汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

現代地球を舞台にした探索者に使えそうな職業。


適当に見繕って来たものなので、誰でも更新可能。とりあえず、最初は探索者向きの職業を載せました。
部分的に第4版の技能を第3版に合わせて入れています。
現代日本2018年の文明レベル(TL)は(第三版は7ですが)8です。
TL0(石器時代。先史時代)初期所持金:250$
TL1(青銅器時代。3500 B.C.+)初期所持金:500$
TL2(鉄器時代。1200 B.C.+)初期所持金:750$
TL3(中世。600 A.D.+)初期所持金:1000$
TL4(大航海時代。1450 A.D.+)初期所持金:2000$
TL5(産業革命。1730 A.D.+)初期所持金:5000$
TL6(機械化文明。1880 A.D.+)初期所持金:10000$
TL7(核の時代。1940 A.D.+)初期所持金:15000$
TL8(デジタル時代。1980 A.D.+)初期所持金:20000$
TL9(ナノテク時代。2025+?)初期所持金:30000$
TL10(ロボット時代。2070+?)初期所持金:50000$
TL11(超物質時代)初期所持金:75000$
TL12+(GMが望む世界)初期所持金:100000$



目次

複数の技能を包括する技能について

 以下の裁定はキャンペーンを始まる前にPL達にちゃんと説明しておくことを推奨します。

 技能の中には、複数の技能が組み合わさった物や種別がとても多い技能があります。
ある技能が(<空手>等、習得していると)習得者に何かしらの実数値的なボーナスを与える技能を内包しており、GMがその詳細をいちいち把握するのが煩わしいと感じた場合、GMはそれらの修正を無視する旨を事前にPL達に伝えておくとよいでしょう。
 GMが詳細を見る暇がなさそうで、それらのボーナスを無視した場合、このページの例で言えば、万能技能<学生!(敏捷力)>は<格闘>を包括していますが、(新たに<格闘>を習得してない限り)<格闘>を習得していることによる素手攻撃のダメージへのボーナスはなくなるわけです。

 万能技能によって重複した技能のレベルの底上げについて、GMは第3版と第4版のCPコスト相場の違いを考慮することが面倒だと感じた場合、技能レベルの底上げはなしで、技能を新たに取り直してもらう方針でも良いでしょう。

万能技能について(第四版キャラクター170ページ参照)。

後ろに感嘆符「!」が付いている技能は、「万能技能」と称されるものです。

目次

趣味技能に関して(第4版キャラクター189ページ参照)。

趣味技能(敏捷力か知力 /易)

目次

職業技能に関して(第4版キャラクター190ページ参照)。

<職業技能>(敏捷力または知力 /並)

目次

 前提条件は、その職業に就くのに必要な特徴です。GMは常識的に考えて、キャラクターがその職業に就くことが不自然(社会生活が送れない体や戸籍がないとか)だと判断した場合、キャラクターがその職業に就けなかったり、辞めさせることができます(勿論、GMが納得できる理由があれば問題ありません)。

汎用性の高い職業

 幅広い技能を持っていたり、積極的に事件を収拾させる立場にいたりして、冒険と相性が良いと思われる職業です。
 一般教養や社会人以前の基本的な技能は学生に集約させています。

学生 / スチューデント(student)

 前提条件:特になし。
 生徒、学生、研究生。英語のstudentは米国ではハイスクール以上の生徒・学生をいい、英国では通例大学・専門学校の学生をいいます。pupilは米国では小学生、英国では大学より下の生徒にいい、また個人指導を受けている人にもいいます。
 日本には義務教育があります。義務教育の年齢というのは学校教育法で「満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまでにある子」です。また、労働基準法による児童を一般の労働者として使用してはならない阻止義務があります。
 現代日本において、未成年のキャラクターは大人の(倫理上)庇護対象です。大人の干渉によって冒険から退かされることもあるでしょう。
主な特徴
 学生キャラが持ちそうな不利な特徴は、
 未成年/、財産/赤貧、義務感/家族、義務感/友人、足手まとい/家族、足手まとい/友人、好奇心/、情にもろい、自信過剰、誇大妄想、平和愛好/、朴訥、お祭り好き、お喋り、見栄っ張り、等。
行動に影響を及ぼすが、他人にそこまで迷惑をかけない(精々反応修正に-1ぐらいの)"中二病"は-5CPぐらいの特徴(妄想の一種)だろうか。
主な技能
 ここでは、一般的な高校生から連想する技能を載せています。普通の学生であれば、各技能レベルは高くても10どまりでしょう。プロの教師はたいてい、担当科目関連の技能を最低でもレベル12以上で習得しているはずです。
 <学業>(精/易)は学習済みの学問の表層的な知識を網羅した技能です。学力テストをひとまとめで判定する際もこの技能を用いればよいでしょう。GM次第ですが、<学業>を習得したキャラクターは成人後、(教員でもない限り)時間とともに<学業>を忘れてしまうかもしれません。
万能技能<学生!>は、技能上限レベルを10とするならば、修得に必要な「特殊な背景」は特にいらないと思います。

万能技能<学生!>

目次

警察官 / ポリスオフィサー(police officer)

 前提条件:「法の番人レベル1以上」

 白バイに乗っている方も警察官ですし、スピード違反などを取り締まる方も警察官です。交番に居る方も警察官です。そして、警察官の中でも、刑事事件を担当する警察官が刑事です。主に、犯罪の捜査、逮捕などを行う刑事課に属している警察官のことを、刑事と呼びます。
 police officer は米国では巡査を指します。
 鑑識官のような”犯行の手掛かりとなる証拠収集専門家”としての技能もここに含めます。
 警察官はしがらみも多いですが、冒険できる立場ならば、現代の冒険者と相性のよい職業です。怪事件を担当する部署のPC用のシナリオならば、ある程度合法的に”事件解決のための力”を持って、事態の最前線に立てることでしょう。
wikipedia:日本の警察
wikipedia:警察犬
主な特徴
 この職業のキャラが持ちそうな不利な特徴は、
 義務感/市民、義務感/仲間、足手まとい/家族、誠実、使命/、悪い名声/悪党に対して、狭量/犯罪者、偉大な誓い/大物犯罪者に必ず法の裁きを受けさせる、敵/犯罪者、等。
主な技能
 義務教育レベルの技能は職業「学生」を参照。
 ここでは、一般的な警察官から連想する技能を載せています。警察関連の技能は非常に多いため、万能技能にするには高コストの「特殊な背景」を設けるか、担当する分野によって分けた方がよいでしょう。

万能技能<警察!>は包括範囲が広いので保留中。

目次

好事家 / ディレッタント(dilettante)

 前提条件:「地位レベル1以上」「財産/富裕以上」

 好事家は趣味に生きる資産家、浪費家です。金持ちの道楽息子やお嬢様もここに含めます。一般的な労働者と比べて、冒険に費やせる時間が多いでしょう。また、財産や多趣味な背景を活かした人脈や、外国由来の技能・物品を所持しやすいと思われます。
 PCの訪問先の館の主や怪盗やパトロンが「好事家」なこともあるでしょう。
主な特徴
 この職業のキャラが持ちそうな不利な特徴は、
 義務感/自社、義務感/部下、足手まとい/家族、悪い名声/商売敵に対して、好色、高慢、自信過剰、紳士の名誉重視、気前がいい、秘密/、浪費家/、等。
主な技能
 義務教育レベルの技能は職業「学生」を参照。
 ここでは、一般的な金持ちの好事家から連想する技能を載せています。
万能技能<好事家!>を習得するには10CP以上の「特殊な背景」があればよいと思います。

万能技能<好事家!(知力)>


以下、万能技能以外でこの職業の者が持っていそうな技能。

好事家が持っていそうなビジネス方面の技能


好事家が持っていそうなスポーツ方面の技能


好事家が持っていそうな旅行方面の技能


目次

サーカス団員 / サーカスメンバー(circus members)

 前提条件:特になし

 旅芸人 / アイティンラントパフォーマー(itinerant performer)の一種。軽業師や曲芸師はアクロバット(acrobat)と呼ばれます。サーカス団員には大道芸人、道化師、奇術師、調教師、スーツアクターもいます。芸人は安定した職業とは言い難く、「財産」が標準を下回る者も少なくないでしょう。シナリオ次第では、中に人ならざる者が紛れ込んでいることもあります。
 近代サーカスで上演される演目は無数にあり、多様化の一途を辿りますが、一般的な演目をいくつか例にあげておきます。

 動物曲芸の演目は馬を使用した曲馬芸が最も一般的で、その他ライオン、象、熊、虎などが使用されます。調教された動物による火の輪くぐりや三輪車、自転車、縄跳び、シーソーなどを使用した芸が披露されます。
 空中曲芸の演目は綱渡りやトランポリン、空中ブランコなどを使用した空中での技の難易度や美しさを見せる曲芸です。
 地上曲芸の演目はワイングラスを重ね、足や額に乗せて平衡感覚を見せるものや、人間同士が重なり合ってその重厚な美しさを見せる(人間ピラミッドなど)曲芸です。
 道化芸の演目は道化師(ピエロ)が手品や軽業などを見せながら時折失敗を混ぜつつ、観客の笑いを誘うなど、主に観客の緊張を解くことを目的として上演する曲芸です。
主な技能
 サーカス団員の強みは(一般人が持っていない)多くの技能習得の理由付けにあります。
ゲームシステムの面において(話術や個人的知名度を除けば)芸人の上位互換となりうる職業です。

舞台を盛り上げる多種多様な芸、
<演技><演劇><変装><化粧><身振り>
<跳躍><登攀><軽業><投げ><脱出><手品><殺陣><火喰い>
<紐結び><踊り><自転車><オートバイ><運動/組体操>
<空中ブランコ><趣味/トランポリン>
<趣味/ジャグリング><趣味/ローラスケート>
<ランニング><社交><歌唱>

<動物使役><動物学><獣医><追跡><騎乗><鞭>
<斧投げ><ナイフ><ナイフ投げ><短剣><剣><武器投げ><準備><隠匿>

裏方は国内外の巡業や道具の調達に必要な
<地域知識><時事知識><運転><言語><礼儀作法><外交><商人><会計>
<指揮><指導><団体演技指導><心理学><目利き><美術/舞台設営>
<偽装><爆発物><裁縫><職業技能/仕立屋><荷積み><都市生活>
<写真術><応急処置>、

目次


荒事や戦闘要員に向いた職業

主に戦闘系技能と相性が良いと思われる職業。
合法的に武力を行使する際は、相応の手続きや地位(「法の番人」や「軍人階級」)が必要。

士官 / コマミッションドオフィサー(commissioned officer)

 前提条件:「軍人階級レベル3以上」

 自衛官(Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。
自衛隊員の中で階級と制服が指定され、武装して戦闘に従事する要員(武官)を指す。
自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、
個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。
最高指揮官は、内閣総理大臣である。
 士官は軍隊などの組織の士官学校などにおいて、用兵などの初級士官教育を受けた軍人で、階級が少尉(3尉)以上の武官のこと。将校ともいう。
 日本の各自衛隊においては士官に相当する地位の者を幹部自衛官と呼称する。
 士官の候補者として教育を受けている者は士官候補生と呼ばれる。
詳しい説明は他の人に任せます。
主な特徴
 この職業のキャラが持ちそうな不利な特徴は、
 義務感/国民、義務感/仲間、足手まとい/家族、誠実、使命/、敵/工作員、等。
主な技能
 義務教育レベルの技能は職業「学生」を参照。
 ここでは、一般的な自衛官から連想する技能を載せています。

編集放棄

目次

競技者 / アスリート(athlete)

 前提条件:特になし。その職業たらしめる技能がレベル12以上で、身体能力が高い者が望ましい。

 選手。スポーツマン。運動選手とも。
 ここでは陸上競技、水泳、球技以外にも、スポーツ的な試合規則のある格闘技や武道の競技者も含みます。
 アスリートには一般的にプロとアマチュアがります。一流と認められたアスリートはトップアスリートと呼ばれます(が、特に厳密な規定があるわけではないです)。
主な特徴
 この職業のキャラが持ちそうな不利な特徴は、
 義務感/仲間、義務感/ファン、足手まとい/家族、足手まとい/ファン、直情、喝采願望、誓い/大会で優勝する・オリンピックで金メダルを取る、等。
主な技能
 義務教育レベルの技能は職業「学生」を参照。
 ここでは、一般的な競技者が持っていそうな技能を載せていますが、競技自体が沢山あるため、いくつか例をあげるに留めています。
 競技者はあくまでスポーツマンであり、その技能は相手を殺傷するためのものではないことに注意してください(といってもPCでわざわざ戦闘技能の劣化版である<戦闘技能/型><戦闘技能/スポーツ>をPLがとりたくないと言ったら、GMはその意を汲んであげると良いでしょう)。

冒険者と相性が良さそうな競技者の技能(格闘動作は省略)。

剣道家


キックボクサー


野球選手



目次


暴力団員 / ギャングスタ(gangster)

 前提条件:特になし。
 ならず者、ヤクザ、チンピラ、ごろつき。
暴力団は、「暴力あるいは暴力的脅迫によって自己の私的な目的を達しようとする反社会的集団」。日本を活動の中心地とし、その構成員は主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、映画などの娯楽作品の影響などで日本国外においても「YAKUZA」(ヤクザ)として知られている。政治団体(いわゆる右翼団体・街宣右翼)や合法的な企業(いわゆる企業舎弟)などを傘下に組織することもある。一方で、暴力団員は自らのことを任侠道に邁進する者として、「極道」「任侠の徒」といった美称を好んで使う。暴力団対策法の定める要件を根拠に指定を受けた組織を「指定暴力団」という。暴力団の構成員、資金や便宜を供与するなどで暴力団に自発的に協力する者、および、暴力団や暴力団構成員を利用するなどして交わりを持つ者などを「暴力団関係者」という。近年では、「準暴力団」という規定も新たに設けられた。
 興行については、狭い区域にたくさんの観衆を集めるという構造上の特質から、暴力による妨害に弱いため、古くから不良を手なずける意味もあって、ヤクザ者・暴力団との腐れ縁があり、またヤクザ自身が興行を手がけることも多かった。
主な特徴
 容貌/悪い以下、地位/レベルがマイナス、秘密/、悪名/、敵/、好色、残忍、中毒/、酒乱、かんしゃく、バーサク、乱暴者、等。
主な技能
<忍び><すり><窃盗><格闘><空手>
<ナイフ><ナイフ投げ><準備/バリソン>
<刀><投げ><銃器><再装填><準備>
<脅迫><尋問><裏社会><犯罪学><戦術>
<礼儀作法/マフィア><哲学/任侠道>
<隠匿><隠蔽><偽装><偽造><探索>
<拾集><鍵開け><尾行><変装><罠>
<地域知識><商人><毒物/麻薬に専門化>
<賭博><性愛術><演技><嘘発見><心理学>

目次


芸人系の職業

芸人 / エンターテイナー(entertainer)
(職業的)芸人は、歌手・ダンサー・ミュージシャン・コメディアン等を含みます。
彼らの能力で冒険に役立つのは、専門分野の特技以外では知名度あたりでしょう。

目次

俳優 / アクター(actor) 女優だと / アクトレス(actess)

 前提条件:演技をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、優れた容姿や名声を持っているのが望ましい。

 パーソナリティ(personality)は(エンタメ・スポーツなどで世間に知られている)有名人、名士、タレントのこと。タレントはアイドル、俳優、声優、ダンサー、マジシャン、モデル、レースクイーン等があります。
 体を動かす冒険にはスーツアクターやスタントマン等が相性良いと思われます。
キャストとして参加した作品の影響で様々な教養や資格を身に着けていることもあります。

<時事知識/大衆文化><プロパガンダ>
<演技><演劇><演説><変装><化粧>
<身振り><ボディ・ランゲージ><腹話術>
<心理学><嘘発見><写真術><電子機器/メディア>
<言語><礼儀作法><外交><商人>
<戦闘技能/型><殺陣><踊り><性愛術>
<運転><オートバイ>
<社交><歌唱><性的魅力>

目次

芸術家 / アーティスト(artist)

 前提条件:芸術系技能を初めとするその職業たらしめる技能がレベル12以上なのが望ましい。

 単に芸術家といってもその種類は多彩です。ここではおおよその例と、芸術と関係ありそうな技能をあげています。

●芸術家
  • 作家
    • 美術家
      • 版画家・彫刻家・書道家・陶芸家・工芸家・画家・建築家・写真家・デザイナー
    • 著作家
      • 評論家・批評家・小説家・詩人
    • 映像作家
      • 映画監督
      • 動画生主・ユーチューバー
  • 音楽家
    • 作詞家・作曲家・演奏家・歌手
  • 舞踊家・舞踏家・ダンサー
  • 茶道家
  • 華道家(フラワーアーティスト)

<言語><礼儀作法><記録><時事知識/大衆文化>
書道(肉/並)、彫刻(肉/並)、
木工(肉/並)、踊り(肉/並)、
演劇(精/並)、吟遊詩人(精/並)、
歌唱(肉/易)、楽器/種別(精/難)、
作詞(精/並)、作曲(精/難)、
絵画(精/難)、陶芸(精/並)、
<写真術>、<言語>、<心理学>、<演技>、<殺陣>、
<指導>、<団体演技指導>、<変装>、<電子機器/メディア>
<発見>、<偽装>、<偽造>
<目利き/舞踊>、<目利き/文学>、
<目利き/音楽>、<目利き/美術>、
<美術/ボディアート>、<美術/書道>、
<美術/素描>、<美術/写本装飾>、
<美術/幻影>、<美術/インテリア>、
<美術/絵画>、<美術/陶芸>、
<美術/舞台設営>、<美術/彫刻>、
<美術/木工>、趣味系技能、他

目次



治療や修理、知識要員に向いた職業

医者 / ドクター(doctor)

 前提条件:医師を初めとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

 医師や薬師。医者は英国では通例内科医 (physician)をさし、米国では外科医 (surgeon)、小児科医(pediatrician)、 歯科医 (dentist)、獣医 (veterinary、主に米国で用いられるveterinarian) などにも用いる。米国で治療師もドクターで整骨治療師(osteopath)、脊椎矯正師(chiropractor)、心理療法師(psychologist)などのあらゆる身心治療師の自称・呼称でもある。
 博士や博士号もドクター。大抵の現代の医者の<手術>はどこかの部位に自発的専門化している。

英語(精/並)、ドイツ語(精/並)
研究(精/並)、記録(精/並)
医師/文明(精/難)、診断/文明(精/難)、
応急処置/文明(精/易)、手術/文明(精/至)、
薬学/文明/化学薬(精/難)、生理学/文明(精/至)
化学/文明(精/難)、生化学/文明(精/至)
電子機器/TL/医療機器(精/並)、獣医/文明(精/難)
法律(精/難)、毒物(精/難)

目次

心理学者 / サイコロジスト(psychologist)

 前提条件:心理学をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

 メンタルセラピストやスクールカウンセラー、企業カウンセラーも含む。心理学関連業務を行う者の内、心理学的知識を実践的な業務に生かす者を心理士(こちらもpsychologist)と呼ぶ。超心理学者はオカルト研究者。

<心理学><嘘発見><演技><身振り><ボディ・ランゲージ>
<言語><礼儀作法><発見><プロパガンダ><社会学><神秘学>
医師/文明(精/難)、診断/文明(精/難)、
応急処置/文明(精/易)、催眠術(精/難)、
薬学/文明/化学薬(精/難)、電子機器/TL/医療機器(精/並)、<電子機器/メディア>
話術、洗脳、瞑想

目次


教授 / プロフェッサー(professor)

 前提条件:指導をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

 大学教授、院生、企業内研究員など。教員における教授は、大学院、大学、短期大学、高等専門学校など高等教育を行う教育施設や、JAXA、大学入試センターなど研究機関の、指導者の職階や職階者です。
 ほとんどの学術系技能には対応する教授職があるため、知識要員として一番技能の理由付けがしやすいでしょう。
プロの教師は<指導>を最低でもレベル12以上で習得しています。

<言語学><言語><礼儀作法><指導><手話><研究><記録>
<言いくるめ><演技><心理学><嘘発見><探索>
<写真術><コンピュータ><プログラム>
<数学><物理学><天文学><気象学>
<技師><生物工学><電子工学><電子機器>
<農業><化学><地質学><冶金>
<生態学><動物学><植物学><古生物学>
<考古学><人類学><歴史><神学><神秘学>
<文学><法律><犯罪学><経済学><市場分析>
<地域知識><時事知識><生存>
<応急処置><医師>

目次


機械技師 / メカニカルエンジニア(mechanical engineer)

 前提条件:機械工や技師をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

 機械工学(mechanical engineering)とは、機械あるいは機械要素の設計、製作などから、機械の使用方法、運用などまでの全ての事項を対象とする工学の一分野です。具体的には、熱力学、機械力学、流体力学、材料力学の四力学を基礎とした機械の設計、製作のための技術を学ぶ他、より広義には、機構学、制御工学、経営工学、材料工学(金属学)、そして近年のコンピュータ化に対応したハードウェア及びソフトウェア技術全般を研究対象としています。
 研究対象と分野は、航空工学、自動車工学、船舶工学、メカトロニクス(ロボット工学)、宇宙工学、鉄道や医療機器など様々。

 ここでは現代日本と馴染みのあるものを主にあげております。

<言語><時事知識/科学技術><研究><記録>
<写真術><コンピュータ><プログラム>
<数学><物理学><化学><冶金>
<技師><機械工><生物工学><電子工学><電子機器><修理工>
<造船><運転><操縦>

目次


コンピュータ技術者 / コンピュータエンジニア(computer engineer)

 前提条件:コンピュータやプログラムをはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

 私見で無理やり日本語訳すれば、情報技師。
 コンピュータソフトウェア技術者には専門領域によって、様々な呼び方がある。

 プロジェクトマネージャ (PM)
プロジェクトの責任者。スケジュールの調整や工数の掌握、対外交渉、その他、マネージメントを主業務とする。日本では、略してPMと呼ばれることが多いが、欧米では、PMをプログラムマネージャと称する企業も多い。

システムエンジニア (SE)
 システムを企画立案、設計、運用する。システムが円滑に稼働しその目的を果たすよう最善を尽くすことに責任を負う。
という定義が一般的だが、実際の職務は、顧客の要求のくみ取りと、マネージメント業務が主で、どちらかと言えば、プロジェクトマネージャに近い。技術や知識よりむしろ、コミュニケーション能力やマネージメント能力が問われる。
欧米ではプログラム・マネージャーとソフトウェア・エンジニアのチームが主で、SEと呼ぶ職種はなく、日本独自の呼び名である。

プログラマ(Programmer)
 システムエンジニアの設計に基づき、細部の設計 (詳細設計) やプログラミングを行う。自らの設計・開発したプログラムに関して責任を負う。というのが日本での一般的な定義だが、欧米諸国では、システムエンジニアがするとされる要求分析や設計も含めて、プログラマと呼ぶのが主である。


<言語><時事知識/科学技術><研究><記録>
<写真術><コンピュータ><プログラム>
<数学><技師><生物工学><電子工学><電子機器>
電子機器修理、専門技能/コンピュータ・セキュリティ

<ハッキング>はマンガ技能です。
リアルなハッカーは以下の能力を組み合わせて取って下さい。
コンピュータ、プログラミング、暗号学、電子機器/通信機器か監視システム、電子機器修理/コンピュータ、言いくるめ、調査、拾集。


目次


情報収集に向いた職業

主に探索・調査系技能や交渉系技能と相性が良いと思われる職業。

探偵 / ディテクティブ(detective)

 前提条件:地域知識や尾行をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

私立探偵 / プライベートディテクティブ(private detective)
米国英語のシャマス(shamus)は俗語で、私立探偵、警察官、デカの意。

 万能技能<探偵!(知力)>は探偵が持っているであろう諸々の精神系技能を包括します。
犯罪学、嘘発見、電子機器/保安システム、電子機器操作/調査機器、時事知識、
鑑識、尋問、法律、監視、礼儀作法/警察、調査、発見、尾行、裏社会、等。

目次

作家 / ライター(writer)

 前提条件:記録をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

小説家はノベリスト(novelist)とも。
<言語><人類学><歴史><神秘学>
<コンピュータ><探索><言いくるめ>
時事知識、文学、記録、作詞、吟遊詩人、言語学、速読
目利き/文学、<偽造>

他、作品によって様々な分野の知識を身に着けている。

[END]

目次


報道員 / ジャーナリスト(journalist)

 前提条件:記録をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上で、

新聞記者やニュースブロガーも含む。
ジャーナリストの中でも、特に記事執筆のために必要なデータ収集を専門とする人間を「データマン」、
そしてデータマンの集めてきたデータを元に記事を執筆する人間を「アンカーマン」と呼ぶ。

<職業技能/ジャーナリスト>
<コンピュータ><写真術><電子機器/メディア>
<記録><吟遊詩人><プロパガンダ><目利き/文学>
<偽造><裏社会><犯罪学><地域知識><時事知識>
<言語><言いくるめ><外交><社交><礼儀作法>
<尋問><演技><心理学><嘘発見>
<化粧><変装><尾行><探索><拾集>

<忍び><運転>

目次

法律家 / ロイヤー(lawyer)

 前提条件:法律をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上。

 弁護士、会計士、税理士、司法書士も含む。
 会計士(accountant)とは、会計実務従事者であり、経営者や投資家、課税当局など意思決定に関わる人々が資源配分に際して必要とする、財務状況に関する計算、開示、証明書作成などを担当する者である。
 税理士(tax accountant)は、税務に関する専門家(コンサルタント)。
 司法書士(judicial scrivener)とは、司法書士法に基づく国家資格であり、専門的な法律の知識に基づき登記並びに供託の代理、裁判所や検察庁、法務局等に提出する書類の作成提出などを行う。また、法務大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における民事訴訟、民事執行、民事保全、和解、調停などにおいて当事者を代理することができる。

 ゲームシステム的には、法律を扱う他の職業の方がPCに向いているかもしてません。

<探索><記録><写真術>
<言いくるめ><演技><法律><時事知識/政治><外交>
<裏社会><研究><コンピュータ><礼儀作法>
<犯罪学><尋問><社会学><偽造>
<会計><商人><経済学><市場分析>

目次

古物商 / セカンドハンドディーラー(secondhand dealer)

 前提条件:商人をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上。

 古美術商、古書店、質屋、中古○○販売店、金券ショップ、リサイクルショップ、リユースショップなど。ここでは古物研究家(古書店・骨董店主、博物館学芸員、図書館司書、郷土史家、考古学者)も含むこととする。
 古物商は、古物営業法に規定される古物を、業として売買または交換する業者・個人のことである。
 盗品の売買または交換を捜査・検査するために、営業所を管轄する都道府県公安委員会(窓口は警察署)の許可が必要になる。従って、中古車販売・リース店や、リースの終了(リースアップという)した中古パソコンや計測機器などを販売・転リースするリース会社などは、古物商の許可を得ている。

●古物商の主な分類
美術品類、衣類、時計・宝飾品類、中古車、中古オートバイ、中古自転車、写真機類、情報機器類(中古ビジネスフォン、レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサ、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)、機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)、道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)、皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)、書籍、金券類、等様々。
 古物商の字面から、考古学者のようなイメージがある職業だが、「古物」は法律上の定義は一度使用された(一部を除く)物品、もしくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。なのでリサイクルショップで売られているような比較的新しい物も古物に入る。

<職業技能/古書修復><職業技能/古美術修復>
<地域知識><時事知識><言語学><言語><礼儀作法>
<探索><研究><記録>
<言いくるめ><演技><嘘発見>
<目利き><商人><経済学><市場分析>
<法律><犯罪学><偽造><裏社会>
<写真術><コンピュータ><電子機器>
<機械工><修理工><電気機器修理>
<考古学><人類学><歴史><神学><神秘学>
<文学><化学><地質学><冶金>
<美術><荷積み>


目次


神や超自然的存在に仕えることを主とする職業

 主に宗教家。特定の宗教に深く通じ、その研究や普及活動に従事する者。
信仰対象から特別な能力を授かるなら、聖職者に必要なCPは1レベルにつき10CP以上になる。
現代地球はマナ濃度が「無〜疎」が一般的なため、呪文を使いたいなら、マジック完訳版101ページの僧侶魔術や、神的存在の影響力をマナ濃度に置き換えるルールを使うと良いでしょう。

聖職者 / クレリック(cleric)

 前提条件:神学をはじめとするその職業たらしめる技能がレベル12以上。かつ特徴の「聖職者」をレベル1(5CP以上)が最低限必要。

牧師、修道僧(修道士)、修道女(シスター)、 僧侶、坊主、巫覡、伝道者、祓魔師、等。

<言語学><言語><礼儀作法><指導><研究><記録>
<言いくるめ><演技><心理学><嘘発見><探索>
神学、神秘学、歴史、人類学、文学、法律、歴史、
応急処置、催眠術、洗脳、自己催眠、瞑想、伝統療法、

儀式魔法/種別(精/至)
宗教儀式/種別(精/難)
除霊(意志力/難)
精神防御(意志力/並)
魔法シンボル/種別(精/難)
薬学/文明/種別(精/難)

目次

狂信者 / ファナティック(fanatic)

 前提条件:崇拝対象への「熱狂」の特徴が必要。
崇拝対象から授かる「奇跡」(特別な力)は、聖職者に準じる。

 世の中には多くの宗教があり、それを信じる人々も千差万別であるが、中には宗教にのめり込みすぎてどエライ行動を取るものも居る。

 大雑把な狂信者のイメージと言えば
  • 教義は絶対である。
  • 教義の為ならば何をしても許される。
  • 異教徒は存在してはならない。
  • 神のために死ぬ事は幸せである。
といった過激な物がイメージされると思われる。

<言語学><言語><礼儀作法><指導><研究><記録>
<言いくるめ><演技><心理学><嘘発見><探索>
神学、神秘学、歴史、人類学、文学、法律、歴史、
応急処置、催眠術、洗脳、自己催眠、瞑想、伝統療法、
<忍び><すり><窃盗><投げ><準備><戦闘技能>
<脅迫><尋問><裏社会><犯罪学>
<隠匿><隠蔽><偽装><偽造><探索>
<拾集><鍵開け><尾行><変装><罠>
<毒物><爆発物><性的魅力><性愛術>

儀式魔法/種別(精/至)
宗教儀式/種別(精/難)
除霊(意志力/難)
精神防御(意志力/並)
魔法シンボル/種別(精/難)
薬学/文明/種別(精/難)



目次

一般的でない職業

 非合法だったり、表沙汰にできない職業。

犯罪者 / クリミナル(criminal)

 この職業をとるキャラは、「地位」レベルがマイナスだったり、「社会的弱者」や「秘密」を持っていたりする。
 基本的に逃亡犯、テロリストも含む。

編集放棄

目次

放浪者 / ヴェイグラント(vagrant)

 前提条件:特になし。

 バックパッカーや自転車旅行者、お遍路さん等、定住せずに各地を巡り歩く人達。
ここではホームレスや、浮浪罪に問われる人(浮浪者やこじきや売春婦等)も含む。
博徒。賭博師 / ギャンブラー gambler
売春婦 プロスティチュートprostitute/ 娼婦 harlot。男娼 male prostitute


<言語><地域知識><気象学>
<生存><都市生活><動植物知識><毒物>
<言いくるめ><演技><心理学><嘘発見>
<探索><拾集><隠匿><隠蔽><偽装>
<鍵開け><罠><裏社会>
<人類学><伝統療法><応急処置>
<賭博><化粧><尾行><変装>
<社交><性的魅力><性愛術>
<格闘><忍び><窃盗><すり><脱出>
<自転車><オートバイ><運転>

目次

殺し屋 / ヒットマン (hitman)

 この職業になるには、相応の特徴が必要。
 暗殺者。

幅広い技能が必要になるため編集放棄

目次

賞金稼ぎ / バウンティハンター(bounty hunter)

 この職業になるには現代日本とはずれた世界観と特徴の「法の番人」レベル1(5CP)以上に相当する社会的特徴が必要。
 賞金稼ぎは、該当する法律に従って犯罪者や逃亡者を逮捕することで報酬を得ている。
 現代日本にはない職業だが、指名手配犯に懸賞金がかけられることはある。
現代のアメリカでは賞金稼ぎは業種として存在する。
治安が悪くなった日本に賞金稼ぎ制度が導入されるシナリオに登場するかもしれない。

幅広い技能が必要になるため編集放棄

目次

諜報員 / スパイ(SPY)

 この職業になるには、相応の特徴が必要。
工作員、密偵、情報機関員、間諜、等。
敵側がスパイで、味方側がケースオフィサーや「協力者」と呼ぶ。

編集放棄

目次


そのほかの職業

目次

商人 / マーチャント 商店主/店員、
コンパニオン / レセプタント(催し物などで,案内や接待に当たる女性)
コンビニ店員、飲食店員、ネットショップ経営者、デパートガール
営業マン、事務員、金融業者、通訳、秘書、公務員など

ドライバー、
水産業従事者、、
農林業従事者、農家、酪農家、養蜂業者、ハンターなど

実業家(企業経営者・管理職員)、実務家、商売人 / ビジネスマン(businessman)、
 英語のビジネスマンは日本語のビジネスマン(会社員office worker)とは意味合いが違う。

相場師(そうばし)
 株や為替・商品などの相場で、投機を行う者をさす呼称。
日計り商い(デイトレード)をする者も相場師であるが、これは日計り筋(デイトレーダー)と呼ばれる。相場師は、一般に、日計りや鞘取りのほか、中長期投資で利益を得ようとする。しばしば仕手戦や、買い占めなど、大胆な相場操縦を試み、社会的に非難を浴びることもある。


現代忍者?

目次

このページへのコメント

ストレスポイント関連のルールを追加しました。
メニューバーの汎用の「恐怖がらみ」にあります。少なくとも20180227時点では。

0
Posted by ヴぇry 2018年02月27日(火) 20:58:53 返信

組織に関しては各GMが自身で作ればいいと思います。実在した組織はものによってはリアルアサシンが来るので注意です。

正気度システムをクトゥルフ神話TRPGと互換性があるようにするなら、手っ取り早く、判定まわりをそっくり導入するのが良いかもしれません。

正気度初期値の算出だけGURPSに合わせて、「(知力+生命力+意志の強弱+怖いものなし他)×2〜3」にして、正気度判定は1D100で決める。基本的に正気度は自然回復しない精神的なHPやFPのようなリソースと扱う。とか正気度判定の大きな要素は、正気度の減少が判定目標値にダイレクトに反映されることのようですね。GURPSの3〜18以内の判定用の数値に減少そのままを持ち込むのはブレが激しすぎるかもしれません。

判定をGURPSに合わせて3D6で決めるなら、正気度を判定用に置き換える相場を作るとか。
クトゥルフ神話TRPGの正気度1D100の値を、3D6の近似の成功確率に置き換えるとか。

0
Posted by タジャドル 2018年01月22日(月) 10:54:57 返信

質問です。現代探索者の「正気度」はどう表現したら良いと思いますか? それとも省略されますか?
表現するとしたら、ストレスポイント制(百鬼夜翔のオプション・ルール)を使用するのでしょうか?

0
Posted by あれ君  2018年01月10日(水) 14:08:12 返信

できれば現代世界において、探索者の「後援者」や「敵」になり得る企業、組織のデータを希望します
(拙卓でもシャイアーテックスや聖○教会や三角緑とか使ってみたいですから…)。

0
Posted by あれ君 2018年01月10日(水) 07:53:43 返信

所持金に関しては第4版準拠です。
第3版は現代の昔(TL7)まではベージックや妖魔夜行も同じようなものです。
世界観によるものなので、GM次第でどうとでも変わります。

CPの高い人間に関しては、人間基準(オリンピック選手のような厳しく高度な鍛錬を積んできたものは英雄扱い)か妖怪基準で色々変わりそうなので何とも言えませんね。
ゲームシステム的に財産や所属組織(後援者)が大して役に立たないなら、そのキャンペーンではCPが少なくなる補正がかかるとか。
今思いついた案ですが、SNSが普及した現代では「名声」等を持っている有名人は顔を出して冒険するには不都合が多い(下手なことをすると多くの関係者に迷惑がかかる)とか、仕事を持ってる者は拘束時間のせいで、冒険に割ける時間と労力に制限がかかるとかで必要CPを少なくする感じです。

0
Posted by タジャドル 2018年01月08日(月) 20:32:20 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます