汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!


成功判定の章より。増強限定に関する修正は「修正」の方を参照。

修正(MODIFIERS)  B327P/2B7P

 しばしば成功判定は、いくつかの「修正」を加えた後で行われます。このボーナスとペナルティは「実際にサイコロの目と比較する値」――「目標値」――に影響します。サイコロの合計に影響するのではありません。ボーナスは常に成功率(目標値)を上げ、ペナルティは常に成功率(目標値)を下げます。
 例えば、まったくの暗闇で手探りで鍵を開けようとするなら、-5の修正です。<鍵開け>技能が9レベルならば目標値は9ですから、ペナルティの-5を引きます。9-5は4ですから、3dで4以下の目を出さないといけないのです。
 加えて、シナリオによって難易度が難しくなったり簡単になったりすることもあります。例えば、シナリオに「この鍵はとても単純なので開けるのに+10の修正を受ける」とあったとします。<鍵開け_9>のキャラクターがこの錠を開けようとする場合、目標値9に10を加えると19なので、サイコロを3個振って19以下の目を出せば成功することになります。サイコロを3個振っても最大で18にしかならないので、この判定は必ず成功するように思えますが、例外があります――ファンブル失敗ルールを参照してください。
 すべての修正は合計します。先ほどの例で、非常に単純な鍵を手探りで開けようとする場合、両方の修正を適用します。9から5を引いて4にして、その4に10を加えます。結果は14なので、14以下の目が出れば成功です。
 文化言語文明レベル修正慣れ装備修正行為の難易度には、一般的な修正が書かれていますので、参照してください。

技能レベルと目標値(Base Skill vs. Effective Skill)

 キャラクターの「基本技能レベル」は普段どれだけ技能に習熟しているかを示す値です。これはキャラクター・シートに記入してあります。実行する際の「目標値」というのは、技能レベルにプラスやマイナスの適切な修正を受けた後の数値です(「修正後技能レベル(あるいは「実質的技能レベル」)」ともいいます)。上の例では、すべての場合に基本技能レベルは9ですが、目標値は4、19、14と変わります。
 「基本のレベル」と「目標値」という考え方は技能判定にのみ適用するのではありません。能力値判定、防御判定自制判定などでも使用します。「基本レベル」は修正を受ける前の数値で、「目標値」は修正を加えた後の最終的な数値です。
 もし目標値が2以下になったら、その判定を行なうことはできません――防御判定の時は除きます。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます