汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所


増強としての「溺れ」(Drowning)

第4版B103P参照。 疲労ダメージを与える「特殊攻撃」に施す攻撃修正ダメージ修正/危険」の1種。

溺れ(Drowning):+0%」

 攻撃によるFPの損失は、"すべての面において"こうした危険(「いろいろな危険/窒息」参照。)によるものと同じ扱いになります。特に回復について気をつけてください。
 目標がそうした危険から身を守る性質を持っていた場合、それはこのダメージからも身を守ります。例えば「飢え」攻撃はFPにダメージに与え、それは食事をとることによってしか回復しません。しかし「飲食不要」である人はまったく影響を受けません。

泳ぎの失敗としての「溺れ」(Drowning) B336P/2B16P

成功判定の章「肉体的な行動」の「泳ぐ」より。

 もし泳ぐ際にそのための判定に失敗したら、水を飲んでしまいます。1FP疲労し、以後5秒ごとに技能判定を行なってください。溺れて沈み始める、救助される、<水泳>判定に成功して頭を水の上に出す、のいずれかが起こります。なんとか水の上に頭を出すことができたら、1分後にもう一度判定を行ないます。これに成功すれば再び判定は5分ごとに戻ります。もちろん、助けを呼ぶこともできます!

 いきなり水中に落ちた時には、まず防具を外すべきでしょう。最初に<水泳>技能判定に成功しなければなりません。その後で、装備品を1つ捨てようと試みるごとに1回敏捷力判定が必要です。(左腕に固定している場合)や?、兜の場合は敏捷力-4の判定になります。失敗すると、溺れはじめます。上のルールに従ってください。

 溺れることでFPが0になったら、毎秒意志力判定を行なわなければなりません。失敗すると意識を失います。誰かに救助されない限り、死んでしまうでしょう。詳しくは「窒息」を参照してください。


人命救助(Lifesaving)

 <水泳>技能は溺れている人間を助けるために使うこともできます。<水泳>技能判定に-5の修正を受けて(これは【人命救助】のテクニックによってある程度相殺できます)、さらに相手と自分の体力の差(相手のほうが体力が大きければマイナス、自分の方が体力が大きければプラス)の修正を課して判定します。プレイヤーが適切な人命救助の技を思いついたなら、GMはボーナスを与えてもかまいません。
 失敗したら、救助しようとしたキャラクターが水を飲んだことになり、1点疲労しますが、1分後に再度試みることができます。ファンブルで失敗したら、危うく自分も溺れそうになってしまいます。6点疲労して、人命救助の試みを一旦あきらめなければなりません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます