汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!


第4版B117P参照

不利な特徴を「買い戻す」 B117P

 あなたはボーナスCPを使用することで多くの不利な特徴を"買い戻す"ことができます――ゲーム開始時から持っているものでも、ゲーム中に得たものでもかまいません。それには不利な特徴があなたに与えたのと同じCPが必要です。
 GMが許可した場合、レベル制の不利な特徴を1レベルずつ買い戻すこともできます。自制値が存在するものについても同様に、自制値を上げることによって徐々に買い戻すことができます。どちらの場合も必要なCPは前のレベルと現在のものの差額になります。不利な特徴を買い戻す際の詳しいルールは、第9章「キャラクターの成長」(下記参照)を読んでください。

第9章「キャラクターの成長」での「不利な特徴を買い戻す」

 ベーシックセットp.281 第9章「キャラクターの成長」の「不利な特徴を買い戻す」より。

 開始時に得た不利な特徴を、それによって得たCPと同じ額を支払うことによって“買い戻す”ことができます。そのためにはCPを支払うだけではなく、ゲーム世界内での説明がふつう必要です。

●「足手まとい」:
 「足手まとい」を買い戻す場合、あなたかGMは彼らがゲーム世界内でどこに行なったのかを説明すべきです――彼らは死んだり、成長したり、立ち去ったり、誰か別の人と恋に落ちたりしたのでしょう。

●「」:
 「」を買い戻す場合、その時点で敵との関係を清算しなければなりません。敵を殺したり、投獄したり、金でかたをつけたり、追跡してこられない場所に逃げたり、戦いを通じて友情を勝ちえたり......などが考えられます。CPを支払って買い戻すのでない限り、「」は決して消えることがないことに気をつけてください――あなたの敵は何度でも再登場しますし、別の敵が現れたりするのです。

精神的不利な特徴嫌な行動
 CPを支払えば、自由に買い戻すことができます。あなたはその問題を克服したのです。

肉体的不利な特徴
 これらの性質を買い戻せるかどうかは、あなたのゲーム世界におけるTLや利用可能な超常能力にかかっています。「難聴」を例に挙げます。TL5以下では、ごく初歩的な補聴器を使うしかないでしょう。TL6〜~TL8では、「緩和条件」に相当する補聴器を買って身につけることができます。TL9になると外科手術によってこの問題を永久に解決できます。ファンタジー世界であれば、適切な魔術師は強力な治癒系呪文であなたを治療できます。ある肉体的不利な特徴買い戻すことができるかどうかは、最終的にはGMが決定します――可能な場合、かかる費用と時間も決めてください。

●「社会的弱者」:
 あなたはCPを支払うだけでは、これを買い戻すことができません。社会的な立場を変えるか、社会を変更しなければなりません。それに成功したときにはGMがそう告げます。そのときに、不利な特徴として得たCPと同じだけのCPを支払わなければなりません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます