汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

七つの月

ルナルの信仰

 ルナルの信仰とは、世界を構成する魔力の〈波動〉の源である7つの月のいずれかに信仰を捧げ、月の司る力の恩恵を得る行動です。特にほとんどの知的種族の先祖である〈源人〉の子孫である〈源人の子ら〉の場合、変身に適した肉体に影響を及ぼして形態を固定する(=種族として確立させる)効果を及ぼしています。
 

双子の月(青の月)

最も新しい月。1000年前、黒の月の脅威にさらされていたルナル赤の月と共に現れた「双子の月」の一方。秩序と束縛を司る4柱の主神とその協力神(かつては従属神と呼ばれており、主神のいずれかに付き、よりマイナーな事物を司る神々)が住まう。人間およびドワーフに信仰される。

信仰対象:

 一つの事象の二つの面をそれぞれ司る双子の月の神々、ガヤンとシャストアを主神格とする八大神とその協力神(古い時代の神学では「従属神」)。
 ※実はルナルを作った〈源初の創造神〉も、世界を赤と青に象徴される2つに分類しています。この事は〈遥か人〉の伝承を受け継ぐ外法使いくらいしか知りませんが。

青の月の神名一覧:

“法と契約の神”ガヤン

言葉の側面、法と契約を司る。
警察や司法の関係者、あるいは為政者、軍の士官、商人などに信仰される。その信者には、法を犯した者を捕縛するための格闘術、また対人投網やソードブレイカーなどが伝授される。また、光や肉体能力に関わる呪文を授ける。
ルナルにおいて、犯罪者がサングラスを付けている最たる理由は、ガヤン信者の呪文《閃光》への対策である。

信者独自の技能「ガヤン・ネット/ソードブレーカー/投極術」
ボーナス技能「ネット/投げ縄/追跡/法律/外交/嘘発見/偽造/尋問/商人/管理/指揮/犯罪学/地域知識」
“記憶と信念の女神”サリカ

 思い出の側面、記憶と信念を司る。
人の結び付きと忘れる事なき昼夜の移り変わりを司るため、教育者や介護に従事する者に信仰される。また規則的な変化を司るという点から、天候の安定を願う農民や狩人の信者が多い。サリカに奉納される舞は、鉄扇を用いた武術としても応用される。また、信者は風と思考に関わる呪文を授ける。

信者独自の技能「バトル・ファン/ファンブロック/サリカの舞い/記憶術/看護」
ボーナス技能「交渉(裏社会)/社交/礼儀作法/外交/指導/農業/気象学/身振り/各言語技能」
“知識と理性の神”ペローマ

 知恵の側面、知識と理性を司る。
学者や知識人、研究者に信仰され、破壊を強く戒める。武器戦闘には向いていないが、様々な魔術や霊薬(エリクサ)の製法が信者に伝えられている。また、信者は知識を得たり破壊を防いだりする呪文を授ける。(知識の)保管者などの側面から、食糧などを保存する場所に聖印を下げられることがある。

信者独自の技能「本格処理/錬金術/博物学/占星術」
ボーナス技能「各言語系技能/医師/応急処置/手術/診断/紋章学/化学/研究/考古学/神秘学/人類学/数字/歴史/絵画/書道/動植物知識」
“境界と静けさの神”ジェスタ

 環境の側面、静けさと境界線を司る。
警備や消防の関係者に信仰され、大地や鍛冶の神としても崇拝されている。平和を維持する守備隊、物を鍛える職人、鍛える事を重視するドワーフに信者が多い。専守防衛の観点から、武器も守りを重んじたものや、斧やハンマーなど日常の作業用品としても使えるものが好まれ、剣などの武器は避けられる傾向にある。ドワーフにとっては最高神で、人間におけるガヤンやペローマなど他の主神の役割はジェスタの協力神によって行われている。また、信者は大地や物体に関わる呪文を授ける。

信者独自の技能「パイリング・ハンマー/準備:斧・メイス」
ボーナス技能の「盾/彫刻/革細工/大工/陶芸/宝石屋/木工/技師/生存」
協力神
 八大神のいずれかに属する神々。
数を司るガヤンの協力神シュターや生死の境にある霊を司るリャノの協力神ナーチャなどが存在する。

位階制度:

 平信者/入信者(信者の1/5)/神官(信者の1/50〜1/100)/高司祭(信者の1/500)。神殿長は基本的に高司祭が、神殿内の部門の代表は神官以上が務める。個人的能力、特に魔法能力が高ければ若くても位階昇進を優遇される。位階が高いほど神殿での地位が高くなるが、この「地位」は神殿外の地位とリンクしていない。一般に、位階が高くなるほど生活上の拘束も厳しくなる。
 ※高司祭になるには、正式叙任以外に仮叙任(弟子を高司祭が個人的に得度させる。ルナル・サーガ第2部のエフィなど)があります。また高司祭であっても、若ければ神殿内で上位の役職に就いている訳ではありません。特に大都市(大陸最大のザノス=トルアは、高司祭の総人数が単純計算ですら1000人。グラダス最大のエグでは400人)ではその傾向が強いようです。

実生活における宗教的影響:

 信仰と職種にある程度の対応は見られるが、それから外れる例もまま見られる。社会的束縛は比較的緩いが、地域によっては例外あり。

信仰種族:

 人間

宗派:

 ※カルシファードの武戦士・武浪士・武豪士はガヤンとジェスタの入信者待遇を受けられますが、あくまでも形式的な物に過ぎないため異端信仰ではありません。
 リアドの主流宗派。
 多くは普通の宗派だが、複数の神の同時信仰を認めるものもある。
 青の月の信仰のみ、他の宗派には不寛容。
 双子の神を1柱の双面神として信仰、他の宗派には不寛容。
その他
 少数派や異端信仰。

ドワーフが信仰する青の月

 ドワーフ双子の月の内、青の月のみを信仰する。また彼らの宗派では主神格がガヤンではなくジェスタになっている。

信仰対象:

青の月の神々、特に主神格であるジェスタとその協力神。人間と違い、ジェスタ以外の大神も協力神扱い。

神名一覧:

ジェスタ
 鍛える事を重視するドワーフの守護者であり、総人口の約8割の信仰を受ける。ジェスタの協力神も信者のほとんど全てがドワーフ
ガヤン、サリカ、ペローマ
 人間の信仰を参照。ただし教えられる技能が少し異なる。
デルバイ
 炉と金属を司るジェスタの協力神。新しい技術を切り開き不安定な存在を安定させる技術者の信仰を集め、大地と炎に関わる呪文を授ける。
ファウン
 生死の境界線を司るジェスタの協力神。信者は出産と葬儀に深く関わり、医術や死者の眠りの守護にも携わる。治癒と不死の怪物退治の呪文を授ける。

位階制度:

 双子の月の通常例に従う。

実生活における宗教的影響:

 双子の月の通常例に従う。ただしジェスタ信者が人口の大半を占め、古来のドワーフ思想と相まって社会に強い影響を与えている。

信仰種族:

宗派:

 特に差は無し。
 ※カルシファードの武戦士・武浪士・武豪士はガヤンとジェスタの入信者待遇を受けられますが、あくまでも形式的な物に過ぎないため異端信仰ではありません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます