汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第4版B357P/2B37P参照。

ベーシックセット』第11章「戦闘」の「ダメージと負傷」のルールの一部。

防護点と突き抜けたダメージ(Damage Resistance and Penetration)  B357P/2B37P


 防護点DR)は、自然の鎧や着た、フォースフィールド、硬い皮膚など、ダメージに対抗する防御の有効性を表す数値です。物や乗り物には自身のDRがあり、本体が受けるダメージから守ってくれます――もしその中や後ろに隠れていた場合、DRはあなたを守ってくれます。
 基本ダメージからDRを引きます。結果が「防具を突き抜けたダメージ」になります。これはに穴を開けたり変形させるなどして、深刻な負傷を与えるダメージです。例えばDR4のを着ている状態で6点のダメージを受けると、2点のダメージが突き抜けたことになります。
 一般的に、複数の源から来るDRはその効果を加えます。例:あなたには自然のDRが2点あり、DR5のタクティカルベストを着ている場合、合計のDRは7になります。例外は常に追記事項で示されます。
 DRは体の部位によって異なる場合がままあります。命中部位のルールを用いていない場合(「命中部位」参照)、すべての攻撃胴体に命中したものと見なし、胴体DRを用いてください。
 防御手段によって得られるDRは、攻撃のタイプが異なると防御の有効性が異なる場合がある点に注意してください。
 DRについて詳しくは「防護点」と「」を見てください。

徹甲除数と貫通力に関わる修正(Armor Divisors and Penetration Modifiers)

[[徹甲除数と貫通力に関わる修正>防護点と突き抜けたダメージ#Armor_Divisors_and_Penetration_Modifiers]]

 「徹甲除数」というのは、ある攻撃が特別に防護点突き抜けやすい(あるいは突き抜けにくい)ことを示す値です。武器表ではダメージの後ろに括弧書きで書かれています。例:「3D(2)」というのは、「3Dの貫通体ダメージで、徹甲除数が2」ということを表しています。
 この(2)、もしくはそれ以上の値は、その攻撃に対するDRが減少することを意味しています。基本ダメージから引く前に、括弧内の数値でDRを割ってください。例えば徹甲除数(2)の攻撃は、DRを半分にします。DRは端数切り捨てます。DRは最低で0になります。
 (0.5)(0.2)(0.1)のように、小数点以下の徹甲除数を持つ攻撃もあります。この場合DRが増えます。(0.5)なら2倍、(0.2)なら5倍、(0.1)なら10倍になります。加えて、小数点以下の徹甲除数を持つ攻撃に対しては、DR0(素肌)であってもDRが1あるものとみなして計算します。
 その他にも「貫通力修正」がいくつかあり、攻撃を阻止しようとする防御能力に影響します――「血液感染」「接触感染」「呼吸感染」「感覚に依存」「追加発動」を参照してください。これらは「特殊効果」や攻撃によく見られます。詳しくは「貫通力に関わる特殊な修正」を見てください。

柔軟な防具と鈍的外傷(Flexible Armor and Blunt Trauma)
[[柔軟な防具と鈍的外傷>防護点と突き抜けたダメージ#Flexible_Armor_and_Blunt_Trauma]]

 レザージャケット、鎖帷子、現代の抗弾ベストのような柔らかい防具は、固いよりも随分軽くなっています。そのため、受け止めた打撃の衝撃を完全に吸収することができません。「叩き」「切り」「刺し」「貫通体(すべて)」ダメージは、柔軟な防具を突き抜けることができなかった場合は「鈍的外傷」をもたらします。DRで止めるごとに、あなたは鈍的外傷によって1HP負傷します。これは基本ダメージではなく実際の負傷です。致傷修正はありません。
 しかし1点でもダメージが柔軟な防具突き抜けた時には、鈍的外傷を受けることはありません。
 もしあなたが柔軟なDRの上に他のDRを重ね着していたら、外側のDR突き抜けたダメージだけが鈍的外傷をもたらします。
「鈍的外傷」の原書名は(Blunt Trauma)。日本語版ルールブックの「鈍器外傷」はBlunt Trauma(「鈍的外傷」)の誤訳。


侵蝕(Corrosion)
[[侵蝕>防護点と突き抜けたダメージ#Corrosion]]
 侵蝕ダメージ――酸、分解ビームなど――を与える攻撃は、基本ダメージ5点ごとに目標のDRを1点減少させます。これはまずに影響して、次に自然のDRに影響します。減少したDRは以降の攻撃に対して適用します。その時の攻撃に対しては適用しません。生物が持つ自然のDRが減少した場合、HPと同じ割合で回復します。

完全貫通と遮蔽(Overpenetration and Cover)
[[完全貫通と遮蔽>防護点と突き抜けたダメージ#Overpenetration_and_Cover]]

 非常に強力な攻撃は、遮蔽・犠牲者などを完全に貫通して、その向こう側にいる誰かにダメージを与えることがあります。ふつう、このことを気にすると色々と問題が起こるのですが、これが重要である場合には(例:ドア越しに射撃する、目標の後ろに部外者がいる)「ダメージの完全貫通」を参照してください。

自分の負傷(Hurting Yourself)
[[自分の負傷>防護点と突き抜けたダメージ#Hurting_Yourself]]
 あなたが武器を持たずに(素手、足、などで)攻撃して、DR3以上の目標に命中した場合、自分が怪我をするかもしれません! 基本ダメージ5点ごとに、1点の叩きダメージを受けます。最大でも目標のDRまでです。もし命中部位のルールを使用していれば、このダメージは攻撃に使用した部位に適用します。あなたのDRはこのダメージに対して有効です。例外:目標が「丈夫な皮膚」の限定を適用している場合、このルールは用いません。

関連

ベーシックセット』第11章「戦闘

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章キャラクターの作成

キャラクターの作成
キャラクターのタイプ
利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴
消耗品型特徴

特典/
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定
限定値

について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 6:Quirks

増強について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 4:Enhancements
追加修正?
限定について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 8:Limitations

第4章:技能

第4版技能一覧
意志力を基準にした技能
知覚力を基準にした技能
生命力を基準にした技能
影響技能
第4版逆引き・技能なし値一覧表
技能なし値に能力値が工面しづらい一般技能
専門化が必要な技能
文明レベル技能
必須の技能を知らない
万能技能について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 7:Wildcard Skills
第4版呪文一覧
原書呪文一覧
第3章〜第26章

各コラム

第7章テンプレート

第8章装備

装備品対訳表

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

Martial Arts

Horror

Supers

Pyramid #3/54: Social Engineering

追加特徴「全言語対応

Pyramid #3/65: Alternate GURPS III

追加特徴「特殊武器

GURPS Template Toolkit 2: Races

追加特徴

GURPS Monster Hunters Power-Ups 1

追加の有利な特徴
追加テクニック

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
FC関連ページ
クトゥルフ神話的存在CMB
FC百鬼夜翔コンバート
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

メンバーのみ編集できます