汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

リダイレクト用ページ。
第13章「特殊な戦闘の状況の章」の「特殊な長射程戦闘ルール」の「速射についての特殊ルール」より。

ショットガンと多弾頭武器(Shotguns and Multiple Projectiles)

 連射の欄に「×」が書かれている武器(例:連射3×9)があります。これらは複数の小さな実体を発射します。最も一般的な例はショットガンです。最初の数値は、その武器が実際に発射する弾の数で、どれだけの弾薬を消費するかという数値です。しかし攻撃を解決する上では、発射した弾数に2番目の数字をかけたものを実質的な連射として用います。

例:
 とある神父のショットガンは連射3×9です。彼は自分に向かって飛んでくる悪魔に3発発射します。連射のルールを用いる上では、彼の放った3発の弾丸は3×9で連射27として計算します。なぜなら彼の発射した弾丸はそれぞれ多数の大粒の散弾を発射するからです。


 極至近距離では、多弾頭弾は充分に拡散する時間がありません。これは致傷力を増加させます!
 半致傷距離の10%以下で射撃した場合、連射(RoF)の値の掛け算はしません。その代わり、本来掛ける数字の半分(端数切り捨て)を、基本ダメージと目標のDRに掛けて計算します。
エラッタ修正:「RoF」の訳語不統一【誤】連射値? → 【正】連射の値
例:
 とある神父が持っているショットガンの半致傷距離は50です。ですから、悪魔が5m以内まで飛んで来たら、散弾が充分に拡散しない距離になります。ここで神父が3発撃った場合、彼の連射は27ではなく3になります。しかし、この攻撃は「×9」の散弾ですから、基本ダメージ悪魔DR両方を×4します。ショットガンの基本ダメージは1D+1です。ですから神父は各命中弾ごとに4D+4のダメージを与えます(3発まで。何発命中したかは命中判定の出目によって決まります)。しかし悪魔DRは、この攻撃に対しては本来の3から12に上昇します。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定
限定値

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます