汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

才能」「追加才能」参照。
意訳強め。ルールではないため、翻訳は当分放置する予定。
「Power-Ups 3: Talents」p.17より。

コラム:才能は現実的か?(Are Talents Realistic?)

 「はい」であり「いいえ」です。
 Yes and no.

 私たちができることは何であれ、自然な遊びを演じます。私たちは皆、同等に速く、強く、健康的で、格好良いわけではありません。 "スマート"はもっと複雑ですが、教えたことのある人ならだれでも、他の生徒よりも速く学ぶ生徒がいることを知っています――そして、私達全員がバカ者に会いました!
 Nature plays a role in what any of us can do. We’re not all equally fast, strong, healthy, and good-looking. “Smart” is more complex, but anyone who has taught knows that some pupils learn faster than others – and we’ve all met dummies!

"1つの特定の領域の才能"はさらに厄介ですが、神経科学は構造と電気的活動が脳によって異なると判断し、これらの変化を課題のパフォーマンスと関連付けました。
“Gifted in one particular area” is trickier still, but neuroscience has determined that structure and electrical activity vary from brain to brain, and has correlated these variations with task performance.


 育成もその場を持っています。才能(一般的または具体的)に関係なく、勉強と練習をすることで、仕事をよりよくすることができます。すべての文明はこの事実を認識し、口承の伝統、見習い、訓練、および教育のいくつかでそれをサポートしました。今日、教育と経験がほとんどの採用の基礎を構成しています。より訓練された人を追い抜くためには、驚くべき才能が必要です。
 Nurture, too, has its place. Regardless of gifts (general or specific), study and practice can make you better at tasks. Every civilization has recognized this fact and supported it with some of oral tradition, apprenticeship, drill, and schooling. Today, education and experience constitute the basis of most hiring; you’d need remarkable talent to edge out someone better-trained.


 RPGのキャラクター特性は、この2つを日常的に混ぜ合わせます。たとえば、DXIQ技能とは異なる生の可能性がありますが、どちらも誕生から成人になるまで増加し(「子供」を参照)、一般的な学習を反映してほとんどの技能技能なし値に影響します。逆に、技能は必ずしも習得される必要はありません。高い<ランニング>技能は身体トレーニングを示唆する可能性がありますが、陸上競技の経験がないPCは、自然な傾向としてそれを選択できます。または、劇的な必要性のために、獲得したCPでそれを習得できます。この点で、「才能」は他の何よりも悪くありません。技能が習得されている間、「才能」が才のある実世界の素質を表すというスタンスは、DX対戦闘技能、「方向感覚」対<航法>技能などについての同様の主張よりも弁護可能です。
 Character traits in RPGs routinely mix the two. For instance, DX and IQ might be raw potential distinct from skills, but both increase from birth to adulthood (see Children, p. B20) and affect most skill defaults, reflecting general learning. Conversely, skills aren’t necessarily learned; high Running skill might suggest physical training, but PCs without track-and-field experience can select it as a natural propensity – or buy it with earned points for reasons of dramatic necessity. Talents fare no worse than anything else in this regard. The stance that Talents represent the aptitudes of gifted people in the real world while skills are learned is no less defensible than similar assertions about DX vs. Combat skills, Absolute Direction vs. Navigation skill, and so on.

 さらに、RPGの機能間の区分は、非常に細かい(例:<窃盗><すり><手品>)から非常に粗い(例:<生物学><物理学>には驚異的な深さがある)ものがあります。そして知力は"創造性、直感、記憶、知覚、理由、正気、意志力")を含んでいます。この任意の分割は、リアリズムではなく、ゲームのバランスを提供します。少数の能力を向上させると冒険的な半神になったときにゲームは壊れているように見えますが、いくつかの聡明な背景能力はキャラクター作成リソースを焼き尽くします。
ここでも、「才能」は何よりも揺るぎません。たとえば、実際には、音楽と数学は関連しており、数学は物理学と金融の両方で同じように機能するため、「商売上手」「数学能力」「音楽能力」は少し複雑ですが、技能能力値にすぎません。
  Moreover, divisions between capabilities in RPGs veer from remarkably fine (e.g., Filch, Pickpocket, and Sleight of Hand skills for swiping things) to incredibly coarse (e.g., Biology and Physics have phenomenal depth, and IQ encompasses “creativity, intuition, memory, perception, reason, sanity, and willpower”). This arbitrary partitioning serves game balance, not realism; a game will seem broken if improving a small number of abilities makes you an adventuring demigod while some brainy background competence burns through your character-creation currency.
Here, too, Talents are no shakier than anything else. For instance, in reality, music and math are related, and math works equally well for physics and finance, so Business Acumen, Mathematical Ability, and Musical Ability are a little tangled – but no more so than skills or attributes.

 要するに、ゲームの特性は、実際には測定可能またはテスト可能なあらゆるものにほぼ対応するだけであり、「才能」は他のものすべてとともにこのボートに乗っています。「才能」は現実の精神を反映しており(一部の人々は他の人々よりも狭い範囲でより才能があります)、ゲームで貴重な劇的な目的を果たすので、彼らにいくらかの余裕を与えます。
 In short, game traits correspond only approximately to anythingmeasurable or testable in reality, and Talents are in this boat with everything else. It’s fair to say that Talents reflect the spirit of reality (some people are more gifted than others in narrow areas), and to cut themsome slack because they serve a valuable dramatic purpose in the game.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます