は

「目標対象に命中」するか
「最大射程に到達」するか
「目標対象が視界から消えて認識不可」になると

即座に効果を失います。

また術者の視界から消えても効果を失います。

この呪文は維持は出来ません。

■:5秒or撃つまで ●消費:6・維持は不可 
◆準備:3秒★前提:素質3+《追跡》+「特殊な背景:秘密の呪文/追尾」[1cp]
▲魔化:(a)杖や錫杖。 魔法の素質を持つ者のみ使用可能。目標に触れる必要あり。必要エネルギー1000
(b)弓や弩、銃本体など。発射する物全てに《追尾》が掛かる。 必要エネルギー3000

《乱れ飛ぶ電光》
《乱れ飛ぶ電光》 至難 射撃

《電光》を連射出来るように改良した呪文です。
術者の魔法の素質×2(最大7)だけ電光を生み出し、連射します。

命中判定は「速射」(ベーシックp.352)を参考にしてください。
《乱れ飛ぶ電光》の飛び道具としてのデータは《電光》と同じです。
反動は「1」(無反動)です。

エネルギー消費:1秒あたり「魔法の素質」レベルの7倍までのエネルギーを消費できます。最大3秒まで。エネルギーを7点費やすごとに1D-1の焼きダメージを与えます。
準備時間:1〜3秒(通常の《電光》と同じく完成に近づくと術者の指先から火花が散り始めますが、より派手です!)
前提条件:「魔法の素質2レベル」、《電光》、「秘密の呪文/乱れ飛ぶ電光」[1cp]
魔化:《電光》の通り。ただし、必要エネルギーと宝石の価格は、1.8倍(必要エネルギー1440、$2160相当のプラチナ)

《二連火球》
《二連火球》 射撃

連射数2、反動4であることを除いて、《火球》と同じです。

エネルギー消費:1秒あたり「魔法の素質」レベルの2倍までのエネルギーを消費できます。最大3秒まで。エネルギーを2点費やすごとに1Dの焼きダメージを与えます。
準備時間:1〜3秒
前提条件:《火球》、「特殊な背景:秘密の呪文/二連火球」[1cp]

《三連火球》
《三連火球》 射撃

連射数3、反動4であることを除いて、《火球》と同じです。

エネルギー消費:1秒あたり「魔法の素質」レベルの3倍までのエネルギーを消費できます。最大3秒まで。エネルギーを3点費やすごとに1Dの焼きダメージを与えます。
準備時間:1〜3秒
前提条件:《火球》、「特殊な背景:秘密の呪文/三連火球」[1cp]

《引き寄せの魔化(アスポート)》
《引き寄せの魔化(アスポート)》 魔化系呪文 魔化 

 この魔化は、「装身具」と「対になる別の品物」を用意して行います(魔化自体は「装身具」に対して行われます)。この呪文の魔化された「装身具」を身に着けている場合、「対となる品物」を自身の手元に「呼び出す」目的でのみ《他者瞬間移動》と同等の効果を発動できるようになります。このとき、目標が見えていないことによるペナルティや(通常呪文を発動する際の)目標までの距離1mごとの−1のペナルティを無視することができます。ただし、転移する距離と対象物の重量に応じたエネルギー消費とペナルティは通常通り受けます(《瞬間移動》および《他者瞬間移動》の表を参照してください)。
 普通の品物は抵抗を行わないため、通常はパワーに各種ペナルティを加えた後の目標値が15以上あれば、発動は自動的に成功したものとして扱います。
 「対となる品物」が、どのような状態で表れるかは魔化時に決定します。例えば、抜き身の武器を対として登録しておけば、準備状態で呼び出すようにもできます。鞘ごと登録すると鞘ごと出現しますので、準備行動が必要になります。また、対となる鎧を装着した状態で呼び出すようにもできますが、呼び出しの判定に−10のペナルティを受けます。
 「呼び出す」際にかかる準備時間やエネルギーは《高速化》や《充電》の魔化により改善可能です。「装身具」か「対となる品物」あるいは「対となる品物を保管してある場所」に《標識》を魔化することで、通常通り消費エネルギーとペナルティを半分にすることもできます。
 《引き寄せの魔化》自体には、既に特殊な《同調》がかけられているため、これ以上《同調》しても魔化のエネルギーが半分になることはありませんが、抵抗判定に対してペナルティを課すために通常の《同調》を重ねることは可能です。

エネルギー消費:1600点。 前提条件:魔法の素質3L、さらに《同調》+《他者瞬間移動》
手に持っていない魔法の品物の効果を任意で発動することはできません。その為、対になる装身具に魔化を施し、その装身具経由で《他者瞬間移動》を発動するように修正しました。コストは《同調》+《他者瞬間移動》をベースとしています。本来の《同調》からは、発動時の距離に関する修正を(エネルギーも含めて)本来の《同調》によるペナルティ分だけ無視する代わりに、対となる品物に抵抗の意志があれば通常通り抵抗され、対となる品物以外には使用できないように改変しています。
《耐妖の魔化》  
《耐妖の魔化》 魔化系呪文 魔化
 
 妖術を防ぐ効果を付与する魔化です。
 魔化を施された魔法の品物の持ち主は妖術の抵抗に対して「Lv×2」分だけボーナスがあります。

エネルギー消費:1000点/Lv 前提条件:魔法の素質3L、そして《魔化》+《呪文抵抗》

呪圏作成スペルバウンド
《呪圏作成(スペルバウンド)》 至難 特殊 転送系呪文
 術者にとって都合の良い、現実と重なりあった「隠れ里」を作り出す魔術です。術者は必ず「支配側」の住人となり、侵入者は「来訪者」となります。
 それぞれ別の呪文として専門化を必須とし、習得時に効果(「隠れ里」の規模・能力・「掟」)を固定します。
 術者を倒すか、特定の条件を達成すれば「隠れ里」=呪圏は崩壊します。条件についてはGMの承諾を得てください。

●持続時間:1分 ●エネルギー消費:呪圏の総計cpの3cpにつき1点(最低17点)・維持同じ ●準備時間:10秒 ●前提条件:魔法の素質3レベル+《隠し部屋》+「隠れ里」の効果にふさわしい呪文(空を飛べるなら《飛行》、常に雨が降っているなら《雨》、時間の流れを変えるなら《減速》や《加速》)+「特殊な背景/秘密の呪文、呪圏作成」[5cp]

《エネルギー回復促進》 
《エネルギー回復促進》 通常 治癒系呪文 
 この呪文は《エネルギー回復》を与えます。対象は、《エネルギー回復》を「知力魔法の素質+4」レベルで習得しているものとして扱いますが、術者の《エネルギー回復》の技能レベルおよび《エネルギー回復促進》の修正後技能レベルを超えることはありません。その上で、対象が魔法の素質を1レベル以上で所持していない場合は、《エネルギー回復》の効果を求める際に技能レベルに−10のペナルティがつきます。

●持続時間:10分 ●エネルギー消費:詠唱30・維持20 ●準備時間:30秒 ●前提条件:《エネルギー回復》+《呪文賦与》 
《呪文賦与》(発動済みの呪文の制御権を渡す)や《技能賦与》(技能を与えるが呪文は不可)の亜種として再構成しました。休憩(10分毎)に関する呪文のため、効果時間を《技能賦与》の10倍の10分とし、エネルギー消費・準備時間も同様に《技能賦与》の10倍として計算しています。
魔王との接触コール・ダークゴッド
《魔王との接触(コール・ダークゴッド)》 至難 特殊 転送系呪文
 この呪文は、あなたが崇拝している魔王/邪神を生贄の肉体を依り代として召喚します!
 どれだけ力の小さな神であっても662cp(A very minor god)以上のため、最低でも56のエネルギーが必要です。呼び出す神次第では、1000以上のエネルギーが必要となることもあるでしょう。生贄からは通常通りエネルギーを得られますので、そのエネルギーを充てることができます。

 術者は(魔王の機嫌にもよりますが)理論上、いかなる願いでもかなえてもらえる可能性があります。
 魔王/邪神の力は絶大ですが、人類の脆弱な体と精神は神の持つ大きな力に耐えられないため、持続時間が過ぎた後、生贄の魂は破滅し、《復活》等の呪文を使っても二度と復活する事は出来ません。また発動判定でファンブルした場合は、誤った存在を呼び出してしまったり、呼び出した存在が永続的に居座ったりします。召喚者にとって不利益をもたらす結果になるようにGMが決定してください。結果的に周囲の迷惑になっても構いませんが、召喚者の利益にはならないように注意してください。

●持続時間:1分 ●エネルギー消費:呼び出そうとする存在12coにつき1(最低56) ●準備時間:5分 ●前提条件:魔法の素質1レベル、異なる10系統から各1種、「特殊な背景:秘密の呪文/魔王との接触」[1cp]
生贄からエネルギーを求める方法はいくつかの提案が『GURPS Thaumatology』にありますが、特徴の必要cpの50倍は大きすぎます。単純にcpから求める場合、生贄のcp総計と同じだけのエネルギーが得られるだけです。なんにせよ、魔法の効果欄に記載することではなく、生贄に関するルールとしてキャンペーンでどのようなルールを使用するか統一して記載するべきですので、記述を削除しました。儀礼魔法云々も同様に記述を削除し、見やすくしています。
《ハイパワー》
《ハイパワー》 至難 通常 生命力で抵抗

持続時間中、対象が受けている「能力値」を増加する魔法の効果を二倍にします。
この呪文は、肉体操作系かつ精神操作系の呪文です。

■持続時間:10秒 ●エネルギー消費:10・維持不可。効果終了後、対象は10点疲労する(対象が術者以外の場合) ◆準備:3秒
★前提条件:《体力増幅》《敏捷力増幅》《生命力増幅》《知力増幅》、「魔法の素質3レベル」、知力13以上、「特殊な背景:秘密の呪文/ハイパワー」[1cp]

《奪刻》
《奪刻》 至難 魔化 死霊系呪文かつ魔化系呪文
 目標の刻印(に宿る超常的特徴)を術者の身に奪い取り、我がものにします。刻印が目標の肌の上に浮かび上がった状態でなければなりません。
 魔化の儀式に失敗した場合、奪おうとした特徴のcp1点につき2点のcpを失います(最低20cp分)。何を失うかはGMが決定しますが、悩むようならまずは知力を低下させてください。
 この呪文は最大でも15レベルまでしか習得できません。

●持続時間;永久 ●エネルギー消費:奪取する特徴のcp1点につき200(最低2000) ●準備時間:1分 ●前提条件:《若さ奪取》、《容貌奪取》、《永遠の呪い》、《祈願》、知力15以上、生命力15以上

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます