汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

第4版B246P

超能力の副作用 B246P

 他の有利な特徴と同じように、超能力にも増強限定をかけることが可能です。すべての超能力は、その分類に応じた「パワー修正」を持っています。GMは他の限定についても、"その世界の超能力が働くためには基本的にその限定が必要で、義務として取らなければならない"と決めてかまいません。追加の限定超能力をカスタマイズするでしょう。「FP消費」「非常時のみ」「迷惑」「無意識のみ」「制御できない」(特に子供やティーンエイジャー!)「信頼できない」などが小説世界では一般的です。
 もし大量の超能力を持った状態でゲームを始めたいと思った場合、「非常時のみ」「無意識のみ」「信頼できない」などの厳しい限定をかけることを考えるべきでしょう。これだと超能力を安価に獲得することはできますが、それを効果的に使用することはできません――おそらくあなたは、それを持っていることすら認識していないでしょう!
 後にそうした限定を買い戻したり、「才能」を取ることで能力を改善することができます。
 レベル制の超能力の場合、すべてがパワー修正を持っているなら、"あるレベルまでは普通に修得して、数レベルは限定つきで獲得する"というのをルールにしてかまいません。例えばあなた「テレキネシス5レベル」を余分な限定なしで習得して、以降の20レベルを「無意識のみ」「制御できない」で取ることができるのです。
 あなたは後に獲得したCPを支払うことで限定を"買い戻す"ことができます。ただしGMがゲームをうまく進行させるために認めたものだけです――例えば「制御できない」「信頼できない」など。あなたはパワー修正を買い戻すことはできません。またGMがその世界において超能力が機能するために"本質的に持っている"と考える限定も買い戻せません。

関連

  • 有利な特徴 (Advantage)
  • GURPS第3版日本語版
    • [ガープス・サイオニクス (GURPS Psionics)
  • GURPS第4版原書
    • GURPS Powers
    • GURPS Psionic Powers
    • GURPS Psionic Campaign
    • GURPS Psis

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます