汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

GURPS Power-Ups 2:Perksのp.17-18より。
翻訳途中

超常系特典(SUPERNATURAL PERKS) p.19-20

 これらの特典は、難解な訓練または超自然とのつながりに関係しています。 いずれの場合も、明白でない限り、特典の出所または「起源?」(「有利な特徴の起源」を参照)を特定する必要があります。気、神授、魔法、超能力、精霊などが主な候補です。つまり、特典には選択した現象に対する制限が適用されます。 例えば、魔法の「銘刻?」はマナがない環境では無力です。

 特殊系特典にあるほとんどすべてのものも、超自然的な力に関連付けられている場合、超常系特典と見なすことができます。 異能系特典も参照してください。

原書表記



呪文前提緩和(Charms?)† p.19

「Charms」は「魔法、魔力、器量、色香、魔除け」の意だが、内容を見るに「特定呪文1種の前提条件を無視する効果」であるため、現在の形に意訳している。
呪文前提緩和?/種別」[1cp]……超常系特典、「要専門化特典

 「呪文前提緩和?」は「超特訓?」(Unusual Training)に似ていますが、超自然的で直感的な(学習によらない)知識を与えます。
各「呪文前提緩和?」は、特定の呪文1種の前提条件のリストから必要な呪文と「魔法の素質」を取り除きます。
他の「知力/難」「知力/至難」技能と同様に、呪文のCPを支払う必要があり、「魔法の素質」は通常のボーナスを提供します。
少なくとも「魔法の素質 L0」を持っているか、マナが密以上の地域にいない限り、呪文を唱えることはできません。

 神聖な魔法の場合、「呪文前提緩和?」は「神の代行者」の必要性を放棄します――そのような呪文には、呪文の前提条件がありません――そして、あなたは呪文を唱えることができます。ただし、神から提供された呪文しか選択できません。

原書表記



気耐性(Chi Resistance?)*† p.19

「Resistance」は「耐性」ではなく、「抵抗力?」と訳すべきかもしれない。
気耐性?/種別」[1cp]……超常系特典、「マンガ的特典」、「要専門化特典

 あなたは気を集めることで、特定の敵対的な気由来の効果への抵抗に+3を得ます。
あなたは通常、マンガ的な格闘技の抵抗可能な技能によって専門化しなければなりません。
例えば、「気耐性?/不可視」、「気耐性?/気合」、「気耐性?/経穴」などがあります。

原書表記


鎮魂の誓約(Covenant of Rest?) p.19

鎮魂の誓約?」[1cp]……超常系特典

 あなたは神や霊に、その名において特定の行為(通常は善行)を行うと約束しました。
その見返りとして、それはあなたに“安らかな死”を与えることを契約しました。
あなたがんだ時、あなたの恩人がそれを望まない限り、あなたを召喚したり、再起動したり、蘇生したりすることは不可能です。
アンデッドとしてあなたを起こしたり、あなたの死体を支配したりする試みは自動失敗します。
しかし、ハイテク医学はあなたを蘇生させることができます。

原書表記


劇的な死(Dramatic Death?)*  p.19

劇的な死?」[1cp]……超常系特典、「マンガ的特典

 あなたは盛大な散り様を保証されています――これは恐ろしくも華々しい「運命」です。
即死以外の理由(死刑など)であなたが確実に死ぬことがわかった場合、サイコロ(1d + 1)を振って「死ぬ間際の行動」の秒数を決めます。
この間、意識不明によって崩れ落ちることを除くすべての負傷の影響を受けつつも、あなたは最後にあがく(手榴弾を発射し崖を燃やしたりする)時間を与えられます。
その後、あなたはにます。

 これは、GMが日常的にこれを行うことを許可しているキャンペーンでは意味がありません。

原書表記



専攻経験† p.19

GURPS Power-Ups 2:Perksには?にはこの特典はなく、代わりに「Magical School Familiarity?」(「魔法学校の慣れ」の意)がある。魔法に限らず、錬金術や儀式といった異能に関する教育課程に対応したものがあるため、それらを統合したものを代わりに設定する。

専攻経験?/種別」[1cp]……超常系特典、「要専門化特典
 この特典は、魔法学校などの教育課程に関しては以下のように処理します。

 この特典は、各魔術師が既知の呪文の小さなサブセットを教える特定のアカデミー、ギルド、または師匠と一緒に勉強しなければならない設定の世界にのみ存在します。
学校に精通するためのCPを支払うと、次のような利点があります。

●学校の呪文を支える難解な法則を理解しているため、自分が打ち消そうとする対象の呪文を知らなくても、その呪文に対して完全な技能でCounterspellやWardなどの手段をいつでも使用できます。

●獲得したCPをゲーム中で費やすことで、学校の魔法を獲得できます。

●学校の文化に精通しています。同じ特典を持つ別の魔術師を扱う場合、どちらも、<礼儀作法>判定、<指導>判定、または学校の呪文を伝えるときに、「文化適応」がないことによる-3ペナルティを無視します。

●アカデミー、ギルド、または大魔術師による1cpの「歓待される」に相当します。これは主にあなたが勉強している間どこかにとどまることを意味します。

 「専攻経験?」は、“呪文そのもの”ではなく、錬金術の処方や儀式などを教える学校にも存在する可能性があります。


原書表記


銘刻(Named Possession?)† p.19

「Named Possession」は「名付けられたものの所持」の意。
銘刻?/種別」……超常系特典、「要専門化特典

 あなたは儀式的に名付けられたアイテムを所有しています。
詳細は設定によって異なります。誓い、呪文、または碑文が刻まれている場合や、高品質な、神聖な、または同様の特別なアイテムが必要な場合があります(GMが決めます)。
 この特典は、その品物に特別な能力を授ける可能性があります。
それはあなたが超自然的な意味ある行為を行うときに、あなたと同じレートでCPを獲得します。
各CPは、GMによって選択された「エネルギー25点/1cp」に相当するエンチャントと交換できます(オプションで、所有物の価値を「専用アイテム」として増やします)。
魔法のエンチャントの標準ルールを使用して、何が可能かを判断します――ただし、関係するパワーは、神授、超能力、スピリチュアル、またはその他の非魔法かもしれません。
あなたは複数の特典を利用できますが、「銘刻?」は獲得したCPを均等に分配します。

原書表記


真名隠匿(Obscure True Name?) p.19

真名隠匿?」[1cp]……超常系特典

 名前に魔力が影響する設定では、神以外の誰にも“真の名”が知られないことは、小さくとも強力な有利な特徴です。

原書表記



決意(Purpose?)*† p.19

決意?/種別」[1cp]……超常系特典、「マンガ的特典」、「要専門化特典

 あなたには、「至高の目的」ほど“重要さ”が大げさではない目的意識があります。
「マティーニを作る」のような些細な目標を追求して行なわれたすべての成功判定ダメージ判定反応判定で+1を獲得します。
 これはほとんどの場合、「あなたと探求熱意を共有する者」との反応ボーナス+1として現れます。
神々は時々曖昧な報酬として「決意?」の特典を与えます。


原書表記




鎮魂体質(Rest in Pieces?) p.19-20

鎮魂体質?」[1cp]……超常系特典

 生来の神聖さや神聖な協定のおかげで、あなたが個人的に殺したものは、《Resurrection?》や《Zombie?》呪文のような外部の手段で復活または蘇生することができません。
打ち倒された者は、完全にダウンし、戻ってくることはありません。
これはあなたの犠牲者の特徴をバイパスしません。
もし彼が何らかの形の「構造利点」、「HP再生」、「超常的継戦能力」、または「殺されない」を持っているなら、それは彼(または彼の一部)が“良くなる”深刻な原因となりえます。

 《Final Rest?呪文が一般的であり、同様の利点を提供する魔法の価値が高い世界では、GMはこの特典を弱め、魔法の価値を下げないようにします。
最大20点のエネルギーを消費するネクロマンシーに自発的に免疫を与えるだけで、《Skull-Spirit?》、《Summon Spirit?》、《Zombie?》を台無しにするかもしれませんが、《Lich?》、《Resurrection?》、《Wraith?》のような主要な呪文はそうではなくなります。非呪文効果の場合は、最も近い呪文効果を使用して決定します。


原書表記



抵抗上限拡張†‡ p.20

 この特典そのものはGURPS Power-Ups 2:Perksにはなく、代わりに「Rule of 17 (Skill)?」がある。しかしそれは「(技能)への抵抗17のルール」の意でありかつ「レベル制特典」なため、レベル次第で抵抗判定目標値上限が拡張され名前も変化することを意味する。利便性を考慮し、それらを統合した名称に変えている。

抵抗上限拡張?/技能の種別」[1cp/レベル]……超常系特典、「要専門化特典」、「レベル制特典
抵抗17のルール?/技能の種別」(Rule of 17 (Skill))†‡はこれの一部として合併する。

 あなたは特定の抵抗可能な超自然的技能で抵抗目標値の上限を克服する練習をしました。
例えば、マンガ的な武術の技能、<話術>技能呪文などです。
この特典が1レベルなら、「抵抗16のルール」は、1つ後にずれて、「抵抗17のルール?」になります。
この特典は抵抗相手となる技能によって専門化しなければなりません。

GMは、この特典の複数のレベル(「抵抗18のルール」、「抵抗19のルール」などに相当)を許可し、彼が“バランスの取れている”と見なしたものにのみ制限し設定することができます。
利便性を考慮し、これらを統合した名称として「抵抗上限拡張?」とした。

原書表記


精霊契約(Spirit Contract?)† p.20

精霊契約?/種別」[1cp]……超常系特典、「要専門化特典

 「GURPS Magic?」(日本の「魔法大全?」に相当)には簡単な黒魔術システムが含まれており、「GURPS Thaumatology?」ではspirit-assisted castingの幅広いルールへと拡張されています。
GMがいずれかを使用する場合、適切なスピリットを持つ各契約は通常、特典と見なします。
詳細については、関連するルールブックを参照してください。

原書表記


ささいな運命(Trivial Destiny?)*† p.20

ささいな運命?/種別」[1cp]……超常系特典、「マンガ的特典」、「要専門化特典

 あなたには非常に小さな「運命」があります。
この特典は、必要なときに1つの重要な成功をもたらし、その後消えて、あなたのCP総計を1cp減少させます。
その効果は、「成功を買う」に対してCPを前払いするようなものです。
通常、状況で1cp以上かかる場合でも、重要な成功を収めますが、GMは、あなたではなく、あなたの「運命」に照らし合わせて、発生時に選択します。


原書表記


関連

GURPS Power-Ups 2:Perks
特典追加特典?追加特典一覧

「*」:「マンガ的特典
「†」:「要専門化特典
「‡」:「レベル制特典

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます