汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

第4版B210P参照。

秘伝/種別(知力/並) B210P

<秘伝/種別>(知力/並)
 技能なし値:なし

 この技能は、失われていたり、故意に隠されていたり、あるいは単に無視されている知識を表しています。
 理由はなんであれ、一般大衆はそれに気づきません、この知識は、それを特別に研究する人々にしか利用することができません。
 あなたはこの知識を専門化しなければなりません。キャラクターが<秘伝>を習得してゲームを開始したい場合、それにふさわしいキャラクターの物語を考えなければなりません。GMは「特殊な背景」を要求するかもしれません。もちろんGMはキャラクター作成開始時に<秘伝>を習得することを禁止してもかまいません……あるいはPCに対しては一般的な禁止もできます。
 ゲーム中に<秘伝>を習得するためには、隠された知識についての信頼できる情報源を見つけなければなりません。GMは<秘伝>に対して自由にCPを支払わせるのではなく、特定の行動を要求できます――例えば、カビだらけの分厚い本を読む、例えば大昔の写本を1冊手に入れたので、<秘伝>に8ポイントまでCPを費やすことができるようになった、などです。
 忘れてはならないことは<秘伝>が秘密になっているのは“力持つ誰かがそれを秘密にしている”からです。ですから、そのことについて討論したり、秘密を明かしたりするのは非常に危険です。
 <秘伝>の専門は以下の通りです。

陰謀

 社会のすべての面で隠されている陰謀の詳細を知っています。これは陰謀を分析する能力ではなく、実用的な知識(例えば秘密結社の真実)を表しています。莫大な数の陰謀が実在する世界でしか習得できません。

悪魔伝承

 地獄の秘密、物質世界における悪魔の目的、特定の悪魔が持つ“真の名”といった秘密を知っています。

妖精伝承

 妖精とその秘密の王国(1つとは限りません)についての詳細を知っています。

霊伝承

 幽霊や、その他霊的存在について知っています――名前や動機などです。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます